2005年11月05日

『ダンシング・ハバナ』 ラテンの熱い血

ラテンの熱い音楽とうっとりするほどのビーチ。
こういう映画を見ると旅に出たくなる。
オープニングクレジットの絵葉書風ハバナ。まさに
こういうハガキが売ってるよね。あの絵がそのまま
動きだすシークエンス、好きです。

ダンシング・ハバナ
ダンシング・ハバナ


ようやくこっちでも上映された『ダンシング・ハバナ』、夏に
見たかったよ…。ホント。
そしてなんと実話らしいですねぇ。実際にこのダンス指導をしている
ジョアンさんの実体験。あの音楽を、私も実体験したいぞー。
音楽を感じる、そして踊る。ラテン音楽の真髄って感じですねぇ。
私はこの映画、サントラを先にゲットしていて、それから
映画を見たんですけど、どういう人が歌ってるのか、とか
どういう風に使われているんだろう、とかいつもと違った
楽しみができました。
ちなみにこの映画のサントラはよいですよ。

ここ数年、ラテン音楽にハマっている私ですが、
やっぱりこの映画もツボでしたー。ディエゴが(かわいい)
公園でダンスをしているシーン、よかったですねぇ。
ケイティの顔に笑みがこぼれるのも納得です。

この映画の醍醐味は何といってもダンスと音楽ですが、二人が
練習するシーン、色々なシーンの繋ぎ合わせがよかったです。
ディエゴが甥っ子を抱いて踊るシーンなんてもうホント、よかったですよね。
ディエゴちゃん、毎日8時間以上練習したとか。
その甲斐あってか素敵でした。相方もかわいくて、ダンスも上手で
よかったです。嫌味のないカップルって感じでしたよねぇ。

こういう頃の時代背景とか、いつもこういう映画を見たあとで
「ちゃんと学んでおけばよかった」と思うんですが今回も…。
政権が悪いから出たいけど、やっぱり残れるなら残りたい、っていう
気持ちがあったんだなぁと後でわかるんですが、歴史をもうちょっと
わかってればもっと理解度が高まったのに、残念。
それにしてもすごい上流階級だと思ったら実はそうでもないらしいです。
中流階級がハバナにいったら急にああなってしまったんだとか。
いいなぁ、ひと時の幻でも私もああいう生活してみたかったよぉー。

ダンスの映画を見ると

わー、ダンスいいかも。

と思うんですよね。

でもね。いつもダンスのビデオやら本を手に取る男性を見ると、

「うっわ!やだっ!」

と思うのが正直なところ。
ディエゴなら触られてもよい(誰も触りたくないかも)
ガエルなら本望だ。

でも!!!

日本じゃイヤ!!

以上です。

posted by minori at 19:39| Comment(18) | TrackBack(12) | 映画「た」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriさん こんばんは♪
TBありがとう!
素敵なHPをお持ちなんですね^^
それにガエル君のファンとは嬉しいです♪
「ダンシング〜」は夏に観ました(笑)
日本人の男性にはどうしてもラテンとかあわないですよね〜同感です うふふ。
Posted by マダムS at 2005年11月05日 20:25
TB&コメント ありがとうございました。

>ディエゴが甥っ子を抱いて踊るシーンなんてもうホント、よかったですよね
色々と魅力的なシーンがありましたが、哀生龍も甥っ子を抱いて踊るシーンは大好きです!
自然な笑顔が魅力的ですよね♪
>日本じゃイヤ!!
同感(爆)
Posted by 哀生龍 at 2005年11月05日 20:32
じゃあ、キューバに行きましょう!

元映画的な「ダーティ・ダンシング」も観たんだけど、彼の役がちょっと悪ぶった80年代キャラで受け容れがたかったですわ。
やっぱりキュートなディエゴがよいっ
Posted by かえる at 2005年11月06日 00:06
初めまして!TBありがとうございました。
夏の暑〜い盛りに見ましたが、思い出すと涼風立っても暑い気分になります。踊りたくなりました!
Posted by rubicone at 2005年11月06日 00:28
TBありがとうございます!
この夏はまさにダンシング・ハバナで萌えました。
キューバ、キューバと叫んでおりました。
この音楽がもう火をつけますよね。
サントラから先に、なんておしゃれ!
ディエゴの未公開作品「クリミナル」をDVDで観ました。
くぁわい〜い。
訛りのある英語が最高です。
またお邪魔しまーす。
Posted by peridot at 2005年11月06日 01:10
■マダムSさま。

コメントありがとうございます!
HPまで見ていただいたようで嬉しいです♪
最近あっちはサボリがちなんですけど(笑)
そうなんです、ガエル君は「アモーレス」のチラシを見た瞬間に惚れまして、以来
ずーっとあの笑顔に夢中です。
今回のディエゴ君もよかったですよね♪
日本人のラテン…竹中さんしか出てこない
ですよね(苦笑)とほほ。
Posted by minori at 2005年11月06日 11:07
■哀生龍さま

