2013年07月27日

『Before Midnight』

久々の映画コメント。

私の出発点でもあった『Before Sunrise』そして『Before Sunset』の続編『Before Midnight』を見てきました。

電車の中で誰かちょっと素敵な人を見つけて、たまたまその人がどういう因果か自分に声をかけてくれて、そこから急激に親しくなる。こんな状況があることはほとんどないんでしょうが、いざ話しかけられて、英語がしどろもどろで「あいあむぐっどさんきゅー」なんていうしょうもない受け答えしかできなかったら、せっかくの出会いも活かすことができないな、と思ったのが私が英語を始めるきっかけでした。これが今からどうやら記録によると8年前の春のこと。当時は字幕についていくのですらやっとだったこの映画、8年後の今は字幕なしで、そしてここオーストラリアの映画館で見ることになるとは(敢えて一人で見たかったこの映画、見た後で一人でよかった、としみじみ)思いもよりませんでした。あれから8年、私はウィットに富んだ会話ができるようになったのかな。少なくとも「アイアムグッドサンキュウ」で会話が終わることはもうないと思います。

若かったジェシーとセリーヌも中年で子どももいる。だから会話だって当たり前だけど日々のルーティーンのしょうもない会話になってしまう。そんな二人が久々に二人きりで「歩く」。この映画に共通している歩きながらの会話はただのカップルの会話であるだけに、すごく身近に感じるし、まるで自分がその場にいるようになってしまう。若いセリーヌはちょっとその小悪魔的なコメントも「かわいい」というだけで終わってしまうところが、年をとるにつれ、口の減らないおばさんになってしまっているところもリアルだし、またそこがかわいらしい。息子との関係で家族に負担をかけてしまっているジェシーも相変わらず「もっとしっかりしてよ」という感じになってしまうのは、男の人ってどうしてもそういう部分があるはずだし、それまたご愛嬌。ポンポンと続く会話が本当にリアルで、これはセリフを覚えるだけではこんな風にはなれない。実際友人同士であるこの二人だからここまでできるんだろうな。

みんなでの食事のシーンもよかったなぁ。特に海外ではこうやってみんなでワインを傾けて、それぞれが色んな話をして、ということがよくあるから、これもまたリアルで楽しめた。名前忘れたけどお友達のおばちゃんの話も心を打った。たぶんそれはジェシーかセリーヌのどちらかがいつか味わう痛みだからなのか、自分のことを考えたのか。

ギリシャの美しい風景もまたよかった。
今回はフラッシュバックのラストシーンがなかったけど、それはたぶん、二人にはそれが必要がなかったから、というふうに解釈していいのかな。

会話ばっかりを追うのは大変だったけれど、それでも心地の良い映画だったな。またいつか、続きを見るのがとても楽しみ。
posted by minori at 17:32| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

『Horrible Bosses』

えー。私現在ボスに悩んでいます。彼はサイテーです。自分をキングだと思ってる。言うのは簡単。
でも実行するのは私たち。出向先から急に戻されて、急にこき使われて、日々私の言葉は
荒れるばかり…。なるべく汚い言葉を使わない、というのが私の英語のポリシーですが、
ダメだ。荒れる…。

Horrible Bosses



続きを読む
posted by minori at 16:07| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

『Precious』

本当に偶然、先日の誕生日の夜にオージーの友人二人と、
子どもに対する暴力やらそういう話でかなり申告に語り合いました。
友人がそういう関連で働いているので彼女は毎日そういう辛い話を
聞いているわけで、怒りも悲しみもやっぱり普通の人よりも強く感じています。

プレシャス [DVD]
プレシャス [DVD]

この映画を見て、また子どもに対する暴力について、考えさせられました。

まぁこのプレシャス、生い立ちが酷い。
ここまで劣悪な環境に置かれた子はそうそういないと思う。
実の母に憎まれ、父親にはレイプされ、二人目の子どもを妊娠し、
学校も退学にされ…更には…。

