2011年01月27日

『The Kids are All Right』


ママとママ。

割と評判のよかったこの映画、私も凄く好きでした。

二人のママなんて日本じゃありえないんだけど、意外にしっくりきてしまったのが
驚き。子供たちもまっすぐに育っているし、それを普通だと思ってる。
(まぁ当然か、親だし)

それぞれの役割もしっかりしていて、Nicはお金を稼ぐパパ的な存在。
一方のJulesは主婦な存在。彼女は自分も外に出たい、と思ってる。

ゲイだろうがなんだろうが、人間なんだから感情は一緒。
子供を産んで大事に大事に育ててきた家庭、それが壊れるのは、
誰だって怖い。そのことへの恐れをアネット・ベニングが当たり前のように
演技していたのが凄い。お父さんにも見えるし、お母さんにも見える。
これって不思議だったなぁ。

確かに子供だったら、やっぱり精子提供者、すなわちパパのことは気になると思う。
一方のお父さんのほうだって、驚いたし興味があったのは理解できる。
でもなー、やっぱり子供のころをすっとばして、っていうのはやっぱり抵抗があるだろう。
どうなんだろう?その彼の勝手なところとか、でも真心いっぱいなところもすべて、
マーク・ラファロ、上手かったなぁ。彼はいい俳優だよね。
『Shutter island』もとってもよかったし。

反抗することも、再生できることもすべて、本当に普通の家族。
ママの浮気はホント決定的な事件だったけど、
家族だもんね。

子供は親がちゃんと頑張ればそれを見て育つ。
たとえ、ママ二人か、パパ二人でも。

ああ、そうそう、最後に。
この映画でポールが時々、shut the front door、といいますが、
これ、字幕はなんて付くんだろう?!超気になります。
ちょっと気をつけてみてみてください。誰かのレポートお待ちしております。
posted by minori at 20:44| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

『The Tourist』

今年はちょこちょことがんばって映画を見マース。

というわけで今年の一本目は
Johnny DeppとAngelina JolieのThe Touristでした。

景色を見る、という意味ではホントによく撮れた映画だったものの、
とりあえず「楽しめる」だけの作品になってしまったのは
ざんねんなところ。もうちょっと深くできるんではないかな、と
思ってしまいました。ビッグネームだけに踊らされてみてみたら
「ふーん」というカンジだったのでやっぱりもっと脚本がね…。
これ、原作があるみたいなんですけど。

ジョニー・デップがあまり楽しんでいなかったかな、という印象が強かったのが
ざんねん。

でもホント、景色は綺麗だったよ。
posted by minori at 20:41| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

『The Cove』イルカ漁という現実

色々な意見が出るんでしょうね。
すでに話題になっているこの映画、海外からの反応です。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


続きを読む
posted by minori at 13:26| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

『UP』 カールじいさんの空飛ぶ家

いつまでも夢があるっていいなぁ、たとえそれが途中で
現実的な夢にかわったとしても。

Up [Blu-ray] [2009] [US Import]
Up [Blu-ray] [2009] [US Import]Edward Asner

Walt Disney Video 2009-11-10
Sales Rank :


See details at Amazon
by G-Tools


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。



続きを読む
posted by minori at 13:29| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(10) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

『The King of Kong:A Fistful of Quarters』

これは日本が生み出したある意味戦争なのかも。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

The King of Kong: A Fistful of Quarters
The King of Kong: A Fistful of Quarters


続きを読む
posted by minori at 23:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

『caramel』キャラメル

レバノン発、女たちの賛歌。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Caramel
Caramel
続きを読む
posted by minori at 19:38| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

『Ghost Rider』ゴーストライダー

骸骨はニコラスか、それとも元祖、シュワちゃんか。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

ゴーストライダー エクステンデッド版 (Blu-ray Disc)


続きはこちらから!
posted by minori at 21:13| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

『THE KINGDOM』キングダム/見えざる敵

暴力は結局、暴力を生むのか。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

The Kingdom

続きはこちらからどうぞー。
posted by minori at 21:01| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(13) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

『A PRAIRIE HOME COMPANION』今宵、フィッツジェラルド劇場で

最後の夜なのに未来に繋がるフィナーレを迎えることができた。
きっと監督の最期も人にそう思わせたものだったんだろうな。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


今宵、フィッツジェラルド劇場で
今宵、フ

ィッツジェラルド劇場で


続きはこちらからどうぞ〜。
posted by minori at 20:47| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

『ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW』君とボクの虹色の世界

ボクとキミとボクの知ってる人たちみんな。
せまーい世界でゆるーりと過ぎていく日常。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

