2005年12月07日

『エイリアス シーズン2 vol.3』

シドことジェニファーんところに
女の子が生まれたそうですね。

おめでとう、シドニー。

名前はヴァイオレットちゃんだって。
きっとママに似てかわいくなるんだろうね。
間違っても

頭がデカくなりませんように。

世界で一番パパが好き!
世界で一番パパが好き!


こうなってね。↑。


というわけで、こちらはシーズン2、vol.2、31〜34の感想デス。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
エイリアス シーズン2 vol.3

ネタバレ注意。

vol.31 核弾頭を奪回せよ(後編)Passage,Part2

ママさ、やっぱりママだよねぇ。心配そうにしていたりするのを
見ると。甘えたくなっちゃうよ。
三人で(というよりもパパとママが)懐かしいお話とかをしているのを
見ると普通の家族みたいだよねぇ。
にしてもインド(どこ?)の扮装、シドとママはいいけど…
オヤジ…
ビミョウだ。そしてオヤジも言うこと聞けよ、って感じ。

ママ、裏切ったのっ?!と思ったけどよかった…。
そしてギリのところで助けにきてくれたヴォーン、さすが。
それにしてもあの施設、どう考えても昔の特撮っぽい
ニホヒがするですけど。あれって絶対ミニチュアだよね。

あ、そうそう、忘れてたけどエミリー、死んだの?

vol.31 マーシャル初出動 The Abduction

それにしてもいいコトやってると思ってるマーシャルはかわいそうだよなあ。
今までの数回、ことにヴォーンがヴァイアルスにやられたときのような
暗い雰囲気からは一転。今回は面白かったです。

何しろ、マーシャル初出動。そしてその後CIAの方にいくみたいだし。
特にマーシャルがかわいそうだったからよかったーと思ってたんだけど…。

まぁそれはそうと、マーシャル、笑えました。
挨拶はしちゃうし。チビっちゃうし(笑)
大体、イウォーク族ってなんだよ!と思ったら確かこれってスターウォーズじゃ?
おタクだなぁ。マーシャル(笑)
お母さんと仲いいところもなんともいえないし、シドに
「すごいね。本物のスパイみたいだよ」なんてのたまってるし(笑)
挙句の果てに麻酔銃で撃たれて寝ちゃうし。

しかも

キスしたら動いた…。

気味悪いよ…マーシャル…。
だけど笑えた。
んでもって拉致されたマーシャル(今回の英語タイトルはずばり「拉致」)

歯の人じゃん!

やだー。生きてたのー。
(どうでもいいけど友人のアメリカ人の子と話すとき、
とりあえず“man of tooth"で会話してる私。通じてるようだ)

あ、今回の冒頭でシドとサークが組んでたんだけど、
あのすごい勢いで車バックさせてきた、コスプレサーク(あれって
何の格好?警察?)にちょっと惚れた。

アリスってやっぱりいまいちじゃんか。
にしてもウィル、あんたいい人だし、頭もいいよね。
固まっちゃったシドを助けて…けなげよのぉ。

vol.33 アリバイ工作 A Higher Echelon

あれってさ、フェイ・ダナウェイだよね。

岸田今日子に似てるよね。

にしても大変だよ。だってあんなアリバイ工作。
パパの時、ハラハラしちゃったよー。
ハラハラといえばマーシャルんとこもハラハラ。
歯の人、新しい拷問方法考えてきたねー。
くー。マーシャル、見殺しでかわいそうでした。
けなげに待ってる犬みたいだからさ、マーシャル。
助かってよかったよ。そしてまさかあのパラシュートが
役に立つとは…。

そしてシドの気持ちがヴォーンに伝わっちゃったよ。
あらら。口軽いんだから、あんたたち(笑)


vol.34 脅迫者の正体 The Gateway

なにっ?!どういうこと?!

スローンの自作自演だったってこと?
くー。なんだか謎なことがここにきてどんどん明らかになるね。
ケインは一体なんだったのよ?
とにかくこいつのせいでゆっくりデートができなかったわけだから
目の上のタンコブがとれてよかった、というか。

あの首に埋もれてたのは盗聴器みたいなものだったのね。
だからウソを言ったりしなきゃならなかったのか。
そのために大掛かりに幽霊みたようなフリをしてたわけ?
んんんー。よくわからないなぁ。
まぁいいけどさ。

ワイスは和みキャラだね。いいよ、キミ。
そして今回のシドはパンク系でした。
カッコよかった。
この記事へのコメント
minoriちゃんのこの記事読んで、
私もちょっと2人の子供ってどんなん?って
気になってたんだけど、たまたま見つけたわッ!
バイオレットちゃん、すごくかわいいよ〜。
安心して、頭は普通みたい(笑)
Posted by ムー at 2006年04月14日 16:03
■ムーさん。

こんばんわー。
あら、おこちゃまの写真、ありました?
これ書いたときは結構生まれたばかり
の時書いたからまだ写真なかったのかな。
そっか、かわいいのですねぇ。
そりゃよかった。
頭もでかくなくて(笑)
Posted by minori at 2006年04月16日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アフレック一家
Excerpt: たまたま見つけたので、ご紹介。珍しくゴシップネタに近いお話。 ご存知ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー夫妻。 一時期私もベンちゃんが好きだった頃もあったなぁ・・・(笑)ジェニファー、ふっくら..
Weblog: : Keep a diary under the moonlight :
Tracked: 2006-04-14 16:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。