2005年08月14日

『いかレスラー』 いかたこしゃこって…。

友人から借りたDVD。一昨日疲れているところ、見ようか悩んでいたら
友人umaちゃんに「疲れてるならさっさと寝たほうがいいよ。いかはやめて」
といわれその通りにした。で、今日見たんだけど確かにあのときこれを
見てたらきっと次の日辛かっただろう。

いかレスラー
いかレスラー


元々、『えびボクサー』にインスパイアされたんですよね?これ?
違うの?
ともかく、あの作品自体「笑いと感動」を狙ったためにビミョウだったのに
それの二番煎じじゃちと痛い(イギリス人、笑いなら笑いに徹すりゃよかった
んだよ。変に感動を狙うから…)。

とにかく見た瞬間、演技へタッ!歌へタッ!
みたいな感じでした。
それよりもまずなんだか気持ち悪いんだかかわいいんだか
わからない感じだし。どーなの?あれ?
イカになってるときはあくまで被り物じゃなくって
身体がいかになってるってことなの?
よくわからねぇ。わからねぇところがこの映画の
いいところだと思うんだが。

そして何より、女。
あんた…人としてサイアクじゃないか。かわいい顔しながら酷いこと
をする女だ。とほほすぎてなんといっていいやら、って感じ。
だってあの田口とちゃんと別れたわけじゃないじゃん?
あんなカンタンに捨てて…。

というか、最初に田口の視点で始めてしまったことが
まず間違いだったんだよね。最初からイカの視点でやりゃあよかった。
だからあの女はモトイカの女でもタコと付き合ってるんだ、
今はタコに夢中なんだ、と思ってしまうんですよ。
最初っからイカの視点でやりゃあ変にタコに思いいれも
残さないだろうに。

つーかそしてタコで終りだと思ってたら…しゃこですか。
もうなんて言っていいのやら。
そしてあの結末…ちょっと脱力した。
映画ってけなしたくないんだけどね。一生懸命作ってるんだし。
だけどもうちょっと演技が巧くないと学芸会になっちゃうよー。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

いか&えび
Excerpt: 『えびボクサー』は一昨年かなぁ。劇場に観に行った。すごくくだらなそうだったから。実際、後半入るころまで眠くてどうしようかと思ってたけど、最後のえびの動きで目が覚めました。あの動きには万人が唖然と..
Weblog: The Dope Show
Tracked: 2005-08-15 22:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。