君とボクの虹色の世界
君とボクの虹色の世界


続きはこちらから!!
posted by minori at 18:05| Comment(6) | TrackBack(4) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

『Kiss Kiss Bang Bang』L.A.的殺人事件

軽快なノリと似合わないハード・ボイルド。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

キスキス バンバン -L.A.的殺人事件

続きはこちらからどうぞ!
posted by minori at 12:24| Comment(4) | TrackBack(4) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

『CLICK』もしも昨日が選べたら

タイトルがなんだかドラえもん。
ともかく、
人生は早送りじゃつまらない。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

もしも昨日が選べたら
アダム・サンドラー フランク・コラチ ケイト・ベッキンセール
B000LC5BZQ


続きはこちらから!!
posted by minori at 18:23| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

『THE HOST』グエムル-漢江の怪物-

友人レインがどーしても見たい、と言い出し、慌てて映画館に
行ったこの映画。
邦題めちゃめちゃ怪しいですね。B級のニオイがプンプンって
感じじゃないですか(笑)
ちなみにどこからこのグエムルって言葉はやってきたの?
そして今の今までグムエルだと思ってた…。どうりて検索
ひっかからないわけだ。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション



banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


続きはこちらから
posted by minori at 14:22| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

『キサラギ』オタク系密室劇

実際よく練られていた話だったと思います。
さりげない伏線もしっかり張られていたし。

キサラギ オフィシャル・ムック
キサラギ オフィシャル・ムック


アイドルの一周忌に集まったインターネットの掲示板の常連たち。
あったこともない彼らが互いにハンドルネームで
呼び合い、実はさりげなく繋がっていることが徐々に判明
するんだけど、ちょっとゆるいその会話が小気味よいし
へー、なるほど、的なつながりも不自然じゃなかった。
それもすべて脚本とキャストの配役だったのかな。
密室劇という難しいジャンルを飽きもせず見続けられるなんてね。
例えば『レザボア・ドッグス』なんかも有名な密室劇だけど
これはもう対極、あのゆるさがたまらない。
このゆるさ、で思い出すのは『12人の優しい日本人』。
これもすばらしかったんだけど、これに通じるものがありました。
見てない方はぜひこれも…。

12人の優しい日本人
12人の優しい日本人


キャラがよかったよねー。あまり言ってしまうとネタバレに
なるから自粛せざるをえないのが残念…。
個人的にキャラはともかく顔が苦手で苦手な小栗君も
すばらしい突っ込みを見せてくれました(笑)
男だらけなメンバーもまた「とほほ」的な楽しさがあったかな。
キャスティングがぴったりでしたよね。
特にユースケ。ハンドルもめちゃめちゃ笑えました。
香川さんも完璧でした。怪しすぎて(笑)
このキャラには笑わせてもらいましたよ、ホント。
塚地君もちょっと前に間宮兄弟みたばかりだったけど
これはこれでよかった。似合いすぎ。
はっちゃけキャラの小出君も、お調子者なキャラを
しっかり出してあのストーリーに
アクセントを与えてくれたと思います。

それにしても「アイドルおたく」「ネット掲示板」、
「12人〜」の時にはなかった日本のカルチャーですよね。
こういうのは外国とかで上映されたらわかるのかな。
うーん、やっぱりちょっと不自然なんだろうな。
ハンドルネームで呼び合う時点で理解できないような
気がする。どーだろ。

ちょっと残念なのがラストね。敢えて出したことには
意味があったんだろうけどなければないで想像の域を出ずに
新しい楽しみも与えたんだと思うけど…。
ま、いいか。面白かったし。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★★ ラストの踊りはビミョウだが(笑)
posted by minori at 09:57| Comment(6) | TrackBack(39) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

『Casino Royale/カジノ・ロワイアル』ニュー007。

会場は大笑いとラストスタンディングオベーションでした。
色々ケチをつけられていたダニエル・クレイグですが
私としては正直単なるおっさんだった(わたしにとっては。
Hさん、ごめんなさい)前ボンドよりずっと好き。

Casino Royale
Casino Royale


非常に理解するのが大変な映画でした(144分英語に集中は
きつい。そして前にはゲイのカップル。ここ3回、私の前は
必ずゲイのカップルです。なんで?)ことに最初の00、という
称号を得るための訓練だったとか、カードゲーム諸々とか
(それはルールがわからないだけ)ともかくついていくのに
精一杯な感じでした。それでもオープニングのモノクロの
シーンからタイトルクレジットになる流れなんかは
ホントよかったですね。カードの模様をあしらいつつ
アクセントのある配色のオープニングとあの音楽が
渋い。前回のマドンナよりボンドらしかった気がしたかも。
これ、日本で見ると字幕がついたとか?私は気を抜いて歌詞にまで
集中してませんでしたが後で考えるとなるほど、という歌詞ですね。

