2007年12月02日

『BEOWULF』ベオウルフ

I, am, BEOWULF!
ヒーローってのは意外に人間臭いものなんだ。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

Beowulf Soundtrack
Beowulf Soundtrack


日本人にとって厳しい作品になりそうだな、という
感じがしました。まずそれが最初の感想。
おなじみ私のお気に入りのPodcast,Filmspottingの
新人Mattyも「トレイラーを見た時点ではあれ、本物の
人かと思った」と言ってたんだけど、確かにそう。
トレイラーでは普通っぽかったよな。んが、最初のシーンが
出てきて、何だか怪しい人たちが出てきて、「ん?」
となった訳。でもその時点で「それは100年前のこと」
みたいになるのかなーと思っててみてたけどどうも
そうでもない。まさかあれが最後まで続くとはね。

せっかく詩的な小説を書いてるニール・ゲイマン(
スターダスト)が今回スクリプトに関わっているみたい
なのに、ストーリーに関してはなんかそんなに印象が
残っていないかも…というかまぁヒーローと呼ばれる
人の葛藤やらなにやらを描いているわけだから
そんなにうすっぺらい感じはしないんだけど、
なんでこんなにあんまり中身がないのかなーと思うと
やっぱりそれは映像のせいなのかなー。

そもそも。レイ・ウィンストン。
私は同姓同名のもっと若い人かと思ってました。
だって!おじさんじゃん!デブじゃん!
決して主役を張る人じゃないじゃん!

というのが私の感想。だってイメージ的には
昔よくジュード・ロウと仕事してて割りといい
脇役の人だよね、っていう人。それがまさかCGによって
あんな風に生まれ変わるなんてね。本人も本望だよな。
若かったし筋肉ムキムキだったよ。

ああ、そうそう、笑っちゃうのが見えそうで
見えない序盤。もういかにも、っていう場所に
人の頭があったり物があったりと(笑)
なんで全部脱ぐのよ(笑)素手ゴロタイマンって
あんたヤクザか暴走族ですか、って話だよね。
でもホント全部脱ぐ必要はなし。CGってわかってる
んだったら私が俳優なら「じゃあ思いっきり作っちゃって
ください!」って言ってるかもしれないけど(とほほ)

それからドラゴンもレイなのね。Golden Manも。その
名前って…って感じだけど。

奥さん役のロビン・ライト・ペンは、歌うまいなーってのと
何だか表情に乏しくて嬉しいんだか哀しいんだか、
楽しいんだかさっぱりわからない感じでした。残念。

アンジーさんはすっごくキレイだったけど、
凄くビルドアップしたって感じでしたねぇ。
文字通り人のものとは思えないというかね。
でも形は本物なんだよね、やっぱり。
そう考えるとホント凄いスタイルですな。
沼から顔出たときは正直笑えましたけど。

無理にCGにする必要はなかったと思うんだよね。
でなかったらここまで酷く言わないと思うし。
それと、ベオウルフっていうとやっぱりFFタクティクスを
思い出してしまう私ですが、あの彼の恋人レーゼは
ドラゴン女だったな。関係あるのかな。

★☆☆☆☆ うーん。
posted by minori at 20:40| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
イマイチだったようですね〜
私は物語は結構好きでした♪
ちょっと単純ではありましたが、神話的なお話が好きなので萌えちゃいました(笑)
でも、映像がねぇ〜
どうしても最後まで馴染めませんでした。
せめて役者の顔の表情だけでも実写で観たかった気がします。
でも・・・そうすると・・・主役の方は・・・困りますね!(笑)
Posted by 由香 at 2008年01月02日 12:50
■由香さん。

おお、由香さんよかったですかー、これ!ってか悪くはないんですよ。雰囲気とかは好きなのに。だけどやっぱり実写でやってほしかったなーと。どうしてそうしちゃったかなーみたいな。映像が…って感じでした。そして私は最初から最後まであのおっさんの顔を想像してしまったのもいけなかった。想像しなきゃよかった。だったらカッコよかったのに…。
Posted by minori at 2008年01月02日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ベオウルフ 呪われし勇者
Excerpt:  『この誘惑が、世界をもてあそぶ。』  コチラの「ベオウルフ 呪われし勇者」は、英国文学最古の英雄叙事詩「ベオウルフ」をロバート・ゼメキス監督が、パフォーマンス・キャプチャーによって映画化した1..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-12-02 21:08

映画「ベオウルフ/呪われし勇者」
Excerpt: 原題:Beowulf いかにも本物っぽくないものがいっぱい登場してくる・・だけどいつのまにかすっかりそのデジタルシネマの、英国文学最古の英雄叙事詩の、世界に浸れる・・ ここは6世紀..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-12-26 01:01

ベオウルフ/呪われし勇者
Excerpt: 全編CG映像かぁ〜『ポーラ・エクスプレス』っぽいのかなぁ〜と、思いながら鑑賞へ―【story】507年、デンマーク。最高の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、フローズガール国王(アンソニー・ホプキ..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-01-02 10:07

ベオウルフ/呪われし勇者 観てきました
Excerpt:  今回はベオウルフ/呪われし勇者を観てきました。いつも行く映画館ではこの映画を上映しているシアターは広いだけで音響良くないし、椅子が狭いし・・・。でも自由席で広いので後ろに人が座る可能性はほとんどなく..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2008-01-11 03:08

【映画】ベオウルフ/呪われし勇者…何故アニメなんですかねぇ?
Excerpt: 先日、某レストランで「よろしかったら書いてください」と言われて渡された短冊に、ガンダムのイラスト付きで宇宙の平和{/hiyo_please/}を願っておいたピロEKです{/face_nika/} 因み..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-07-06 22:33

『ベオウルフ 呪われし勇者』'07・米
Excerpt: あらすじ6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-12-31 20:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。