2011年04月22日

『ARTHUR』

この年最後になる映画(明日は嬉しいような嬉しくないような誕生日!)
はコメディな『ARTHUR』でした。

まだまだ日本ではあまり宣伝されていないようですね。
そもそも、FORGETTING SARAH MARSHALLで有名になったであろう、
ラッセル・ブランドの日本での評価は一体どんなもんなんでしょうかね、今。
今や飛ぶ鳥の勢いな彼、この映画でもずーっと露出なわけで、あのしつこい
見た目にちょっとおなか一杯だったのが正直なところ。

憎めないおばかを演じることに関して、ココ最近彼を越える人はいないかもしれない。
セス・ローガンもなんだかんだ頭よさそうだし、サイモン・ペグやニック・フロストはそもそも
映画がマニアック。ベン・スティラーは最近ちょっと勢い失ったしずいぶんおっさんだし、
そういう意味では今が旬なのかもね、ラッセル。
ブリティッシュな発音であすこまで下品でいける彼は凄いな、とある意味尊敬。
アフリカン・チャイルドのイメージが強すぎるのか…。

これはれっきとした恋愛映画ですね。
色んなところで話題になっているようですが、私も一切気付かなかったヒロインの存在。
てっきりジェニファーが主役だったと思ったのに。確かに予告編ではベッドに張り付けられてたし、
確かにおかしかったよな。
それもそのはず、全く別のヒロインがこの映画には存在するから。
グレタといえばグリーンバーグでその存在が光っていた女優さん。これでも好感度高い
ナオミを演じていた。もっとも演技力としては悪役のほうがもっと要求されるだろうけどね。
ピュアな二人はそれでもかわいかったです。
私も自分のペッツ、欲しいかも。

ヘレン・ミレンはとっても素敵な子守で、その立場が逆転したときのアーサーが
かわいかったなあ。男の子のほうがああやってかいがいしくしてくれそうだよね。
ティーバッグもあけたことないなんて、どんだけスポイルされていたんだよ、って
話だけどね。

パロディなんかは笑えました。ラッセルにしかこれは出せないアジなので
いいのか悪いのかということは非常に難しい…かも…。


posted by minori at 23:25| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

『The Adjustment Bureau』

posted by minori at 21:06| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

『The King's Speech』

The King's Speech (Original Soundtrack)
The King's Speech (Original Soundtrack)


戦争終結を告げる玉音放送に、私の大好きな亡きジジーも熱心に耳を傾けた、そうだ。
(その後にやったぁ!と言いたかったのは堪えていた、そうだが)

テレビがない時代、キングやら天皇やらを見ることが出来ない人々は
ラジオだけが唯一、肉声が聞こえるツール。
それだけ彼らの言葉が重い、ということを一番わかっているのは、
やっぱり伝える側であるキングやら天皇本人なんだろう。

エリザベス女王のお父様にあたるジョージ6世は、吃音というハンディを背負って
いたようです。「仕事変えれば?」というしごくもっともなライオネルさん
のアドバイスに従うことが出来たら、どんなに楽だったんでしょうねー。

気のせいかもしれないけど、吃音っていうのはあまり女性には見られないものなのかな?
ちょっと見てみたら実際そうみたいですね。

彼は男性で、
家庭的にプレッシャーが多く、
しかも左利きを強制されている。

もう条件が揃っちゃっている。だから誰も聞こえていないところでは声が出せるんだね。

しかもどこにいってもスピーチはついてくる。本人もいやだし、聞いている
周りだってはらはらしちゃうよ。やってる本人はホント辛かったんだろうな。
(昔、あまりの緊張におもらしをしてしまったどこかのおじい様を思い出しました)
彼の場合、神経に問題があって、そのプレッシャーにどうしても勝てなかったわけで
でもそればかりは「仕方ない」ような気がしちゃいます。だって私たちにはきっと
想像できないほどのプレッシャーだろうから。

友達になることで、対等のレベルで接してあげることでプレッシャーを和らげる、
そんなシンプルな対処法を行ったのは、オーストラリアの、そしてパース出身の
(ちなみにパースローカル映画館ではみんなおおーと、どよめきましたよ)
Lionel。

