2011年05月01日

『A Single Man』

洗練された、素晴らしい映画。アイテムのひとつひとつが引き立ち、
シーンのひとつひとつが印象的。

A Single Man
A Single Man


映画を見終わってからこれが、デザイナーであるトム・フォードの初めての監督作で
あったと知りました。途中でキューバ危機のラジオが流れていることでようやく年代が
つかめたくらい、ジョージの家は洗練されていて、古さを感じないことに驚いた。

服の並べ方、アイテムの置き方、すべてが計算しつくされていて美しい、
その上コリン・ファースのこれまた洗練された演技が憂いを醸し出しその相乗効果で
この映画を完璧にしつくしているよ…。恐るべし、新人監督。
この色調は有名になる前のクリストファー・ノーランを
なんとなく思い起こさせた。彼のデビュー作も相当洗練されていたから。

ストーリーはゲイである英国人教授ジョージのとある一日を追っている。
彼は16年も連れ添ったゲイのパートナーをなくしたばかり。
この日をもって彼もその人生に幕を引こうとしている。

大切な人を失って、彼はもう自分が生きていくことに意味がない、と思っている。
だけど、人と人は色んなところで繋がっていて、彼はそれを深く味わうことになる。
ダークな色調のオープニングに比べてだんだんと明るくなっていく彼の世界。
今は悲しみで打ちひしがれている彼だけど、元々はユーモアのある楽しい人なんだな、
というところが後半でちらりほらりとわかってくる。
この日一日で、彼は何人の人のことを考えただろう…。家政婦、受付のお姉ちゃん、近所の子どもetc
私が一日でこんなに沢山の人のことを考えたこと、あるかな、と思っちゃった。
目を凝らしてみれば、きっと色々なものや人が私達に毎日関わっているわけで、
普段は忙しさにかまけて、そして当たり前なことにかまけて気付かないだけなんだよね。

ジムとの出会いを思い返すシーンや、同じ種類の犬にキスするジョージの姿が切なかった。
こんな繊細な演技を出来る人はやっぱりコリン・ファースくらいしか今考えられないかも。
アメリカにいるブリティッシュという設定もまた面白い。彼の英語はコテコテのブリティッシュではなく、
アメリカ英語と面白い具合にミックスされていたのも興味深い。

ラストのフクロウ、私はあれを見たとき迎えがきたのか、それとも自由になっていいよ、と
言いに来たジムだったのか、と思ったんだけど、まさかそう来るとは…。
posted by minori at 20:49| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

『Social Network』

コミュニケーション不足?

The Social Network (Two-Disc Collector's Edition)


そもそもFBの創立者がこんなに若いなんて知らなかったわぁ。
私も日ごろお世話になっているFB、まさかこんなドラマがあったとはねぇ。

まさかデビッド・フィンチャーがこのテーマでとるなんて。
そもそも私、「ソーシャル・ネットワーク」を舞台にした殺人が絡むスリラーだと
思ってましたからね。ふたをあけたら全然違うし。
もともと評判がよかったので、楽しみにしていました。よーやく見れた!

いやいや、のっけからしゃべりまくり、人の話はそっちのけ、感情までもそっちのけ。
これはもうネット社会から生まれたもの。
「言い逃げ」が許されるのはネットのみ。
言いたいことだけ言って許されるならそんな世界に生きてみたい。

だからあまりマーク君に好感を持てる人は少ないと思う。
むしろ「まっとう」であるエドゥアルドに肩入れしちゃう。
彼、非常に普通なんですよね。でも天才とバカには彼は通用しない。
彼女もブスのくせに(あ、言っちゃった。多分好みじゃないだけです、顔が)
あんなことするしさぁ。

だから、今はまだ、ラストシーンでもわかるように彼はエリカの気を引きたい、
というところだけが人間臭い部分として彼の中に残っている。
すべての感情を打ち捨ててFB創設にのめり込んだけれど、
その部分だけがまだ一人の若者。それが何年かたったあと、彼が失った
友情に気付いてくれればいいな、と。(もっとも、そう思ったからこういう
映画に賛同したんだろうけど)
ネット社会に生きちゃうとリアルなコミュニケーションを取るのが難しくなるのかな。
だから敢えて実名で行く、っていうところは日本人には考えられないことなんだろう。
(日本のオタクが実名でってのは不思議ー)
コミュニケーション不足ですよ。それがFBで解決できればいんだけどね、
というのがやっぱりこの映画のどこかにあるんだろうなぁ。