そうですよね!あの笑顔はとっても
自然な笑顔で素敵でした〜。
公園で踊っているシーンもよかった
んですけどねぇ。

そ、日本人じゃイヤです。
なんでしょうね、日本人にあの空気は
ビミョウです。盆踊りレベルですからね…。

TBありがとうございましたー。
また遊びに伺います!
Posted by minori at 2005年11月06日 11:14
■かえるさん。

やっぱり「ナンベー」ですね。
南米、アツいです。
いきたいぞーーーー。
旅なれたかえるさんにくっついて
行きたいです(笑)
そっか、前のやつってそんな感じでしたか。
やっぱりディエゴの笑顔のがよさそうです。
あの先生は濃かったぞー。
Posted by minori at 2005年11月06日 11:21
■rubiconeさま

コメントありがとうございますっ。
そうですか、やっぱり夏にごらんに
なったのですねぇ。羨ましい。
こんな時期にしか上映しない田舎な
映画館が恨めしいですよ(笑)
ホント、でも冬でも踊りたくなりましたよ〜。

Posted by minori at 2005年11月06日 11:23
■peridotさま。

コメントありがとうですー!
そうそう「キューバ!」って
叫びたくなりますよね。
(キューバっていうよりクーバ、かな)
サントラはたまたまレンタルで
発見したのですぐに借りちゃいました。
サントラがよかったのでもう絶対映画が
見たくなっちゃってようやく見れた
次第です(笑)
「クリミナル」未見です。是非みたいわっ!チェックしなきゃ。

そうそう、余談ですがperidotさんの
ブログはストライプスですね〜。私の
もう一個のブログ
http://minoriblog.jugem.jp/
もそれを使ってるのですが最近サボり
がちなことを思い出しました(笑)
他の方のストライプス見るのは実は初めて
で興味深く拝見させていただきました♪
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by minori at 2005年11月06日 11:27
TBありがとうございました。

夏に観ないで、いつ観るの?って映画ですよね。確かに。
ラテンミュージックが効果的でした。

日本じゃ、イヤ!

これには笑いました。 
Posted by kazuki-kt at 2005年11月06日 21:22
■kazuki-ktさま。

コメントありがとうございますー。
そうですよねぇ。やっぱり
冬に見るのは微妙ですね。
でもココロはいつも常夏、な気分
なので充分ラテンを満喫しましたー。

日本じゃイヤですよ(笑)
ホント、プルプルしたおじいさんとか
本やビデオを持ってる姿を見ると
どうかなーと思います(笑)
Posted by minori at 2005年11月06日 22:31
TBどうもありがとうございます。

>日本じゃ、イヤ!

確かにラテンフィーリングに欠ける
人が多いですよね。
日本人だから無くて当たり前ですが・・・
日本男子とラティーノでは全然キャラが
違いますもんね。いい意味でも悪い意味でも。

でも実際にサルサをやってるとあんまり
気にならなくなりますよ。
踊ること自体が楽しいからだと思います。
あ、でも踊る相手によって、さらにもっと
楽しくなったりするので、相手は大事ですが・・・
ラテンのリズムがお好きならダンスは是非オススメです。

Posted by soon at 2005年11月07日 16:29
■soonさま。

コメントありがとうございます♪
実際にサルサ!
女性とかやってるのを見ると
カッコいいなぁと思います。
前に踊っているのを見たことが
ありますが、相手が酷かったもんで
女性はカッコよかったのに、
なんて切ない世界なんだろう、と
思った記憶が。
(この男たちのせいで私の印象が
悪いなんて切ない、という気持ちも)
私も相手がガエルならやりますが
やはりこの地でやりたくない、という
のが正直なところでしょうか(苦笑)
ってその前に踊れない…絶対!
Posted by minori at 2005年11月07日 22:45
こんにちわ、minoriさん。
先日はトラバ&コメントありがとうございましたv
お邪魔するのが遅くなって申し訳ない<( ̄□ ̄;)>
こちらのブログにお邪魔して再認識しましたが、
この映画って人気高いんですねえ。
ディエゴくんの素晴らしいダンスを見ながら、
「ダンスの上手い子をキャスティングしたんだろうなー」
と思っていたのですが。
8時間の練習ですか( ̄Д ̄;)。
役者魂を感じました。。。
ほんと可愛らしいカップルでしたよねv
それに私も映画を見た後、歴史、特に外国のことを
勉強しておけばよかったなーと悔やみますー。
結局しなくて、何度も同じことの繰り返しなんですけど。
トラバさせていただきましたー。
Posted by スズモモ at 2005年11月09日 16:25
■スズモモさま。

こんばんわー。わざわざ遊びにきて
いただいて感謝ですー。
この映画に関しては私もみんなも
コメントをいれたくなる、っていう
感じな映画みたいですね。
そうそう、ディエゴ君は頑張った
みたいですよね。そして
かわいらしいカップルでした!
そそ、歴史ね。毎度そう思っては
挫折するんですよねぇ(笑)
わかります。ホント。
Posted by minori at 2005年11月09日 20:05
先日は、TB返し&コメントありがとうございました。今更なんですがこの映画のTBさせて頂きますーw
やっぱり髭なしディエゴがいいなと思った今日この頃です(笑)
これ見てから、ラテン系の音楽が妙に好きになってしまいました。。
踊りたくなります。私にもラテンの血が…(流れてないから)
それにしても、minoriさんのサイトの方拝見させて頂いたのですが素晴らしいですね!
ガエル素敵ですよねぇーw
また遊びに来させていただきます。

