2005年09月26日

『ルパン』 ジャンをルパンに。

昨日、原作を読み返しておいたルパン。調子がよかったら今日見に行こう、
と思ってたんだけど、もうこれを読んじゃったらみたくて仕方がない。
というわけで友人を誘い早速見に行きました。

んんんんんんー??

となった原因は一つ。

ルパンがビミョウ。

私がルパンが好きだ、というのは昨日の『カリオストロ伯爵夫人』の
レビュー(こちら)をみていただければおわかりになるでしょうが、
ルパンのイメージってのは小さい頃からそれはもう大事に暖めていた
訳なんです。そういう意味でポプラ社のイラストのイメージで定着してた
感じはするんですよね。あれはなかなか素敵なおじ様でしたから。

それが…なんかビミョウ。

笑顔が…下品

そう、下品なんだよなぁ。ロマン君、いい俳優だとは思うけど
オトコマエだとはどうしても思えない。まず背かな。
最初のシーンでルパン君はキレイなウェイトレスを助けるんだけど
相手を見上げてたもんなぁ。なんかそれみて「だいじょぶかね」と
思ったのが始まりでした。

ルパンって結構フランス人っぽくない感じがするんですよね。
割と明るいっていうか。ピンチになるとむちゃくちゃしゃべりますからね。
(これは原作でも)だからそういうところはよかったかもしれないんだけど
ちょっと…なぁ。
そしてそうそう、ラストシーンに出てきたジャンはなんと
私のお気に入りのオレリアンじゃないですか!
(moviestのコーナーはこちら
見た瞬間、「こっちのがいいじゃん!」と思いました。
そういや出るって言ってたもんなぁ(moviestにも書いてました)
忘れてたよ。
つーか、ルパン役はホント、彼にしてほしかったよ。残念。
黒髪じゃないけどね。(ホントはクラリスって金髪なんですよね)

さて。キャストのことはもういいや。
それが難点ではあったものの、ストーリーは面白かったです!
原作とは違う点に不満はあったものの、エンターテイメントとして
とても楽しめました。ベル・エポックのパリがまたなんとも言えずよかったです。
時代物好きとしてはたまらなかったです。

で、原作と違うところは大体こんな感じ
*父はアメリカで獄中死を遂げている
*ボーマニャンは完全な悪党として描かれている
*クラリスは従姉妹じゃないし幼馴染でもない
*幼い頃王妃の首飾りを盗んだ理由が違う
*あくまで初期は「ラウール・ダンドレジー」(字幕の
 関係か短くなってた)を名乗ってた

というのが大きな点。あとは細かいことが全然違ってたりしています。
この「カリオストロ伯爵夫人」をベースに「813の謎」と「奇巌城」
が混ざっていたらしいです。確かにあの場所は「奇巖城」でしたね。
あの場所って、実際あるんですってー。
そりゃ言ってみたいわ。奇巌城と言いつつもフランス語だと
確か空洞の針って意味じゃなかったでしたっけね。
以前フランスに行ったときに旅のお供にこの本を連れってた記憶が。

奇巌城

手口が鮮やか〜〜、って思えるのは原作の方かも。
特にラスト。こっちは違う意味で「あっ!」と思ったラストでした。
続きをやるなら最後までやらなければよかったのにぃぃ、と
思いました。でも続きはありそうですね。

という感じにベースはカリオストロ伯爵夫人だけどこちゃこちゃと
他の要素も入れててそれはなかなか面白かったデス。
それから変装。これは実際映像でみると楽しいですよね。
インドっぽいのは無理あって笑えたけど。
ロマン・デュリスコスプレショーみたいでした(笑)

そうそう、話題にもなってたカルティエのアクセサリーも凄かったですねえ。
現代、ああいうのって需要があるんでしょうか?誰がつけるの?
凄いけど絶対縁ないわね(当たり前だ)
ああいうのをサラリサラリと盗めたら凄いなぁ(いや、なんか違う)
私も欲しいぞー。キレイだなーと思ったのはカジノっぽいところでの
黒皮の手袋の上につけてたブレスレット。ルビーのヤツです。

衣装もよかったですがルパンのイマドキっぽい服みてちょっと
驚きました。ああいうのもあるんですね。
それにしても昨日読んだ本のイメージを映像化してもらうってのは
なかなか面白い経験でした。そういう意味でとっても楽しめました。
作品としては好きです。うん。
あ、そうそう、音楽はM、でしたね。私一昨日友人から
「ベルヴィル・ランデヴー」のサントラ借りたんですが同じ人でした。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★☆☆☆ だってルパンがイケてない。
posted by minori at 20:07| Comment(6) | TrackBack(13) | 映画「や・ら・わ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。 m(_ _)m
いいブログですね。^^
参考にさせてください。^^

僕も最近ブログを作りました。
500アクセスプレゼントという事も行っているので、
よかったら遊びに来てください。
http://blog.tanteifile.com/rhymester/
Posted by 餓鬼 at 2005年09月27日 07:45
こんばんわ。餓鬼さま。
書き込みありがとうございますー。