そんなプレシャス。おデブではっきりしなくて、夢見がちな彼女。
ちょっとその態度にイラっとすることもあったけど、
それでもあのけなげな態度。前向きに進む彼女が輝いているったら。
あんな辛いことがあっても、文句をブウブウ言うわけでもない。
あの異常な空想癖は傷つく心をどうにかして和らげようとしていたんだな、と
頷ける。なんとも健気な。

どんなことがあっても、側にいてくれるはずの母親があれでは、
本当に救いようがない。確かに、愛されなかった母親の気持ちはわかるけど、
腹を痛めた母親があんな風に娘を傷つけるなんて信じられない。
そしてその母親である祖母も、どうにかならなかったんだろうか、と
思ってしまう。

子どもは親を見て育つ。その親があんなだったとき、子どもは一体どうなるんだろう。
いつ死んでもいい、なんて思ってたプレシャスが出会った二人の人、
先生と、そして愛する息子。
『書きなさい』と強く訴えた先生の優しさと厳しさ、あの姿が母親の姿なはずなのにね。
誰かに愛してもらえると気付いた彼女の微笑みが素敵で、
酷い状況に置かれて、この先も厳しい生活が待っているのは目に見えているけど、
彼女の幸せを願わずにいられない、そんな映画でした。
posted by minori at 20:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

『Blue Valentine』

壊れかけたカップルの行く末。

Blue Valentine


女の人って現実的なんだよね。
キル時は切る。
何となく思い出した、映画『カンバセーションズ』のキャッチフレーズ
『男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト』
これもそうなのかも。

あらすじは
結婚7年目のディーンとシンディは娘のフランキーと三人暮らし。
努力して資格を取って働いているシンディと違ってディーンは朝8時からビールという
生活。お互い壊れかかっているのはわかっていながらも崩壊は恐れている。
そんな二人にも幸せに溢れていた時期があって…。

と言うカンジですか。
過去と現在が交錯してそれが輝いていた日々と現実とを上手く
比較している。
作り方はキライじゃない。特にラストの向かい合う姿が印象的。

現実には私だって、多分シンディと同じようになるんだと思う。
ロマンチストで優しくて、いい人だけど、やっぱりセキュリティがしっかりしていないと
怖くなっちゃうのが当たり前だと思うんだよね。

彼は本当に優しい人。老人ホームに引っ越しするおじいちゃんの荷物、
勿論全部は運べないけど、それでもあるものを、それもがらくたばかりを
並べてあげたり、どんなに怒っても彼、一度も彼女には手をあげなかった。
ああやってお花をくれたりするのもいいんだよね。
そもそも「怪しい」子どもを生む彼女を受け入れてくれたことも凄い。
(勿論自分だという可能性もかなりあるにしても)
でも不器用なんだなー。
優しいだけじゃやっぱりダメなんだなぁ。努力してがんばって今の仕事を
とることができたシンディからしてみれば、やっぱり何か納得できないんだろうな。

シャワーのシーンが印象的。絶対わかっているのに、キスを避ける彼女。
顔の周りに手をやって、目を閉じて、上手い具合にかわしているその態度、
なんかわかる気がする。こういうこと、ある、ある、と思ってしまった。
この時点で気付いて!って思うんだけど。そうじゃなくても時々一人になって
不満を募らせている彼女をきっと彼はまだ大丈夫だ、と楽観的に
とらえすぎていたんだろうな。彼がやろうとする行動はすべてから回り。
多分「俺!がんばって新しい仕事でも探してみようかな!」とか
「今から学校行って資格とって、仕事を見つけたい」とか
こういう方向に動いていればきっと彼女の態度もかわったはず。

それが娘と二人に疲れて寝ている彼女をかわいく(かわいく?)起こしてみたり、
リフレッシュのラブホテルに(あるんだ!アメリカ!)誘ってみたり、
もうどれもこれも彼女が「なんだかなあ」と思うことしかしなかったんだよねぇ。
こりゃもう「わかってないなぁ」としか言いようがなく…。

いい人だけに切ない。だけどこうやって壊れていくことはどこにでも転がっている
物語なんだろうな、とも思う。
だからみんな感情移入してココロを痛める。
エンディングまで本当に切なかったなぁ。

