2005年09月21日

『大いなる休暇』 みんなでクリケット。

いいわ、この映画。ほのぼのと心がとっても温かくなりましたー。
ちょっと寒そうだけど温かい町もいい。
前評判がとってもよくてこちらにも遊びにきていただいている
かえるさんにもオススメしてもらっていたので、ホントは
映画禁止令が出ているのに(昨日付けの日記参照)
こっそり見に行ったかいがあったなぁ。

いやー、これヒューマンドラマなんだろうけど上質のコメディでも
あるよね。笑えたもん。村の人々の素朴さ、純朴なんだけど
都会の(少なくともココよりは都会)常識からはズレちゃってる
その感覚にも笑えました。
「あるわけねぇだろ、いくら田舎でも」とクリストファー君に
突っ込みたくなるときもありましたがこういうのもアリでしょう。

クリケット大作戦はかなり大笑いさせていただきました。
イヴァン、頭悪そうに見えるけどあの時の機転には恐れ入りました。
ワーワー喜んでる姿、サイコウです。一緒に「ワーー!」って
やりたいくらいでした(笑)
医者を誘致させるためにゃあ好きなものを探れ、最初に
トークをしてクリケット好きを見破った警官レアルにも感謝!
だわね。
それから盗聴作戦。「人としてどうよ」って感じだけど何となく
許せるのは何故だろう(笑)おばちゃん二人がかわいかったです。
とにかく色んなシーンで笑えるんだけど村人移動作戦もよかった。
いいなぁ。こんな一体になって何かできる町(笑)

嘘というのは時には必要なときもある。
だけどやっぱりほころぶ日はやってくる。傷ついた彼に
みんなの嘘は痛かったけど、それでも町長ジェルマンの
率直で、くどくどしていない謝罪と言い訳はすっきりしてて
好感がもてたよね。最後には「嘘」のない正直な気持ちも
伝えたし(ハハハ、やっぱイヤだよね。クリケット)
最初は「口の臭そうなオヤジだなぁ」とか「一癖も二癖もあって
とっつきにくそうだなぁ」と思ってたジェルマンの株が一気に
上昇しましたわ(笑)
ジェルマンとイヴァン、そしてアンリのコンビネーションもグウ。
つーか人んちに夜中…あはは、いいね、のんびりしてて。

町の配色とかもとってもきれいで一度行ってみたいなぁとまで
思っちゃいました。そして音楽もよかったなぁ。
映画の空気っていうか全てにおいて漂っている雰囲気に
惚れました。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★★ 隠れた秀作!
posted by minori at 17:54| Comment(5) | TrackBack(12) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画禁止令の中、ご覧いただけて何よりー。
ホントに素晴しい大作戦の数々だったよね。
体調悪いの?お大事にー。
Posted by かえる at 2005年09月22日 01:09
かえるさん、こんちわー。
やー、よかったですよ、これ。
かなり気に入りました。
人数割増作戦とかね、ホント
ナイスです(笑)
そうなのちょっと眩暈がー。
でもでも大丈夫です。お気遣い
ありがとうございます!
Posted by minori at 2005年09月22日 16:02
minoriたちが、ネットで臭そうな田舎とかをワーーしたい?


Posted by BlogPetのガエル at 2005年09月24日 20:36
本当にホノボノと温かくなる作品でした。
「マシンって何?」って聞いてる盗聴しているオバサマ2人も微笑ましかったです(笑)
TBさせていただきました。
Posted by るるる@fab at 2005年11月29日 20:09
■るるる@fabさま。

こんばんわー。コメント&TB
ありがとうございますー。
ホノボノでしたよね、これ。
オバサンの盗聴係、ナイスでした(笑)
こちらからもTBさせていただきますねー。
Posted by minori at 2005年11月30日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大いなる休暇
Excerpt: 本日2本目は「大いなる休暇」です。   「失業者があふれる島に、医師の定住を条件とした工業誘致の話が舞い込む。しかしこの島には医師がいない。そんなところへ若き医師が休暇に訪れることに。そ..
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-09-21 19:37

『大いなる休暇』
Excerpt: のどかな島でウェルカム、ドクター大作戦! カナダ、ケベック州のサントマリ・ラモデルヌ島。人口125人。 漁業が衰退し、現在は島民の多くが失業手当で生活をしていた。 そんな時、島にプラスチック..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-09-22 01:02

可笑しくて、幸せな気持ちになれる嘘◆『大いなる休暇』
Excerpt: 8月2日(火) 名演小劇場にて かつては漁業で栄えていたカナダの小さな島。しかし、いつの間にかその産業も衰え、島民たちはわずかな失業手当で生活をしていた。そんな島に、プラスティック工場誘致の話が持..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-09-23 09:27

大いなる休暇
Excerpt: カナダの人口125人の小さな無医村の島で医者を定住させようと島民が一致団結し あの手この手で医者騙す様に思わず声を出して笑ってしまった。 劇場がドタバタコメディとかの笑いとは違い暖かい笑いに包まれ..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2005-09-23 15:58

大いなる休暇
Excerpt:  島民100人の大移動!人数が多いと笑えますね。  島民は合計125人なのですよ。しかもほとんどの人が生活保護を受けているという貧しいサントマリ島。工場誘致という話があれば、そりゃ必死になりますよね..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-24 17:59

「大いなる休暇」
Excerpt: 「大いなる休暇」を見ました。 カナダ・ケベック州のサントマリ・ラモデルヌ島は町民120名程度の実に実に小さな島。かつては漁業で栄え、貧しいながらも誇りを持って生きていた住民達は幸せだった。が..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2005-11-29 20:10

大いなる休暇 評価額・1500円
Excerpt: ●大なる休暇を静岡シネギャラリーにて鑑賞。 カナダ・ケベック州の小さな島、サント
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-12-05 13:20

大いなる休暇
Excerpt: 春に予告編を見てとても気になっていたこのカナダ映画。カナダ映画って「みなさん、さようなら」とか面白い映画が意外とあったりする。役者もカナダ出身の人って意外といたりするし。ジム・キャリーとか マイケル・..
Weblog: cinema capsule
Tracked: 2006-01-04 20:07

大いなる休暇/ジャン・フランソワ・プリオ
Excerpt: 「大いなる休暇」は、過疎化する島の切実さを、笑いと涙で描いたコメディ作品です。島民たちの涙ぐましい努力に心を打たれました。 工場誘致の条件として、医者の定住が求められましたが、島には医者がいませ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-08 01:15

大いなる休暇
Excerpt: テレビでやってた紹介が面白そうだったのですが 映画館に行けず。 DVDで鑑賞。 カナダのケベック州の人口100人ちょっとの小さな島、 サントマリ・ラデルヌ島では、 漁業が廃れ、島民のほと..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-06-23 13:10

大いなる休暇
Excerpt: カナダ映画って不思議な立ち位置の映画産業国だと思う。 アメリカと隣合わせてるからアメリカ映画の方が優勢な 印象がある。でもイギリス連邦なんだけど、 フランス語が公用語の地方もあるし、不思議な国。..
Weblog: bibouroku
Tracked: 2007-07-13 22:58

『大いなる休暇』 LAGRANDESEDUCTION/SEDUCINGDOCTORLEWIS
Excerpt: 『大いなる休暇』カナダのケベック州の人口100人ちょっとの小さな島、サントマリ・ラデルヌ島では、漁業が廃れ、島民のほとんどが、生活保護に頼っている。島民たちは工場誘致を働きかけるも、医者のいない島は、..
Weblog: *モナミ*SMAP・映画・本
Tracked: 2009-03-20 21:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。