2005年09月02日

『24 シーズンW vol.1 @ 』ついに…!

とうとう24シーズンW!はじまりましたー。
今日は朝の5時に起きて5分で家を出てレンタルにいきました。
すでに帰りっぽい人たちがレンタル袋を持ってるのを
あせりつつ見ながら店に入ります。

大量入荷って書いてあるだけに、

よかった、あった…(ホッ)

だけど

半数ないじゃん!

と改めて24パワーを思い知らされました。
ホント、韓流より24っすよ。
さてさて。後ほどサイトの方にこれをアップしますが
今回はこっちでとりあえずサクっと感想を書いちゃいます。

ネタバレになるので「続き」に書きます。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

< 7:00am - 8:00am >

今回は派手な列車爆破からのはじまりです。
奪われたカバンが今回大きな役割を果たす…のかな?
ともかくこのカバンをめぐってテロを画策する人々が
クローズアップされます。そして否応なしに関わっていく人々も。
まずは勿論、ジャック。
ジャックは現在国防総省長官の下でワシントンで働いています。
オードリーという総長の娘と付き合っちゃったりしています。
ケイトやクラウディアに比べて年取ってて、落ち着いた感じ。
でも相変わらずジャック。安穏な日々は許されない訳で。
意味深な告白もこれからの悲劇を思わせます。

オードリーもジャックと関わったら最後、絶対に
ただじゃすまないって訳ですね(笑)
そうそう、今回キムはでないの?チェイスと暮らしているらしい。
チェイス…警備員なんだ…なんていうか…頭使う仕事は
しないんだね…。

国防総省長官。最初パッケージの顔みたときに「何このオッサン」
と思ったらえらい人だったのね。
ちょっと乱れたあたり、ブッシュみたい。

エリン・ドリスコル。
コイツはジョージ、ライアンの後釜ないやなヤツだ。
自分の手を汚さないタイプね。頼りにならない。
まぁコイツがどうなるのかがお楽しみ。
ロニーってのがジャックの後釜。あの聞き込みの時に
気付かないあたり、ジャックよりレベル下。
そして懐かしいクロエ。今回は応援しちゃる。

アラスファミリー。
つーかやばいよこのファミリー。やっぱり宗教って怖いなと
思わせてくれました。

アンドリュー。
彼と弟のリチャードはなかなかいい男。これからが楽しみです。
(それだけかよ)

やー。それにしても久々ジャック。

あ、俺、やっちゃった、てへっ。

ってな苦笑をするシーンがあるんだけど私も苦笑。
やっぱりジャック(笑)
そしてラスト近くの相変わらずな行動には

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

って感じ。すいません。使ってみたかっただけです…。

やっぱり面白くなってくるぞーってな感じです。

posted by minori at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ「24」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。