それにしても諜報部員があんな派手にやっちゃって
いいのかな、という感じでしたがのっけから激しいアクションでしたね。
相手役の方はもともとスタントなんだそうですねー。
yamakasiみたいでした。そんな彼を追うボンドはちょっと
危なっかしくて、でもそれがまたアジを出してた。
まだまだボンドも駆け出しだったんだねー。これはピアースには
できない技だなぁ、と。今回ボンドさんは途中まで全然スーツは
着てないんですよね。そこらへんもまた若さを出してるし、
Mに突っかかったりちょっと子供っぽい一面も見せていて
このカジノ・ロワイヤルをダニエルの最初の作品に持ってきた
っていうのは非常に巧いなーと感じました。
特に「非情」を前面に出していた彼があのシャワーで
寄り添った時にはおおお!と思いましたねぇ。これは他の人じゃ
ちょっとダメかもしれないですよ?ダニエルだったからよかった
のかも?

最後のあの台詞。これを最後にもってきたってのも巧い脚本でした。
ちなみに拍手はここでおこりました。ラストシーンとして
印象に残る台詞になったのは間違いないな、という気がします。

拷問のシーンはかなり「・・・うっ」って感じでしたけど
ワカモノが劇場に多かったせいか大爆笑になってました。
「オゥ」なんていう感嘆詞も劇場にあふれてました。ははは。

エヴァさん、最初大丈夫かなーと思いましたがよかったです。
ちょっとメイクしたシドニー(エイリアス)に見えるときがあって
そんなときは「しっかり戦え」と心の中で叫んでみました(笑)
そういや今回はQが出てこなかったですね。
満足できなければ同じくイギリス作品「ストーム・ブレイカー」
で誤魔化していただければ、という感じかな。
今調べてみたけどこの映画のデータは全然ないですな。
面白かったのに。同じくスパイモノです。

話はそれましたがとにかく私としては満足でしたよ。
そしてこの日はダニエル・クレイグdayとなりました。
詳しくは次のレビューで。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 20:41| Comment(2) | TrackBack(8) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

『Kinky Boots/キンキー・ブーツ』自分の靴。

やっぱりドラッグクイーンものにハズレはないなーと
思ったこの作品。よかったです。
冒頭のシーン、どうして靴ごときでびくびくしてるのだろう
と思ったらなるほどそういうことか。
彼女はずっと自分に合う靴が探せなくて合わない靴ばかりを
はいて生きてきたんだけどチャーリーにめぐり合うことで
ようやく自分に合うキンキーブーツに出会えたんだね。
チャーリーはチャーリーでとりあえず突然ついでしまった
父の会社に戸惑ってしまっていて、どうしていいかわからない。
そんな時ノーラに出会って自分自身も少しずつ変えていくんだよね。

Kinky Boots
Kinky Boots



差別をうけて生きている人っていうのはやっぱり心が広いから
やさしいんだよね。例えば工場にいるリーダー、ドンとの
腕相撲にわざと負けてみたり、ひどいこと言われても
口答えもしないし。

それに対してチャーリーはまだお坊ちゃん。まわりに
ノーラやローレンがいてくれてよかったよね。
あの彼女はやっぱりダメよ。

すっころんだところにノーラが歩み寄るシークエンスを
重ねて使ったセンスがよかったですね。
それにしても実際歌ってた彼、歌うまいね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★☆ 歌うまい。
posted by minori at 23:23| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

『グッドナイト&グットラック』遠い日の東と西。

心地いいJAZZとハラハラする舞台の裏側。
『Good Night, and Good Luck』という台詞のバッググラウンドには
こういうお話があったのか。

グッドナイト&グッドラック
グッドナイト&グッドラック



banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
『グッドナイト&グットラック』 続きはこちらから。
posted by minori at 21:01| Comment(14) | TrackBack(30) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

『GOAL!』サッカーとOASIS

OASIS、といえばサッカー好き。どんなに醜聞を振りまこうが
しっかりした曲を作る彼らは、ある意味この映画に出てくるガバン
みたいだ。ともかく映画も悪くないし、それよりOASISが映画館で
聞けるなんて拾い物。残念なことに日本語版は違う人が曲を
提供しているとか。勿体無いね。でもま、劇中では
morning gloryだとかcast no shadow も聞けるからね。
二つともオリジナルじゃないし。これが聞けただけで私は
満足ですよ。連れってくれたNちゃん、ありがとねー。

Goal
Goal


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

『GOAL!』続きはこちらから。
posted by minori at 23:30| Comment(10) | TrackBack(33) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

『キャッチ ア ウェーブ』あの青は本物?

