2005年09月07日

『Be Cool』クゥルでいこう。

なぜだかわが町では上映館一館のみ。それも今日はサッカー
日本代表ホンジュラス戦が行われたちょっと不便な地域にある
劇場での上映。サッカーは夜だから私が見た時間は全然車も
混んでませんでした。

ビー・クール
エルモア・レナード 高見 浩
4094054677


いやいや、面白かったですよ。これ。
原作がちゃんとあるんですね。うん、結構込み入ってたからね。
そしてこれって「ゲット・ショーティ』の続編だそうで…
見てなかったのでこれからみたいと思います。
ロシアン・マフィアが絡む音楽業界、業界ではないけど
こういう風に込み入ったストーリーといえば
忘れてはならない
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』

ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ
ジェイソン・フレミング ガイ・リッチー デクスター・フレッチャー
B0000CD7P9



なんですけど、この映画がこの名作に届かなかった
のは映像かな。音楽はまぁよかったしストーリーも面白い。
巧く廻ったチリ・パーマーのキレ者ぶりをみるのは小気味よかった。
どこかマヌケな(というよりマヌケだ)悪役たちがナイス。
何しろハーヴィが上にいるから結構締まってる感じするし。
マヌケで憎めない敵役の一人、ラジを演じるのが
『ドッジボール』の(先日二回目を見たばかり)
ヴィンス・ヴォーン。いいよなぁ。タバコをやめたせい
らしいけど激太りしてるし(笑)でも最近はジェニファー・
アニンストンと付き合ってるらしいじゃん?

ともかくこのラジがいい。白人なのに黒人を気取ったしゃべり方
してるし、何をやってもなんだかマヌケなのが憎めなくてかわいい。
ラストのPVにも登場しちゃってるし。この役はハマり役じゃないですか。

ザ・ロックに関しては私、「こりゃまぁよくもまぁザ・ロックに
似てるやつ使ったよなー」と思ってました。本人じゃないですか…。
ってか痩せた?細かったよ。でも整った顔してますよね。彼。
彼の役エリオットもいいアジだしてましたねぇ。
あの試着のシーンは笑えたもん。

ウマ・サーマンはほんっとキレイね。足長いし!
ダンスのシーン、一瞬「…いらない」と思ったけど後で思えば
やっぱりあってよかったかな。

トラボルタ演じる主役のチリは、ラジの赤とは対照的に黒に統一。
クゥルに決めてました。いつもきになる彼の高音ですが
今回はそんなに気にならなかったかな。

クリスティーナ・ミリアンはマルチな人ですよねぇ。
だって本職の歌も凄いし、とってもキュートだし(ちょっとアムロさんに
似てる?)ところで最後のPVはいいんですかね。あれ。
セス・グリーンが出てたのがかなり嬉しかったけど
なんかPVとしては支持できないというか何と言うか。
音楽といえばあのスティーブン・タイラーまで出演してるから
驚いた。ってか彼は本人そのままな感じでしたね。
しゃべってるときは「…うわぁ…」って感じだけど歌うとやっぱり
凄いわ。うん。

そのほかだとダブとシンのチームも笑えてよかったデス。
子どもに手を振るシーンは笑えましたねぇ。
こういう茶目っ気のある映画ってクライム・ムーヴィには
中途半端かもしれないけど私はとても好きですね。

小気味よくまとまってて、ニコール・キッドマンやら
トム・ハンクスまで出演(?)しているなかなか
凝った作品だったと思います。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★☆ よくできてます。
posted by minori at 22:00| Comment(2) | TrackBack(13) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダブたちラッパー軍団がよかったっす。
皆でシンの娘ちゃんに手を振るシーンはおもしろかったよねー。
これ、本当はクライム・ムーヴィー?

Posted by かえる at 2005年09月16日 00:39
かえるさん。
やー。確かにあの手を振るシーンは
笑えましたよねー。小指も。
これはクライムムービーとコメディ
半々。でも私かなり好きですよ(笑)
Posted by minori at 2005年09月20日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室
Excerpt: 元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの..
Weblog: 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
Tracked: 2005-09-07 23:48

[映画]「Be Cool(ビー・クール)」レビュー
Excerpt: [映画]「Be Cool(ビー・クール)」についてのレビューをトラックバックで募
Weblog: レビュートラックバックセンター
Tracked: 2005-09-08 05:06

ビー・クール(Be Cool)
Excerpt: イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-09-08 22:24

★「Be Cool/ビー・クール」
Excerpt: ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。 友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。 前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。 あと、ひらりんお好みの..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-09-09 22:16

#32:ビー・クール
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーテ..
Weblog: *KAZZの呟き*
Tracked: 2005-09-15 15:53

ヴィンス・ヴォーンよ どこへ行く 「Be Cool/ビー・クール」
Excerpt: トラボルタ&ウマ・サーマンの共演再び!との謳い文句の この映画。ハッキリ言って、ぜんぜん観る気ありませんでした。 しかし、私の好きなザ・ロックが出ていることを知り、見なければ!!と 180度コロっと..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2005-09-15 22:36

「Be Cool」の試写会へ行ったのそ
Excerpt:  水曜日に、母と「Be Cool/ビー・クール」の試写会へ行ってきました。久しぶりの試写会!はりきって、いつもより早めの時間から並んでしまいました。会場はほぼいっぱいで、3対1位の割合で女性の方が多か..
Weblog: のそのつぼやき
Tracked: 2005-09-16 00:10

『Be Cool ビー・クール』
Excerpt: COOLだ!いや、HOTだ。 音楽とダンスと笑いにあふれたゴッキゲンなエンタメ。 豪華キャストに遊び心満点な演出、小ネタが楽しかったー。 ギャングもの部分より、音楽がいっぱいの業界ものとして満喫..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-09-16 00:34

タランティーノ監督ヘのオマージュか?《Be cool》
Excerpt: 待ちに待っていた『Be cool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2005-09-18 19:10

Be Cool/ビー・クール
Excerpt: 本日1本目は「Be Cool/ビー・クール」です。   鑑賞した日   : 9月3日土曜日 鑑賞した劇場 : イオンシネマワンダー   映画館の前には行列が。みんな「..
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-09-21 01:51

Be Cool
Excerpt: 名作、「ゲット・ショーティー」の続編。もちろん、主演は、トラボルタです。 ソード・フィッシュなどにも代表されるように恐らく、「COOL」な演技をさせたら、ハリウッド随一のカッコ良さを誇るトラボル..
Weblog: Mumble ★ 全力疾走KENのつぶやき
Tracked: 2006-03-10 17:00

Be Cool
Excerpt: story ジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが『Be Cool』で再びスクリーンに還って来る!  『ゲット・ショーティ』(1995)で活躍した、ギャングから映画プロデューサーに..
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-06-20 08:51

Be Cool
Excerpt: トラボルタはいつだってクールですっ[:ときめき:] ビー・クールジョン・トラボルタ エルモア・レナード F・ゲイリー・グレイ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-26売..
Weblog: ムーパラ控え室から・・・
Tracked: 2006-08-07 21:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。