2005年10月11日

『ライフ・イズ・ミラクル』 ロバミラクル!

ラストのミラクル、見事でした。

056lifeis2.JPG

戦争や紛争、そんな中にも暮らしはあって、
やっぱり世の中悲しみを生むものはいらないと痛感。
人は強くもあって弱くもある。戦争の中に光が見えたのは
そこに愛があるから。この映画の惹き付けるところはそこにある。

音楽もまた、人のココロに希望を与える。
彼のUNZAミュージックは相変わらず楽しくて、
口ずさみたくなってしまう。
クマ狩りの日にも音楽があって、捕虜を迎える日にも温かい
音楽がある。

戦地へ行かなきゃいけないそんな日の前日のパーティ、
「黒猫・白猫」ではもっと楽しいパーティだったのに
このパーティは物悲しい。サッカー選手になるために
旅立つのとは大違い。祭りのあとの虚しさが哀しかった。
バスに乗る息子を追いかけた犬と父親も悲しい。
犬の愛に胸が詰まりました(我が愛犬は追いかけてくれまい)
こういう哀しさって世の中には必要ないはずなのに。
それでもミラクルはきっと潜んでいる訳なんだ、と
希望を持つことを教えられた気がします。

ラストの守護天使。
人間、ちゃんとやってたら誰かが見ていてくれるよね。
希望をもらえた気がします。
------------------------------------------------------------

さて、それにしても予告編における映画の大まかなストーリーが
始まるのがなんと中盤から。
二時間半以上あっただけに長い…。
真ん中くらいまでみて、
「ああ、そういや息子が捕虜になって交換するけど…」
みたいな話だったよね−、と思い出した。
まあでもなんだか訳わかんなかったけどよかったね−、
っていう「黒猫・白猫」よりはストーリーもキャラクターも
しっかりしてたかな−、と思いました。少なくとも訳わか
んないってことはなかったしね(苦笑)

ミロシュがオトコマエで気に入りました。
そして愛すべきあの動物たち。
勿論大きな役割を果たす守護天使ちゃん、ロバを筆頭に
犬も(かわいすぎるー)猫も(黒と白が入ってる猫は
黒猫白猫mixちゃん、わざとかな)、馬も、鳥たちも
そしてクマもね(笑)かわいかったわー。

この映画のチラシ(上部に載せてる)は素敵。
今年のベストに入りそうなチラシです。勿論映画も。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 21:01| Comment(6) | TrackBack(9) | 映画「や・ら・わ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いい作品だったですね、仰る通り途中までは話が錯綜する相変わらずのノリですがw。
クストリッツァ作品を最初に観たのは「アンダーグラウンド」でしたが映画観が変わる位に衝撃的だったです。
TBさせて頂きました、また伺います。
Posted by lin at 2005年10月12日 08:39
■linさま。

コメントありがとうございますー。
そうそう、途中まではいつもの
ノリでしたね(笑)
私は実は「アンダーグラウンド」みて
いないんです。今度探して見て見ます!
私もまた遊びにいきますね〜。
Posted by minori at 2005年10月12日 11:09
TB,コメントありがとうございました。
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
ロバの役どころは中々のものでしたね^^
パワフルで圧倒される感じが好きです☆
こちらこそ、宜しくお願いします。
Posted by loth at 2005年11月01日 00:53
■lothさま

こんばんわ。わざわざコメント、
どうもありがとうございました!
ロバの役はナイスでしたよねえ。
哀しいはずのお話しがあんなふうに
出来上がるなんて見事ですよね。

ではではまた遊びにお伺いしまーす!
Posted by minori at 2005年11月02日 22:48
こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございました!
ロバが失恋して泣くなんて!しかも自殺願望まで!
悲しいはずなのに、なんて微笑ましいシーン!
ベッドが空を飛んでいく夢のシーンも素敵でした。
「タララララ〜ン♪」のあの独特の音楽が、
今も耳に残っています。
まさに★ミラクル★な映画でした!!
Posted by 伽羅 at 2006年04月08日 00:06
■伽羅さま。

こんばんわ。また遊びにきてもらって
嬉しいですー。
自殺願望があるロバ、っていう設定が
いいですよね(苦笑)
微笑ましいけど可愛そう。
ホントMIRACLE!って感じの映画でしたねー。
こんなベタなタイトルもアリかなって感じで。
Posted by minori at 2006年04月10日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ライフ・イズ・ミラクル』
Excerpt: これぞ映画の醍醐味。圧倒的な映画力。 ミラクルな至福感に包まれる。 エミール・クストリッツァは五本の指に入るお気に入り監督。 彼の作品には私が映画に求めている多くのものが溢れていた。 その..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-10-12 00:19

「ライフ・イズ・ミラクル」
Excerpt: 「ライフ・イズ・ミラクル」 ★★★☆ LIFE IS A
Weblog: NUMB
Tracked: 2005-10-12 08:34

ライフ・イズ・ミラクル:分離された日常・戦争
Excerpt: ★監督:エミール・クストリッツァ(2004年 フランス、セルビア・モンテネグロ作品) 京都シネマにて鑑賞。 クストリッツァ作品をシアターで観るのは、「アンダーグラウンド」「黒猫・白猫」に続..
Weblog: 朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」
Tracked: 2005-10-23 01:05

ライフ・イズ・ミラクル
Excerpt: Zibot Je Cude/Life is a miracle/LA VIE EST UN MIRACLE! 2004年 フランス セルビア モンテネグロ 154分    監督 : エミール・..
Weblog: I LOVE CINEMA +
Tracked: 2005-10-30 23:27

ライフ・イズ・ミラクル
Excerpt: 評価:8点/10点満点 1992年のボスニア。主人公のルカはセルビアとの国境に近いのどかな村に暮らす善良な鉄道技師。「戦争が始まるなんて、テレビが勝手に騒いでることさ。」と、ノンキに村の楽隊の練..
Weblog: 映画をささえに生きる
Tracked: 2005-11-30 22:41

『ライフ・イズ・ミラクル』’04仏・セルビア・モンテネグロ
Excerpt: 毎月1日は大阪府下の映画館では、映画サービスデーということで梅田スカイビル4Fにある梅田ガーデンシネマで、映画を観て来ました。いわゆるミニシアターです。『皇帝ペンギン』も観たかったが、時間的にこちらと..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-02-23 00:40

ライフ・イズ・ミラクル
Excerpt: 『アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞、 『黒猫・白猫』(大好き♪)でヴェネチア国際映画祭の 最優秀監督賞を受賞した、 巨匠エミール・クストリッツァ監督による、 生きること..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-04-08 00:07

ライフ・イズ・ミラクル/エミール・クストリッツァ
Excerpt: 物悲しい音楽が耳に残ります。鉄道とロバが何度も繰り返され、印象に残りました。 鉄道技師のルカ(スラブコ・スティマチ)は、ボスニア紛争で息子を軍にとられ、さらに妻も別の男と出て行ってしまいます。さ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-16 15:21

【DVD】ライフ イズ ミラクル
Excerpt: ユーゴスラヴィアの崩壊の影で、ボスニアの片田舎に住む、セルヴィア人の鉄道技師のルカが、全く戦争を感じていなかったにもかかわらず、息子
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-09-22 23:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。