サーフィン。私の人生においてこれほど縁のないものは
ないが、何気にサーフィンの映画は好きです。
『ブルー・クラッシュ』とかさ、キレイでよかったよ。
大体凄いよね、波の合間ぬってくんだよ。ありえないよ。
泳げない私からしてみれば凄い集団です。

デフ・テック、夢のコラボ、とか書かれてますが
そもそも日本の音楽シーンに弱い私。「誰?」って
感じでした。はぁ、音楽ね。なるほど。
なのでイマイチ何が凄いかよくわかりませんでした。

Catch The Wave
Catch The Wave


だから今回のこの映画、ワカモノによるワカモノの映画って
感じでしたね。原作・脚本を書いたのもワカモノだそうで。
って書いてると自分年食ったな、って感じですが(苦笑)
そもそも今回試写会だったから見たようなもので
普通ならビデオになっても見るかどうか…サーフィンと
いえど日本の映画だからねえ。
ストーリーはよく2時間にまとめたな、っていう感じで
だからドタバタ感が否めない。尤も、最初から凄いものを
期待していたわけではないのでこれで納得な感じですが。

それにしても海!
日本にあんなキレイな海あるの?あれって色を
変えたでしょ!と思ったんですけどどうなんでしょうか。

日本の海=海草がひっかかる

こういうイメージなんですけどね、私。
(だから嫌い)
あんなキレイな海だったら行くのにぃ、と
思ったところ、どうやら主人公の彼なんかは散々クラゲに
悩まされたんだそうで、やっぱりやだな、と思った
次第です。

でもキレイだったよねぇ。
ノース・ショアに向かう途中の虹もきれいでした。
あれは合成じゃないんだって。凄いね。

さてさて。
主人公の子は今回が初抜擢かと思いきやそうではないらしく
母に聞いたら知ってるとのことで(ジョンコ←タイトル忘れた。
母はジョンコとしか言わないし。ともかく朝の連続ドラマに
出ていたらしい)新人ではなかったらしい。そうか。
とにかく若くてかわいらしい子でした。私は時々京本政樹に
見える、と思ったんですが友人は新庄、と言ってました。
ただ声がどっちかっていうと三宅君系なのよね。もうちょっと
オトナになったら落ち着くんだろうけどこの役では
こんなもんだろうね。でもナレーションは違う人にすれば重みが
出たかもしれない。
その他友人はウォーターボーイズに出てた木村君。彼は
趣味が空手なんだそうで、だから型が決まっていたらしい。
で、もう一人は見た瞬間「キミ、金八出てたよね」と思ったら
その通り。出てたらしい(役名とかは忘れちゃった)。
加藤ローサさんはかわいいよね。演技がどうとかそういうのは
置いておいてかわいいわ。

でもあの人工呼吸。

気道確保がなってないような…。

ま、まぁいいか。

ところで、ストーリー上どこかにアクセントをいれなきゃ
ならんのはわかるけど今ああやってツルんでる所謂敵役が
出てくるのはちょっと…どうかな…なんで因縁つけてくるか
わかんないし。あんなちっこいのにアメリカ人のお兄ちゃん
二人がついてくるのもイマイチわかんない。
それにしてもあんなに外国人が多いところ、まぁ基地だから、
があるんだなーと思いました。やたら外国人遭遇率の
高い街だよね。日本語しゃべれるんだったらお前、最初から
日本語で因縁つけろよ。中途半端じゃないか!と突っ込み
いれたくなるようなニックでしたがこの役をした方は
英会話特技なんだそうだ。ふ、ふーん。

竹中さんは相変わらずの怪演でしたね。ホントに
波乗りしてるのかしら。ある程度はやってたんだろうけど。
見えそうで見えない顔が「巧いなー、撮影」と思いました。
加藤さんの方は足の色が違うから別人だってわかっちゃう
けど。ともかく、全裸だったし耳動かすし、相変わらず
奇妙な感じでいいですよね。竹中さん。異常に黒いし(笑)
坂口君はホントにサーフィンやってるんですってね。
(知らなかった。興味なかったし)
サーフィン連盟みたいなところから出てくれ、といわれた
らしいし。ともかく、どっちかっていうと
「オトナ」といわれる彼にトシが近かったもんで
フクザツな気分でした(笑)