ジェシーの演技は素晴らしかった。オタクなカンジがもう、リアル、リアル!
そしてもう一人脇を固めたジャスティン、よかったじゃない。
ハマっていました。

FBって私ももうかなり長いことやっているけど、
確かに私もあれに一喜一憂することもあるわ〜。
ラストシーンがとても切なかった…。
posted by minori at 21:13| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

『Soul Kitchen』

ちょっとクセがあるけど、是非一度は足を運びたい。
そんなソウル・キッチンはドイツのハンブルグに。

Soul Kitchen
Soul Kitchen

大げさなアクションで笑いを誘うわけでもなく、
ささやかに、でもくすくす笑ってしまう上質の映画だったと思います。
さりげなーいところでツボに入っちゃって、
ボタンのところなんて大笑いしちゃった。
というのもあの爺さん、実は大金持ち、なんて思ってた矢先だったから。
なるほどそういう役の立ち方ね、みたいな。

主人公はギリシャ系なんですね。名前が凄い(笑)
ハンブルグの寂れた感と、でも時折見える港町ならではの雰囲気、
船や建物なんかにもうっとり。
あのレストランだって(食堂?でもラストはナイスカフェバー!)
最初はうわー絶対ヤだし、と思ってたんだけど、
だんだん行きたい、と思わせるところが凄い。

でもね、ズゥイノス(わ、カタカナ難しい!)のお皿の置き方は
最初から愛があった。だから彼がイヤイヤやっているわけではなく、
あの場所を愛しているんだな、というのは最初からひしひしと伝わってくる訳。
実際に、主人公を演じたアダムは料理店を経営していたらしい。
なるほど、本物の愛ですね。
彼の腰の痛いっぷり、リアルで面白かった。教えてもらったダンスを忠実に
やっているところもかわいい。

芸術家のウェイトレス、バンドマンなスタッフ、そしてエキセントリックなシェフ。
出てくる人それぞれアジがある。

特に、シェフ。
あの「ガスパチョをマイクロウェーブ(電子レンジか)に入れろ」っていう
言葉に切れる気持ちは食べ物を人に提供したことのある人ならわかるはず!
そもそも丁寧に味付けをしたものに塩をバンバンいれる人を見るだけで
シェフは悲しいもんね。このシェフがアジがあって好きだったなー。
あのクラップな冷凍食品まで彼はお見事に変えたからね。それだけでも
才能があることが伺える。出来ればもうちょっと活躍してほしかったな。

あのアニキもまたアジがある。いい目をするんだよ。
とても悪いやつにはなれない。モンテ・クリストに傷ついちゃうあたりもね(笑)

レストランて本当に雰囲気が大切。働いている人が楽しんでないと、
やっぱり食べ物もまずくなる。
このソウル・キッチンにはソウルがある。是非、行って見たいものです。
あのデザートは…ちょっと怖いが。
続きを読む
posted by minori at 21:37| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Serious Man』


世の中、こうも不幸は続くものなのか。

A Serious Man
A Serious Man

大衆向けの作品が『True Grit』だとしたら
一年前に作られたこの映画は「好きだから、やりたかったから、作ったでしょ?」
というコーエン兄弟のアジが出たカンジ。
No country for old menで一気にメジャーに
なってしまった(まぁその前売れてたけど)感がある彼らですが、
これは「どうなの?」と配給会社がストップしてたのか知らないけど、
どうやら日本ではまだ未公開だそうですね。(でももうすぐでやってくるらしい)

というよりもまずこのバッググラウンドが日本人には理解しづらいんだろうな、と推測。
ユダヤ教やラバイ(日本語だとラビですが、英語だとラビじゃ通じないよー)は
なじみがないもんね。そこをまず理解するのに苦労しちゃいました。
英語の字幕をつけてみたんですけど、それでも一瞬「???」となるものが
多くて、ちょっと大変でした。
ってか未だにわからない「gett」これ何?
その後に、まぁ宗教的な離婚だよ、みたいなことを言ってたけど。

まぁまぁ、宗教はともかく(いや、大いに関係あるが)、このラリーさんには
とてつもなくわんさかと不幸がやってくる。
これ見た大半の人が「私、まだマシかな」と思えるはず。
彼自身はもうただただ受身で、「キレなさい!今!」といいたくなることも
しばしば。そして彼自身はSerious Manだから絶対どうにもならねぇよ、
という人たちにアドバイスを求めちゃう。
実際、あのアドバイスったら!歯の話!私ならモノを投げそうです(笑)
それでも懲りずに行くところが凄いよね、彼。
そしてあのSyね。Syもどうしてお前そんな態度が取れるのかしら、というくらいの
厚顔な人。びっくりー。ああいう人いるのかなぁー。