ブログ、遊びにいきますね♪
拙いブログですがこちらにも
また遊びにきてくださいね。
Posted by minori at 2005年09月27日 22:08
ルパンが男前だとは知らなかったー。
きゃーユルしてー。デュリスいいじゃないー。
二世は『女はみんな生きている』のバカ息子だったのか。
全然気づかなかった。
確かに彼はすごくカッコよかったよねー。
まだちょっと大作の主役格俳優ではないのだろうね。
フランス映画祭での某監督のコメントによると、意外とメジャー格の俳優は大勢はいないらしい。
おかげでデュリス作品目白おしー。
オレリアンくんはハンサムすぎるので役が限られてしまうかもしれないが、じゃんじゃん出てきてほしいですねー。
Posted by かえる at 2005年10月10日 20:56
こんちわー、かえるさん。
そーなんですよ、ルパンはオトコマエ
です。確かに若い頃の設定だから
(今回の映画は)あのくらいでOK
なんですがいかんせんちょっと顔が…。
ジャンはカッコよかったですよ。
オレリアン君、まだ若いから主役は
さすがにもらえないんでしょうねぇ。
確かにフランスオトコマエってわりと
いないのかも。あとは誰だ?
や、もうヴァンサン君しか思い出せ
ません(苦笑)
デュリスさんはホント最近目白押しです
よねー。やっぱりわたしはあの
タイムスリップするやつ(タイトル忘れた)
が好きだったりするんですけど。
Posted by minori at 2005年10月12日 11:06
こんばんは。
今回は映画の方にTB有り難うございました。

この[ルパン]を観た時に、昔原作を読んだ時の印象が強く「ルパンはもっとかっこいいイメージだったのに」とか思っていたのですが、minoriさんのレビューを読んで納得した感じでした。
それと、ストーリーにまとまりが感じられなかったのも色々なものを混ぜ合わせていたからだったのですね。
記憶があやふやになっているみたいだから、原作をもう一度読み返さなくてはという気にさせられましたよ(苦笑)。
Posted by aira at 2005年10月15日 20:00
■airaさま

こんばんわ、airaさん♪
TB、そしてコメントまで有難うございます〜。

そうなんですよ、ルパンはカッコいい
んですよー。ちょっとロマン君じゃ…。
そして色んなのが混じってるのは今私
原作を7冊くらい読み返したところ、
ホント色んなの混じってますよ。
だから監督さんはかなり原作読んでるはず。(ロマンは読んでなかったらしい)

原作、大人向けも読みやすいので是非
読んでみて!結構懐かしいです(笑)
Posted by minori at 2005年10月15日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ルパン(評価:△)
Excerpt: 【監督】ジャン=ポール・サロメ 【出演】ロマン・デュリス/クリスティン=スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー/エヴァ・グリーン 【公開日】2005/9.17 【製作】フラン
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2005-09-26 20:28

ルパン
Excerpt:  あ、『ルーブルの怪人』の監督だったのか・・・納得。  日本ではモンキー・パンチによる「ルパン三世」の方が圧倒的に知名度が高い。フランス人は当然のことながら、「ルパン三世」を知らない。そして、主人公..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-09-26 20:34

「ルパン」
Excerpt: イイノホール「ルパン」試写会。 ジャン=ポール・サロメ監督、フランス映画。 主演がフランスで「ロバート・デニーロの再来」と言われる天才俳優、若手ナンバーワン(らしい)ロマン・デュリス。 「スパニッシ..
Weblog: 試写会帰りに
Tracked: 2005-09-27 00:15

「ルパン」を観ました。
Excerpt: この映画は、モーリス・ルブラン原作の「ルパン・シリーズ」生誕100周年を記念して製作されたフランス映画です。若きルパンが、謎を秘めた妖しげな魅力を持つカリオストロ伯爵夫人を助けたことから、莫大なフラン..
Weblog: GoodNews
Tracked: 2005-09-27 11:01

「ルパン」@東京厚生年金会館
Excerpt: ルパン三世のおじいちゃんってどんな人?カルティエ全面協力って?と興味津々でこの映画鑑賞決定!!!早速会場で勝又さんに「ルパン三世のおじいちゃんてさぁ…」って話しかけたら、そういう観点から本日の「ルパン..
Weblog: 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
Tracked: 2005-09-27 23:40

ルパン (Arsene Lipin)
Excerpt: 俺の名は、ルパ〜ン三世! かの怪盗アルセーヌ・ルパンの孫だ。 世界中の警察が、俺に血眼。 とっころが、これが捕まらないんだなぁ。 ま、自分で言うのもなんだけど、狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-09-30 02:06

ルパン 評価額・400円
Excerpt: ●ルパンを鑑賞。 盗人の父と高貴な母をもち、城館で財宝に囲まれて育ったルパン少年
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-10-02 00:55

ルパン(映画館)
Excerpt: わたしが狙うのは最高の宝石と最高の女 CAST:ロマン・デュリス/クリスティン=スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー 他 ルパンに特に思い入れがないワタシはそんな楽しめなかったデス・・・。 だ..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-10-10 14:42

『ルパン』
Excerpt: いいじゃない、ロマン・デュリスのお茶目なルパン! エンタメですから、こんなもんでしょ。軽く楽しめた。 十字架の謎を解き、王家の財宝を探そうー。 モーリス・ルブランが1905年に生み出した大怪..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-10-10 20:50

ルパン
Excerpt: 映画「ルパン」を見に行って参りました。 おもしろかったでございますよ! フランス語の映画を観たの久々??。 フランスが舞台でも、割と英語で堂々とつくっちゃう傾向がありますからねえ..
Weblog: 王様の耳はロバのママ
Tracked: 2005-10-12 14:10

ルパン
Excerpt: アルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は幼い頃に父テオフラストが泥棒であることを
Weblog: 人魚の涙
Tracked: 2005-10-15 17:43

『ルパン』
Excerpt: 「ルパン」「クラリス」「カリオストロ伯爵」という単語を聞くと、無条件で宮崎監督の某傑作劇場アニメを連想してしまう僕ですが、皆さんはいかがですか?というワケで、本日は現在公開中の本家フランス映画『ルパン..
Weblog: ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
Tracked: 2005-10-22 17:06

ルパン
Excerpt: アルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は幼い頃に父テオフラストが泥棒であることを
Weblog: 人魚の涙
Tracked: 2006-04-26 09:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。