海がきれいだったから。

見てよかったかな。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 10:36| Comment(8) | TrackBack(23) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

『かもめ食堂』 豚身昼斗念。

生きるコトは食べるコト。
当たり前のように繰り返される食。ゆったりと
時が流れるフィンランドでおにぎりを食べてみたい!
見た人が必ずそう思う映画だと思います。
私、見た後おにぎり買いに走っちゃいました。
とりあえず手作りおにぎりを二個購入(高いんだもん)
美味しかったなー。
人に作ってもらったおにぎりって美味しいんだよ。
コーヒーにしろ何にしろ、なるほどマッティの言うとおり。
そう思うとコーヒーマシンやティーバッグは
そりゃ味気ないよ。

かもめ食堂
かもめ食堂



かもめ食堂。前半はただコーヒーのみだったお店が
にわかに活気付くと生姜焼きにとんかつ、からあげ、
焼きジャケ、玉子焼き、肉じゃがなんかがテーブルを
飾る。このお店のよいところは厨房が見えること!
(座ってると見えない?)
お母さんが料理しているのをわくわくしながら待つ
子どものような気分になれました。

さりげなく、人が集まり始めるプロセスがとても
いいよねー。サチエさんの人の受け止め方って凄いなーと
感じさせられました。あくまでも丁寧な姿勢を崩さずに
でも暖かい。このスタンスは私にないものなので
ちょっと入ってみたい世界でした。不思議な人よね。
過去をほじくり返すこともせず、ただ受け止めていく、
最初初対面の人に「ガッチャマン」の歌の歌詞を
教えてくれ、という凄いことを言い出したから
割と強引な人なのかなーと思ってたけど前半と後半では
ちょっとイメージ変わったかも。

変わったのはもちろんミドリさん。硬かった最初、
海外の地で小脇にしっかりとハンドバックをはさむ
最初からどんどん普通に笑えるようになってきてる。
終いには最初は警戒してたトンミ君ともナイスコンビ
って感じになってたし。指差したのがたまたまフィンランド。
でもここに来てよかったよね、さいごの日に招待
してくれる人も見つかったし(何度も確認するあたりが
見え隠れする寂しさよね)。
それにしたって歌詞書くの早すぎ(笑)
思いもよらない縦書きだったし。

トンミ君。日本カブレの彼だけどあれだけ日本語覚えてりゃ
立派なもんだ。でも彼らは無駄に彼に日本語やらを
教えよう!という意気込みを見せずにさりげなく接してました
よね。日本人らしさ、ってのが彼との対応に見れたかも、
と思いました。それにしても彼はコーヒー毎回タダ。
ホント日本カブレも捨てたもんじゃなかったよな。
豚身昼斗念。それにしたって他になかったのか。
食堂らしくていいけどね(笑)私が思いついたのは
「富実」でした。でも女の子っぽいから「豚身」でいいか。
オーっつって喜んでたしね(苦笑)

最後にやってくるオバちゃん、マサコさんもいいよねぇ。
一見怖そうなのにさぁ。「エアギター」ですよ、「エアギター」
(私信:pommちゃん。こんなところに登場だよ、エアギター)
フィン語わかんないのに大体言ってることわかってましたよね。
言葉が必要ないっていうときは確かにあると思うなー。

そうそう、私は最初あのオバさんが前のオーナーだと
思っちゃった。そっか。そっちか。
そして意外な彼の登場にもびっくりだわー。
おじさんなのにさ、ちょっとカッコよく見えたよ。
だって普通のおじさんがおにぎりのゴハンつけてたら
ビミョウだし。そういや前の職場にはゴハンだとか
ハナミズだとかつけてたオジサンいっぱいいたな(それって…)
それはそうと、彼、マルック・ペルトラと
最後の小林さんのツーショット、なんだかとてもステキでしたー。

それにしてもステキだったフィンランド。
フィンランドとか北欧系の家具だとか文具だとかは
割と日本でもメジャーで本になってたりする。

北欧スウェーデンの幸せになるデザイン
北欧スウェーデンの幸せになるデザイン


ゴー!ゴー!フィンランド
ゴー!ゴー!フィンランド

フィンランドという生き方
フィンランドという生き方


だけどなんかここまで明るいイメージはなかったのは
『過去のない男』のせいなのかしら(苦笑)
でもホント、あの小奇麗なカフェに行ってみたいな。
豚身君に出会えるかもしれないしね。
…それはともかく、
ゆったりした時間、っていうのも時には必要。
あくせくしたってはじまりませんぜ。
とリラックマも言ってますしね。

riraku5.jpg


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 21:40| Comment(11) | TrackBack(18) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。