2005年07月11日

スターウォーズ!!

見てきましたー。スターウォーズ。
見る前にドリンクバイキングなんかしちゃってトイレが
心配でしたが映画の間は集中してたんでだいじょぶでした、ホッ。
一緒にいった英会話の先生で友達な子もトイレ
行きたかったけどなんとかふんばれたらしいです(苦笑)
彼女はアメリカ人だからオリジナルで見れるんだよ、
羨ましいなぁ。
Is it possible to learn this power ?
Not from a jedi.
せいぜいこんなもんか。
あ、そうそう、有名な台詞、
I have a bad feeling about this.(だっけ?)
は今回はあの人、でしたね。むふふ。
前回は確かアナキンだったかな。


やー。実は絶対、私は話を忘れてました。
なのでまずは「ドゥークー」って誰だっけ?とかそういう
ところから始まったんですが、まぁ何とかついてく
ことができました。

ちょっとネタバレが入ってしまうので、
ここからは続きのところに書きますね。

banner_03.gif
*ぽちっとしてくださいませ*

続きを読む
posted by minori at 20:52| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』

「サハラ」みました。
散々見たいのがあるのに…基本的にアクションだとか
コメディだとかあんまり気張って見る必要がない
映画が好きなんです、私。実はね。
だから長い「ミリオンダラー・ベイビー」だとか
には躊躇してしまうんですよね。見たいけど(時間ない)。

というわけでまたアクション。
単純に見れる作品でよかったです。
かーなり突っ込みどころの多い映画だったんですけどね。
だって強すぎるサルベージ隊だとか
病原菌のところに躊躇せずにガンガンはいってく
医師とか。砂漠のとこで普通の人なら確実に
死んでるよね。
途中で「ジャックかお前らは!」と思っちゃったし。
(注:24です。ジャック)

でも単純にワクワクして見れるからね。
ダークとアルのコンビもよかった。
一瞬死んじゃうかと思ったんですけど、アル。
でもまぁかなりキャラが濃いから途中で
いくらピンチになってもまぁ大丈夫かな、と
思ったけど。口ばっか達者なヤツかなーと思ったけど
かなりデキるヤツだったね。

ただ、ボガーンとかバガーンって人を
殺しておいて喜ぶのは(確かに危ないところだったから
嬉しいと思うけど)不謹慎な気もしないでもないでした。
それだけに、喜んでいる二人の中で一人ビミョウな
表情をしていたペネロペちゃんの演技はよかったなーと
思いました。
ってかかわいいぞー、ペネロペ。巻き舌もたまらーん。
やっぱり私絶対もしオトコで彼女と共演したら
あっという間に骨抜きになるわ(苦笑)

★★★☆☆ ハラハラしたし楽しめた。
posted by minori at 21:30| Comment(3) | TrackBack(13) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

スクール・オブ・ロックな日

なるべく映画のことはここに書かない予定ですが、
ちょっとこれは特別。
だって前にもレビュー書いてるし。

というわけでDVDを購入して以来、すっごく見てます。
今までここまで何度も繰り返しみたやつあるかな?って
くらい(苦笑)
ジャック・ブラック、暑苦しいのにどうしてこんなに
ウケるのか。あまりに何度も見すぎて台詞すら
覚えつつあります。(とほほ)
おかげさまでとっても英語の勉強に
なっているようです。
最近は英語字幕で全然問題なく見れる(そのくらい
見ている)ようになりました。

ちなみに私がツボにハマるシーン
*まず、アンプが調子悪くて怒るジャック→
 声が出て嬉しいジャック。
*一人で自作の歌を生徒の前で歌うジャック。
(この歌詞、最初は高尚な始まり方をするくせに
その後は自分の恨みつらみがつづられている)
*バンドバトル出場決定後、「移民の歌」を
熱唱するジャック。あの顔、こわいよう。
子ども、泣いちゃうってば。ウケるけど。

と書いていたらキリがない(笑)
ともかくアツイんですねぇ。ラストのバンドの演奏では
感動するし。
ホント、スクール・オブ・ロック同盟でも
作ろうかなあ。
それにしてもフレディ役のケヴィン君、かわいいわ。
posted by minori at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。