ミシェル・ウィリアムズはそこらへんにいそうな子なんだけど(てか友達似てるし)
いい演技だったなぁ。本当に普通だったなぁ。
ライアンも勿論よかった、けどあの変わりようは驚き。
髪の毛とあのメガネと服!どうしてその服選んじゃったかな、というワシのスゥェットには
重要なシーンなのにも関わらず、目がいって仕方なかったです…。

ちなみにこの映画、過激な性描写がどうのこうの、となっているらしいけど、
先日dogtoothを見た私としては「え?どこが?」
と思ってしまいました。
そう考えると「dogtooth」恐ろしいな。
同じカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品されていますね。
「Dogtooth」が2009年、「ブルー・バレンタイン」が2010年です。
どちらもとても素晴らしい映画だと思います。
(もっとも「ブルーバレンタイン」のほうが受け入れやすいけど)
日本公開は4月だそうですので是非に。
posted by minori at 00:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

『Hereafter』

Hereafterという単語には
「あの世」とか「来世」という意味もありますが、
私はあえてこの映画では「先のこと、これから」の意味合いが
強かったんじゃないかと思います。
やっぱり、クリント・イーストウッドなだけにどっしり地に足がついていた。

Hereafter
Hereafter

変な風に宗教なんかを絡めると、これはきっとニコラス・ケイジの
『Knowing』みたいになっちゃうんですよね、きっと。
何だかあまりしっくりこない感じにアメリカではこの映画、そんなに
売れなかったようですね。

敢えてあの人たちがどうなったとかこうなったとか、
死後の世界ばかりにフォーカスを当てずに、生きている人たちの
苦悩や悲しみを描いたこの作品、私はとても好きでした。

マットが演じるジョージ。
贈り物ではなく、呪いなんだ、という言葉が、悲しいですよね。
彼は普通になりたいのに普通になれない、
アニキは「どうせ普通になれるわけでもないからさ、利用したらいいのに」
という無責任さ。これはこんな能力がないから誰にも理解し得ないもんだよね。
そこに足元を見た(養うものがないから)依願退職って、
そういう災難にあっちゃう彼のことを思うと最後の妄想も
理解してもらえる人だからね、期待しちゃうよね、と思っちゃう。
個人的にはあのシーンはどうかと思ったけど。(いらない?)

マリーに関しては成功者だっただけに(笑)あまり深く思いを入れてみることが
出来ませんでした。でもこの人も繊細ないい人なんだよね。
子どもを助けようとした行動でも彼女の人となりが伺えるだけに。

そしてやっぱり気になる双子のエピソード。
ある日突然、当たり前のようにいた人がいなくなったら
誰もが耐えられないはず。それをあの小さな子が一人で向き合おうとする
その真摯なまなざしがせつなすぎる。
双子は特につながりが強いから帽子のエピソードだって
(あのシーンがいるかいらないかについては賛否両論あるだろうけど)
実際にありそうな気がするもの。

どうだろう、うちのジイさんは昔、日本で起きた大きな電車の事故に遭遇しています。
乗る車両を間違えていたら彼は間違いなく死んでいたそうです。
そんなじいさんはその電車に乗る前に「昔の同僚にあって」そっちの車両に
変えたそうです、だけど、じいさんはその同僚を見つけられなかった。
数年後に聞いたところ、その同僚はとっくに戦争で亡くなっていたそうです。

信じるも信じないもその人次第。私は基本的に現実主義者だから
そういう話には懐疑的ですが、ただうちのジイ様、そのほかに二度も命拾いを
しているんです。彼は単なる「強運の持ち主」だったのか、それとも
「何かを感じることが出来る」人だったんだろうか。

まぁまぁそういうことも思い出しつつ、双子のアニキのしゃべり方には
思わず笑ってしまいました。

実際に双子ちゃんなんだそうですね。片方出番少なくて、ちょっと気の毒?