そしてその不幸の勢いは留まることを知らず、いやぁな予感を残して終わっていく。

なんか無性に色々考え込んじゃった、私。
ま、映画だからってね、そりゃね、この状態でうまく行ったら、そりゃおかしいもんね…。
posted by minori at 21:25| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

『VICKY CRISTINA BARCELONA』それでも恋するバルセロナ

ラテンの青い空は人を開放的にそして懐疑的にさせるのかもね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Vicky Cristina Barcelona
Vicky Cristina BarcelonaJavier Bardem, Penelope Cruz, Scarlett Johansson, Rebecca Hall, Woody Allen

The Weinstein Company 2009-01-27
Sales Rank : 82

Average Review star
starEntertaining Movie
starNot Annie Hall but Close....
starVCB=F.U.N.

See details at Amazon
by G-Tools





続きを読む
posted by minori at 17:50| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(23) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

『LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON』潜水服は蝶の夢を見る

瞬きだけで綴る人生とは。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る


続きを読む
posted by minori at 21:28| 宮城 ☀| Comment(10) | TrackBack(14) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

『Juno』ジュノ

公開前だから控えめにー。
子どもが子ども産んだって成長するんだよね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Juno

続きを読む
posted by minori at 20:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

『THE NAMESAKE』その名にちなんで

インド人との結婚は、難しいらしい。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

その名にちなんで (新潮文庫 ラ 16-2)
その名にちなんで (新潮文庫 ラ 16-2)

The Namesake
The Namesake

続きを読む
posted by minori at 11:25| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

『SWEENY TODD : THE DEMON BARBER OF FLEET STREET』スウィーニー・トッド

殺人に美味しいミート・パイ。
ティム・バートンのダークな世界にジョニー・デップはよく似合う。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

続きを読む
posted by minori at 21:00| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(12) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

『SAINT-JACQUES... LA MECQUE』サン・ジャックへの道

景色はまるでポストカードのように美しく、
皮肉は小粋なアクセントとして旅を彩り、
道中まるで同行しているような気分に浸り、
最後には思いっきりの感動をくれた。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

saintj.jpeg

続きはこちらから!
posted by minori at 23:19| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

『THE ZODIAC』(2005)と『ZODIAC』(2006)

ジワジワと恐怖と影響を与えたZodiac killerを
二つの側面。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

ゾディアック
ゾディアックジャスティン・チャンバース ロビン・タネイ ロリー・カルキン

ジェネオン エンタテインメント 2007-06-08
売り上げランキング : 8047

おすすめ平均 star
starゾディアック事件の紹介
star「ゾディアック」ではあったけれど・・・。
starデヴィッド・フィンチャー版じゃないです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゾディアック 特別版
ゾディアック 特別版ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ デビッド・フィンチャー

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-11-02
売り上げランキング : 1149

おすすめ平均 star
star骨太な歴史ドラマ
starどうしたD・フィンチャー?
starこの暗号を解いても何もない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きはこちらから!
posted by minori at 21:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

『Stardust』スターダスト

cruel,ironic,ambitious but it's a romantic fantasy.

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Stardust (Widescreen Edition)

Stardust
Stardust




続きを読む
posted by minori at 12:53| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(24) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』根畑(笑)

日本は日本、アメリカはアメリカ、イタリアならイタリアで。
混ぜ加減は難しい。けど、これはコレ、でいいのかも?

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ サウンドトラック集

ジャンゴスキヤキ&マカロニ・ウエスタン読本 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

続きはこちらから!
posted by minori at 20:51| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(22) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

『Thank you for smoking』サンキュー・スモーキング

オープニングのタバコのパッケージがお見事。
そして誰一人(テレビで流れてた映画以外)タバコを吸ってない、
いや、持ちさえしていないのもオモシロイ。
(キャプテンが持ってたのは葉巻!)

