2005年08月22日

今更『ポリスアカデミー』

職場にあったから見てみた。最近はとりあえずビデオちょっと
怖いからDVDのみってことで。

ポリスアカデミー 特別版
ポリスアカデミー 特別版


84年の作品なんですねぇ。そりゃあふるい。
私も小さすぎて(え?ホント?)見てないです。
色んなところで下品って書かれてるみたいですが
下品なれしているせいか、「え?どこが?」と思ったら
あの教壇のところかな。

結構濃いキャラ揃っちゃってますね。
マホーニーは確かにリーダー的存在だけどパンチにかける
きがしないでもない。
他のメンバー、特に気になるのがあの人間効果音の人。
すげぇよ、この人。ってか今何してる?
凄いよなー。素で尊敬しちゃったよ。
ヒロインさんは「マネキン」の人ですね。
この「マネキン」ってのも最近みたんですが
なかなか面白かった。うちの職場80年代の映画が多いので
ここらへんは最近色々見ています。
あの外国語訛りのアメリカ人の人もこういう人いそうで
笑えました。

で、やっぱり気になるのが

ババ・スミス。

うーん。この名前、幼い頃の記憶に何かひっかかるものが
あるんだけどなー。
なんだろー。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

『バットマン・ビギンズ』 これが始まり。

今頃になって感想を書いていますが…。
実は私、この作品で「バットマン」シリーズデビューでした。
つまり今までの作品を全く持って知らずに、
そして何故か「キャットウーマン」はみてたんだけど、
とにかく初心者だったわけです。

Batman Begins [Original Motion Picture Soundtrack]

初心者にはいいですね、これ。「ビギンズ」なだけに
いきなりブルース・ウェインっていう人となりをしることが
出来たんです。後で他の作品を見ましたが、そっちでは
ブルース・ウェインが何故バットマンになったのか、
つまり何故こうもりなのか、とかそういう深いところまでは
やってませんでしたもんね。監督の違いでしょうか。
ファンタジー色の強いティム・バートンさんでしたから。前は。
(一部はジョエルさん)
今回はクリストファー・ノーランですからね。あの独特の
色調が好きな私はこの映画、監督で見たといっても過言じゃないです。
彼の「フォロウィング」は本当にいい作品でしたからね。

クリスチャン・ベールもよかったです。ストイックな感じが
バットマンの陰を感じさせてくれました。
苦悩の人って感じでしたよね。
そして「恐怖」がこうもりなんですね。なるほどねぇ。
それからあのグッズが殆ど自分たちで開発してて、
なおかつ彼には特殊能力はない、訳なんですなぁ。
強いだろうけど、超能力があるわけでもないんだ。
バットマンになるまでの紆余曲折なんかがしっかり
示されていたからバットマンというものに入り込みやすかったかも。
逆に前のシリーズを先に見てたらこうしっくりこなかった
だろうな。

リーアム・ニーソン、よかったですね。
で、ケン・ワタナベ。…もっと出番あるかなーと思った。
でもこのラーズ・アル・グールっていう人って不死身な
人なんでしょ?
にしてもこれ、結構キャスト豪華ですよねえ。
マイケル・ケインやモーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンまで。
でもそんなかで気になったのがキリアン・マーフィー。
彼、いいですね。気に入った。色んな役が出来そうな感じです。

ゴッサム・シティはあとで考えると前のシリーズに比べると
もっと退廃したというかあまり明るさのない感じでしたね。
でもやっぱりこの監督らしいというかストーリーにしっかり
あった街づくりだったと思います。ただラストに関してはちょっと
辛かったです。こればっかりは本当にどうしようもなかったですけどね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
ラベル:映画「は」行
posted by minori at 22:19| Comment(0) | TrackBack(16) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

『バットマン&ロビン』 やっと…

数日前、これを見てたらビデオが壊れました…
というわけで全然途中までしか見れなかったこの映画。
でもやっぱり気になって今度はDVDを借りてきました。

バットマン&ロビン〜Mr.フリーズの逆襲!!〜
バットマン&ロビン〜Mr.フリーズの逆襲!!〜



やっぱり…ジョージ・クルーニーはええのう。
カッコええのう。確かにクリスチャン・ベールもいい。
だけど個人的には彼のがいい。

この映画はバットマン自身の影に迫るのではなく、
あくまで身内の問題をクローズアップしたんだそうで、
アルフレッドが難病におかされてしまったりするんですわ。
おじいちゃんとの思い出がところどころに出てくるところは
切ないです。後で感想書きますが、「バットマン・ビギンズ」
でもやっぱり彼との絆はしっかり描かれているだけに
相当の重要人物なんですな、おじいちゃん。
わかってはいてもラスト、ホッとしました(笑)