そうそう最後に、音楽、音楽。
オープニングから音楽が印象的だった映画でした。やっぱりイーストウッドらしい。
イタリア料理のオペラもよかったです。

あ、料理教室、私もいってみようかな(笑)

*まさかこの映画を見たときにあの地震と津波が自分の町でおこるなんて思っても
みませんでした。本当に悲しい出来事ですし、私自身、たまたまずっとオーストラリアに
いるだけで、故郷はいつでも仙台のままです。
しばらくこの映画のオープニングのシーンの夢も見たりしました。
だからやっぱりこの映画は地元の友達には絶対おススメできません。
本当は希望に満ちた作品なだけに、とっても残念なんですけれど。

被災者の皆様、本当に大変な時間を過ごしていると思います。
何もできない私ですが、皆様のことは毎日考えています。

こちらのブログでオーストラリアからのみんなの気持ちを私とオーストラリア人の
友人で綴っています。世界は繋がっています。
どうか、どうか気持ちをしっかりして、また新しい明日を見つけていきましょう。
ブログはこちらです。

blogpic.jpg
posted by minori at 21:02| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

『Let the Right One in』ぼくのエリ

ヴァンパイアはやっぱりヨーロッパ。

Let The Right One In
Let The Right One In

(ちなみに私が借りたDVDはこんなカンジー。日本のと全然違うから一瞬気付かなかったくらい!!)


ストックホルムの寒々しいバッググラウンドとなる白い雪、そして真っ赤な血。
淡々としているイメージがある北欧だからこそ映えるテーマ。

いじめられっこのオスカーが出会った子は12歳を何年も繰り返している。

子どものヴァンパイアはわりかし珍しいよね。
トワイライトも17歳から18歳。
大人になればずっとそのままでいても不自然ではないけど、
子供だと怪しまれる確率が高い。だから成人まで待って、ヴァンパイアになる。
っていうのはある意味このお耽美な世界では常識なような気がするのは、
私が『ポーの一族』という作品をこよなく愛するからでしょう。

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

(読んだことのない方は是非、是非読んでみてください!私がもっとも愛する漫画です)

そう、これを見て思ったの。これは『ポーの一族』に近いぞ、と。
どのヴァンパイア関連の映画よりもこれが一番ちかい。
性別不詳な美しい少女とヴァンパイアとなりうる可能性を秘めた
美しい(というか時々象に見えたんだけどね、何故か)金髪と白い肌を持つ少年。
お互いに孤独と言う闇を心に秘めている。

もうまさに『ポーの一族』をベースに勝手に想像を膨らませてしまう私。
あのおばさんは変化の途中だったんだな、とか、
乾いてしまうと身体にも変化は起きるんだ、とか(この映画の場合は老化現象)。
乾いているエリは時々わざと老けたカンジになるのも効果的。
ニオイもじーさんやらばーさんのニオイがしたんだろうね。

あのおじさんとの関係も細かく書かれていないだけにとても気になる。
非常に上下関係のはっきりしたエリとおっさんだったけど、
彼の過去も気になるところです。
ずさんすぎるあのやり方、正直エリ一人でも何とかなるだろう、
と思ったのですが、
ただやっぱり保護者のような人がいたほうが家を借りるのも楽だし、
便利そうなんですよね。

あのラストがオスカーが辿る未来を不安にさせるのだけれど、
ふたりのココロの闇の部分がぴったり重なり合っただけに
(モールス信号でココロを通わせている姿は秀逸)
違う未来を期待します。
あまり悪くない将来だと私は思うのだけれど、どうでしょうね。
彼もエドガーに連れて行かれたアランのように
(これもまたポーの一族です)
種族を変えて生きていくのでしょうかね。
出来れば多少生きにくくても同い年の二人でいて欲しいな、というのが
私の願望。

さてさて、どうやら日本のDVD、ぼかしとやらが入っていたそうですねー。
あれ、一瞬何だかわからなかったんですけどね。見たけど。
きゅっとしばってあった、というか。
でもあれ見て「あー」とは思ったのでやっぱりぼかすべきではないのかと。

それからそれからタイトルですよ。
ぼくのエリ、って私は思いっきり明るい映画を想像しちゃいましたよー。
英語タイトルはLet the Right One in.
これ、素晴らしいタイトルなのにねぇ。
「正しきものと共に」軽い意訳だとこんなカンジ?
少なくとも200歳の「少女」よりはね。
おっと、その後英語の記事を見てたら吸血鬼って必ず相手のおうちに
いれて、って言うらしい。そういえばエリもいってたね。
このタイトルもそこからきたらしいです。

雪景色とあの張り詰めた空気、雪国出身の私としては、
その空気感とともに、映画を楽しむことが出来ました。

ハリウッド版が無駄な白塗りではありませんように。
もう見れるのかな。チェックしないと!

posted by minori at 20:09| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

『Black Swan』ブラック・スワン

Black Swan
Black Swan



ラストシーン、ブラックスワン!