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


サンキュー・スモーキング (特別編)
サンキュ

ー・スモーキング (特別編)


続きはこちらからどうぞー。
posted by minori at 20:28| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

『さくらん』ルービックキューブな世界。

上品に収まった『マリー・アントワネット』より
どこか退廃的なこっちが好み。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

さくらん 特別版
さくらん 特別版



続きはこちらから!
posted by minori at 14:22| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

2007年07月02日

『シュレック3』プスプスプスプス

プスプスと移民の歌。

相変わらずの皮肉にやっぱりコレ、
コドモ向けではないでしょう、
と改めて思う。

Shrek the Third
Shrek the Third



banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
続きはこちらから!!!
posted by minori at 23:29| Comment(0) | TrackBack(18) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

『The world's fastest indian』世界最速のインディアン

男の子向けの映画だけど、と同居人アダムに薦められた
映画でしたがいやいや、これは女の子にとっても十分いい
作品でした。そりゃ確かに夢を追いかけるとか「速さを
競う」という意味ではそうかもしれないけど。
この映画に関しては結構色んな人から薦められたし、
色んなところで話題になったかな。
一度友達んちに遊びに行ったときにレモンの木のところで
同じことをしていたので(笑)「それは映画と一緒だねー」
と言ったらその話で盛り上がったし。そして彼も
ニュージーランド人でした。これが常識なのか?

The World's Fastest Indian
The World's Fastest IndianA n t h o n y H o p k i n s , 㠀 ? I a i n R e a , 㠀 ? T e s s a M i t c h e l l , 㠀 ? A a r o n M u r p h y ( I I ) , 㠀 ? R o g e r D o n a l d s o n

Average Review
starsGreat, uplifting movie
starsGreat movie
starsNot a motorcycle movie
starsWorlds Fastest Indian
starsThe Fastest Indian

See details at Amazon
by G-Tools




出てくる人がみーんな善人だよね。文句たれてた隣人も
心配してくれてたし、警察官も見逃しちゃうし。
でもまぁ誰にでもフランクな(ちょっとずうずうしいけど)
彼のキャラのなせるわざなのかなー。一応実話らしいし。

それにしてもこれはロードムーヴィとしてもよかったかな。
景色とかもキレいで満足!

英語に関してはアメリカ人みんな首傾げてましたが
実は私には彼のが聞きやすかった…耳が慣れてるんでしょーね。
「バイバイ」の言い方が「ta-ra」とか使ってましたけど、
これは同居人アダムの言うところによるといわゆる
「死語」ってヤツなんだって。けど、うちのオーナー
(ちょっとおじいちゃん)は普通に使ってました。
今まで意味とかちゃんとわかってないけど、なんとなく
「バイバイ」なんだろーなーと思ってたこの言葉が
この映画によって解明しました。

アンソニー・ホプキンスが夢を追いかける18歳のココロな
おじいちゃんを好演してましたよねー。
女関係が派手だったのもなんだか納得できるような…(笑)
ともかくいい人役でも全然いけるなーと改めて思いました。
満足でした。思わぬ拾い物。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 10:37| Comment(1) | TrackBack(8) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

『しゃべれどもしゃべれども』俺の話を…

落語、と言うとどうしてもお気に入りだったドラマ
『タイガー&ドラゴン』とどうしても比較しちゃうんだよね。
そして同じくTOKIOの長瀬君だったしね。
長瀬君が型破りだったのに対して、こっちは古典をこよなく
愛する頑固者。確かにちょっと違うけど
それでも長瀬君ほどのパンチはなかったかなー。

しゃべれどもしゃべれども
しゃべれどもしゃべれども



周りのメンバーの成長ぶりはよくわかったんだけど、
どうも三つ葉君の成長振りがイマイチ伝わってこなかった
気がします…。それが残念。
でも太一君って相変わらず憎めない顔してる…。
いくら毒舌だったりしても。

それにしても香里奈さんは美人!いくら冷たくてもこれだけ
美人なんて羨ましい。このキャラ、実は私の親友に似てる。
もっと人懐っこいけど人見知りするっていう点で。
意外にこういう美人は多いのかなー。

あとあのチビ。コイツはいいキャラしてたなー。
いじめられてるくせに前向きなのが凄い。
そして阪神ファンをやめないのも凄い。そういう根性は
好きだな。元野球選手は毒舌好きだったのにコーチになるなんて
ちょっと残念ー。見たかったのに、毒舌解説。

演目の火焔太鼓もなかなか興味深い話だったなー。
途中は端折っちゃったところもちゃんと聞きたかった。
そして伊東さんもよかったんだけど出来ればここは
プロの人に出てもらいたかったかなー。

それにしてもこっちに帰ってからやたら邦画ばかり
上映されているような気がするのは気のせい?
あとアジア系…。うーん。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★☆☆☆ タイガー&ドラゴン、好きだったからな。
posted by minori at 16:22| Comment(3) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。