Posted by ハッチ at 2006年05月11日 01:09
■ハッチさま。

こんにちわ!!
コメント&TBありがとうございます!
古い記事でもガンガンTBお待ちしておりますよー。
いやー、たまたま今流れている音楽がこの映画の
サントラだったんですー。なんてタイミングー。
私も以前からラテンミュージック大好きで、
(映画はイマイチですが『キューバ・フェリス』
なんかのサントラはサイコウ!)
このアルバムもかなりお気に入りなんです♪
私にもラテンの血…ないですね。ぐうたらな
感じは似てますが(苦笑)

サイト、遊びにきていただいてうれしいですー。
最近サボってますが(苦笑)
ガエルはええですよねぇ。うっとりです。
ぜひまた遊びにきてくださいね。
Posted by minori at 2006年05月11日 14:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダンシング・ハバナ
Excerpt: 2004年 アメリカ 監督:ガイ・ファーランド 出演:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ、セラ・ウォード、パトリック・スウェイジ 公式サイト&amp;#63824; 若くて可愛い子達が何かに一生懸..
Weblog: Brilliant Days 
Tracked: 2005-11-05 20:20

ダンシング・ハバナ
Excerpt: 本日(7/9)初日! 1958年独裁的バティスタ政権が揺らいでいたキューバに、エリート社員の父の仕事の関係で高校3年生のケイティ(ロモーラ・ガライ)は、両親と妹と共に引っ越して来た。 秀才のケイティ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2005-11-05 20:22

『ダンシング・ハバナ』
Excerpt: ゴキゲンなラテン・ミュージックと情熱のダンスににココロ踊る。 キューバの恋と青春を高揚感いっぱいに堪能。 ディエゴ・ルナくんに惹かれる気持ちがよーくわかる。 1958年。18歳のケイティは、..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-11-06 00:03

ダンシング・ハバナ
Excerpt:                       <私を解き放つ、灼熱のリズム 1958年、キューバ。一人の青年との出会いが私を変えた>ダンシング・ハバナ ガイ・ファーランド監督 2004年、アメリカ(..
Weblog: Casa de lapiz:鉛筆庵
Tracked: 2005-11-06 00:29

ダンシング・ハバナ
Excerpt: 2回も観てしまいました。もう病みつきかも。 キューバに行きたくなってきた〜。 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のサントラを聴きまくる。
Weblog: シネマクロニクル
Tracked: 2005-11-06 01:00

ダンシング・ハバナ
Excerpt: ダンシング・ハバナ  2005/アメリカ  ★★★★ 監督 ガイ・ファーランド 出演 ロモーラ・ガライ / ディエゴ・ルナ / セラ・フォード ■あらすじ■  フォード社に勤める父..
Weblog: Cinema-Absolutism
Tracked: 2005-11-06 01:56

【映画】 ダンシング・ハバナ ★★
Excerpt: ストーリー: 1958年、父の転勤でキューバのハバナに移ってきた18歳のケイティは、 情熱的なリズムに合わせて街中で楽しげに踊る地元の人々の様子に心を奪われる。その中には、 彼女が優雅に暮らす高級ホテ..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-11-06 21:23

ダンシング・ハバナ
Excerpt: 「ダンシング・ハバナ」(Dirty Dancing : Havana Nights 2004) スター・チャンネルでたまに見るディエゴの出る映画といえば 「フリーダ」とか、「ワイルド..
Weblog: 月下独想
Tracked: 2005-11-07 16:16

ノリノリvセクシーv
Excerpt:    (昨日からのつづき) さて、映画「ダンシング・ハバナ」はというと。。。 ヒロインは父の転勤でアメリカからキューバへ家族でやってきた優等生のカタブツ少女。 しかし両親がかつてダンサーで、..
Weblog: 図書館員な女
Tracked: 2005-11-09 12:21

DVD「ダンシング・ハバナ」
Excerpt: 1987年の「ダーティ・ダンシング」のリメイクと思いきや、原題は「Dirty Dancing2」ちゃんとした続編だったんですねぇ。「ダーティ・ダンシング」は、超大好きな映画で今までの私の映画人生の中で..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-25 22:40

ダンシング・ハバナ
Excerpt: かっ、可愛いっ!! ディエゴ・ルナ、可愛いすぎ〜っ!! 彼を初めて観たのは、あの・・・ 青春エロ映画『天国の口、終わりの楽園。』 タイトルがすごく素敵だし、 メキシコの美しい海に..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2005-12-26 01:00

ダンシング・ハバナ
Excerpt: ダンシング・ハバナ 公式サイト STORY 父親の赴任で魅惑的な常夏のキューバへやってきた18歳のアメリカン・ガール、ケイティ(ロモーラ・ガライ)。 そこで出会ったのは..
Weblog: Polka dot movie
Tracked: 2006-05-11 01:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。