細かいことは語れない映画なので控えめにいきますが、
ラストのシーンは映画館で見るべきシーン。

バレエの映画は割りとあるし、プロがやっていたような映画のほうが
確かに迫力があってよかったんだけど、
ポイントはそこではない。

ココロに押しかかるプレッシャーといえば、
『The King's Speech』が
思い起こされる。実際、自分から足を踏み入れた分だけ
ブラックスワンのNinaのほうが打たれ強いはずなわけ。
だけどこのメンタル面の弱さったら!
そしてこいういう役が多い、ナタリー、それにもちょっと
飽きちゃったかな、という感は否めないわけで。
が、NinaとNatalieは非常にマッチしていて
説得力はあったかな。

精神のバランスを保つのはこんなにも難しいものなのかな。
後で書くであろうShutter Islandのテーマも一緒。

対照的なLilyも非常に興味深い。
あのくらい強く、したたかなダンサーのほうが強く生きていけそうだ。
Bethもきっとナイーブすぎた、壊れたダンサーだったんだろうな。

余談だけど、
精神がおかしくなると、ツメや手から始まるのかな。
エイリアスを思い出しました。

でも本当にラストシーンは素晴らしい。
あの羽ばたきに目を奪われました。
posted by minori at 15:47| 宮城 ☀| Comment(13) | TrackBack(26) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

『プール』

ゆったりとした長回しが印象的な映画だったな。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


プール [DVD]



続きを読む
posted by minori at 10:10| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

2008年12月28日

『Ping Pong Playa』

なぜだか自棄に身近に感じるのは…


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Ping Pong Playa


続きを読む
posted by minori at 13:53| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

『ぼくの大切なともだち』Mon Meilleur Ami

夜中の三時に、電話できるかなあ。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

ぼくの大切なともだち (完全受注5,000本限定生産) [DVD]




続きを読む
posted by minori at 17:21| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

『Pineapple Express』

なんかこんな映画を想像していなかったけど…James、いいじゃない。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Pineapple Express
Pineapple Express

続きを読む
posted by minori at 20:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

『BE KIND REWIND』僕らのミライへ逆回転

スクリーンを眺めるみんなの笑顔が映画の醍醐味なんだな、やっぱり。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Be Kind Rewind
Be Kind Rewind

続きを読む
posted by minori at 21:22| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

2008年10月21日

『Hellboy2』と『Get Smart』

二つの映画の感想を同時に…。つまり内容薄いかも(笑)

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ


続きを読む
posted by minori at 22:50| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

『THE VISITOR』

お役所仕事ってどこも一緒なんだねぇ。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


The Visitor
The Visitor

続きを読む
posted by minori at 16:20| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

『EL LABERINTO DEL FAUNO』パンズ・ラビリンス

現実と空想、少女の逃げ場所があまりにも切なく…。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

パンズ・ラビリンス
パンズ・ラビリンス

続きを読む
posted by minori at 22:59| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(8) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

『Vantage Point』バンテージ・ポイント

rewind,rewind,rewind and action.
群像劇からアクションへ。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイント
続きを読む
posted by minori at 22:57| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

『Michael Clayton』フィクサー

ラストのあの瞬間はやっぱり『ちょっとした』シーンになりそうだよね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Michael Clayton Movies Double-sided Poster Print, 27x40

続きはこちらから!
posted by minori at 23:30| 宮城 ☀| Comment(8) | TrackBack(30) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

『Penelope』ペネロピ

ありのままの自分が一番。ブタ鼻でも…。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)
ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)
続きを読む
posted by minori at 21:25| 宮城 | Comment(2) | TrackBack(5) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。