ユマ・サーマンとシュワちゃんはよくこれにOKしたよな。
シュワちゃんのやったMr.フリーズってバットマンの
宿敵なんだって。へー。

やっぱりクリスはかわいらしいですね。
って見てたらなんだ?あのマスクの下、目のまわり、
黒く塗ってますよね?ってジョージもだ!
posted by minori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

バットマン 三連続

ここんとこ、バットマンの旧作をまとめて見た。

『バットマン 特別篇』

バットマン
マイケル・キートン ジャック・ニコルソン キム・ベイシンガー ティム・バートン
B00005HC6I


『バットマン リターンズ』

バットマン リターンズ
マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デビート ミシェル・ファイファー
B00005HC7I



『バットマン フォーエヴァー』

バットマン フォーエバー
バル・キルマー クリス・オドネル トミー・リー・ジョーンズ ジム・キャリー
B00005HC74


あともう一個残ってるけど職場のやつは
吹替えなんだよなー。
なんで吹替えなんだよ、っていうところには
深い理由がありまして、聞いたら殴りたくなるよう
な理由で前の職員さんが買ったらしいんです。
ちっ。

ともかくまとめて見たけど
やっぱり
クリスチャン・ベールが一番いいかな。
そして監督がティム・バートン(フォーエバー
だけが違う)なだけになんだかはっちゃけちゃってて
『ビギンズ』とは印象が違う。
明るいよね。全体的に。
だって最初のジャック・ニコルソンに至っては
凄いメイクはいいとして、ラジカセ(ホントに
ラジカセっていう代物)もって自分の
テーマソング流してたもんね。
はっちゃけすぎだよ。顔すごいよね。
口に針金いれてたかな…?どうかな。

ミシェル・ファイファーもびっくりするくらい
なんだかいいのかな?って気分になりました。
キャット・ウーマンのハル・ベリーの歩き方と
やっぱり一緒でした。にしてもあんな白塗りの
女、こぇえよー。

クリス・オドネルはかわいかったけど
友人に言わせると「お利口クリス」なんだって。
いっつもいい役だから。そういわれてみれば
そうかも。でもこのロビンの役、ちょっと
チェイス(24)入ってたかも。チェイスを
かわいくした、みたいな感じでナイスだわ。
最初のコスチュームはとほほ、ですけど。

あ、ペングゥィンは最近映画みただけに
ちょっとフクザツな気分だったけどかわいかった。
あれって本物ですか???

そういう意味でやっぱりビギンズはよかったかな。
あのゴッサムシティの重苦しい感じがよかったかも。
それにしてもバットマン女変えすぎだよ。
でもタイプ似てるよね。この三つは全部
ゴージャス系のクールビューティだったもん。
キム・ベイシンガーにミシェルにニコールだからね。
それに引き換えケイティ・ホームズはちょっと
…地味だったかな。
アルフレッドはどれでもかわいいから好きです。

だけどヴァル・キルマーはともかくマイケル・キートン
はビミョウ。うん。ミヤァオ。

banner_03.gif
ぽちっとplease。

posted by minori at 23:13| Comment(1) | TrackBack(5) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

『バタフライ・エフェクト』

近いうちに感想書きますが、最近サボり気味なので
先にこっちにかいとこ。

昨日は友人を無理やり誘って(ごめんねumaちゃん)、
見てきました。アシュトン君の「バタフライ・エフェクト」。

この映画前からみたかったもののとにかく時間が合わない。
12:00とかのもあるんだけど、なっかなかレディースデイには
いけないし(当たり前。はたらいとる)
レイトだと9時からだし(遅いのイヤ。眠いから)
なんて躊躇してたらもう終わってしまう。

というわけで昨日いったのです。
割と込んでてびっくりしました。劇場じたい、
明らかにガンダムな人々がたくさんワラワラしてたんですが
この映画もこんでました(ってかガンダムの層がヲタクさまたちが
多くてびっくり)なんかトイレ前でとほほなヲタク会話
してる人とかいたしね。
ま、いんですけど。ガンダムは。