私が毎週読んでる新聞『The Australian』に
記事がありました。

むっちゃオトコマエですね。
何故にジェフリー・ラッシュ。
でもあの明るくて破天荒な感じ、オージーでした。

だけど、時代はこれからどんどん暗くなる。観客である私たちはその後の数年が
どれだけ辛いものになるのか、キングである彼にどれだけ重く圧し掛かってくるのか、
痛いほどわかっているわけで、どうしてもスピーチの成功だけに喜べないのも事実。
ひとつ克服した彼の姿を、最後まで見ていたいと思ってしまいました。
最後のコメントに
ちょっとほっとしました。(不勉強なので彼のことはよく知りませんでした)

コリン・ファースはさすが。厳格のある人をやらせたら彼の右にでるものはいないですね。
ジェフリー・ラッシュは少し狙いすぎなような感もありましたが
やっぱりすばらしい。結構「普通」だったヘレナさんもさすがね。

人は支えあい、生きていく、そんなシンプルなことがやっぱりあの立場の人たちにとっては
簡単ではない。だけど、それを達成したとき、彼は言葉を取り戻す。
見てよかった、非常にハートウォーミングな映画でした。
特にブラック・スワンのあとには(笑)
posted by minori at 20:58| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(23) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

Inglorious Basterds

Sounds good?

Inglourious Basterds - Movie Poster (Brad Pitt Standing On Dead Bodies) (Size: 24

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


続きを読む
posted by minori at 16:13| 宮城 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

『Air Guitar Nation』エア・ギター

アツいなー。Air Guitar!

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Air Guitar Nation 11


続きを読む
posted by minori at 18:02| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

『Wanted』ウォンテッド

確かに、新感覚アクションなのかな。うん。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Wanted [Theatrical Release]
Wanted [Theatrical Release]


続きを読む
posted by minori at 16:38| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

『WALL-E』ウォーリー

地球にたった一人残された働き者の夢は…。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

WALL-E [Original Score]
WALL-E [Original Score]

続きを読む
posted by minori at 20:33| 宮城 ☁| Comment(8) | TrackBack(35) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

『In Bruges』

ブルージュ、また新たな旅の目的地に。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


In Bruges
In Bruges


inbruges.jpg

続きを読む
posted by minori at 17:52| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

『Across the Universe』アクロス・ザ・ユニバース

何故か新鮮に感じられたビートルズの楽曲たち。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Across the Universe
Across the Universe
続きを読む
posted by minori at 14:11| 宮城 ☔| Comment(6) | TrackBack(16) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

『Into the Wild』イントゥ・ザ・ワイルド

ナイーヴすぎた彼の軌跡。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Into the Wild
Into the Wild

続きを読む
posted by minori at 21:56| 宮城 ☁| Comment(5) | TrackBack(24) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

『Away From Her』アウェイ・フロム・ハー 君を想う

公開前なので控え目に〜。
雪道を行くスキーの音が静かに聞こえる世界でした。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Away from Her
Away from Her

テクノラティプロフィール

続きを読む
posted by minori at 22:30| 宮城 | Comment(3) | TrackBack(14) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

『THE GOLDEN COMPASS』ライラの冒険 黄金の羅針盤

私もダイモンが欲しいのだ。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。




続きを読む
posted by minori at 18:12| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(8) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

『明日への遺言』舞台挨拶試写会にて。

市長は端っこに座るべきだよね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

明日への遺言 オリジナル・サウンドトラック
続きを読む
posted by minori at 17:45| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

『Blades of Glory』俺たちフィギュアスケーター

男同士っていうコンビがいたな。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Blades of Glory (Widescreen Edition)
Blades of Glory (Widescreen Edition)続きはこちらから〜。
posted by minori at 20:41| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

『EARTH』アース

厳しい、だから美しい。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

kuma.jpeg

アース
続きを読む
posted by minori at 21:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(11) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

『Waitress』ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた

なんとなく起こりそうな気がするその状況。
笑ってばかりはいられないのか。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Waitress (Widescreen Edition)



続きはこちらからー!
posted by minori at 21:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

『AZUR ET ASMAR』アズールとアスマール

2Dと3Dの見事な融合。文化も違う新しい国へ冒険にでかける。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

アズールとアスマール
アズールとアスマール

続きを読む
posted by minori at 21:01| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

『THE SECRET LIFE OF WORDS』あなたになら言える秘密のこと

透明感のある雰囲気、秘密を打ち明ける相手がいる
ことの幸せとは。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

あなたになら言える秘密のこと
あなたになら言える秘密のこと

続きはこちらから!
posted by minori at 22:23| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。