映画、面白かったです。ただ眠かった夜に行くと
ビクッ!!!っとするシーンが多くって心臓には
よくないかも。一瞬うとうとしてもすぐにビクッ!
としておきなきゃならん感じで。

西澤保彦さんの「七回死んだ男」っていう本が、私とっても
好きなんですけど(ちなみに今日買おうかなーと思って本屋いったら
なかった。残念。職場で借りてもいいけど古いから汚い)
このお話にちょっと似てました。
詳しくはレビューで書きたいと思います。

アシュトン君もわりと演技頑張ってて、
(ただ怒鳴るシーンを見るとどうしても
「ゾルタン★星人」でチャイニーズフードのドライブスルー
に怒鳴ってるシーンを思い浮かべてしまう)
カッコよかったです。これは…ファンには嬉しい映画だわ。
だってほぼ「アシュトン」ですもの。

ストーリーも切ない終わり方がなんともいえない
ナイスなエンターテイメントでした。
面白いね。こういうストーリー。
でもあれってパラレル・ワールドにはなってないのかな。

どうなんでしょうね。
ラベル:映画「は」行
posted by minori at 17:26| Comment(8) | TrackBack(24) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

『バッド・エデュケーション』 ガエル…うっとり。

実は二回目の鑑賞になるバッド・エデュケーション。
一度目は去年の11月に飛行機で見たんです。

そちらのレビューは『moviest』の方のショートレビュー
こちら
に載せています。

前回はスペイン語を英語字幕で見ました。
いやー、どれだけわかってるかなーと思ってましたが、
やだ、しっかりわかってた。凄い、とちょっとびっくり。
でも前回はとにかく字幕を追うのに必死だったため、
ガエル堪能度が低かったんですが、今回はしっかりと。

やー、美しい。あれだけ色んな顔を見せてくれるなんて
やっぱり彼は役者だし、あの役は役者冥利につきる役かもしれないです。
フェレ・マルチネスの方も体重を絞ってかなり頑張ってましたね。
でもやっぱりちょっと間延びした顔だけど(失礼)
ガエルはねー、ホントたまらないです。
女装すると私よりきれいじゃないか!何だか虚しいものがありますね。
あのエロチックな腕立て伏せも凄いですよね。
あれは忘れられなかった。うん。

名前に関してはやっぱり英語でみるのと日本語だと違いましたね。
アンヘル、なんだー。でも英語スペルはANGELだったよなぁ。
フアンとか私なんて読んでたんだろう(覚えてない)。

あ!そうそう、気付いた事が一つ。
劇中でサハラが歌う(アテレコだけど)「Quizas・Quzias・Quizas」
(スペル自信まったくなし!ってか多分Zの上にチョンが入る?)
曲はドット・ジ・アイに使われてたメインテーマと一緒です。
ただしあっちは「perhaps,perhaps,perhaps」と英語ですけど。
おお、ガエル、同じ曲だよ。
posted by minori at 18:01| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

『ビフォア・サンセット』

みてきましたー。ビフォア・サンセット。
まず、詳しいレビューはこちらで。
http://homepage3.nifty.com/moviest/review.html

やー、とにかく前作が大好きですからねぇ。
あれから9年(私、実は最近前作を見たものですから約
数ヶ月しかたってないんですけど)随分年を
とったイーサンにちょっとびっくりです。

さてさてあのラスト。
皆様はどうお考えでしょうかねー。
私の捉え方はレビューにて(長すぎて…)ですが
カンタンに言えばこの映画はここで終りって
感じです。(このニュアンス、やっぱり説明しない
とならないですね。つまりハッピーエンドで
続編は必要なさそうな感じということ)

好き嫌いでいうならば「若い」前作のが私の好み
だったりはします。あんな出会い、素敵ですよねぇ。
でもアメリカ人のジェシーと出会うためには
私、もっと英語の勉強しないとあんなウィットに
富んだ会話はできないわ(苦笑)
posted by minori at 23:52| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

ブエノスアイレスの夜とガエル熱。

今日は待ち合わせ前にようやく「ブエノスアイレスの夜」
を見ることができました。初日にはガエルの生写真
プレゼントだったのに仕事だったため、職場の方に無理やり
頼み、行ってもらいましたよ、申し訳ありません(苦笑)
そして来週には終わっちゃうみたいなので
かなり切羽詰った状況でいってきました。

映画のレビューはこちら→ショート・レビューに載せましたが、現在この映画のポスターを
買おうか非常に真剣に悩んでいます。
続きを読む
posted by minori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。