2007年09月12日

TOP 5 vol.4 Sci-Fi Movies

今回はSci-Fi movies、所謂SFです。
これがもう何故かホントに悩みまして、一週間以上考えました。
というのもSci-Fiっていうのは、色々パターンがあって、
例えば

@いかにも未来、機械文明の発達した世界
A宇宙人やら宇宙が登場しちゃうホントに想像つかない未来
 シリアスヴァージョン
 コメディタッチヴァージョン
B超人類が活躍する世界
Cタイムトラベルを基調としたストーリー
D今現在、だけど何かがありえない現代

とパっと思いついてもこれだけある。
で、適当にサンプルを挙げてみると

@アイランド、ガタカ、アイ・ロボット、A.I.
A(シリアス)アルマゲドン
 (コメディ)ギャラクシー★クエスト
BX-men、スパイダーマン
Cバック・トゥ・ザ・フューチャー、タイムライン
Dゴーストバスターズ

などなどこんな適当なカテゴライズですまないくらい
沢山あるわけなのです。ね、悩むでしょ?

ともかく行ってみましょうー。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


すみません。今回も5つに収まってない!!!
■No5.「オーロラの彼方へ」
      「ギャラクシー★クエスト」


ちょっとSci-Fiから外れたような二作品ですが、一応このジャンルです。

「オーロラの彼方へ」
予定調和な話ですけど、どうしてもこの話が好きなんですよね。
だってウマくできてるんだもの。

オーロラの彼方へ
オーロラの彼方へ



「ギャラクシー★クエスト」
5位なんかに入ってますけど、実はとっても好きだから1位にしようと
まで思ってました。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を抑えての
ランクイン。よく出来た話ですよ、ありえない世界が立派にSci-Fi。

ギャラクシー★クエスト
ギャラクシー★クエスト




アートだった作品
■No4.「ガタカ」

Sci-Fiの基本はこれなんじゃないかなーと思うくらい有名な作品ですよね。
あの雰囲気がいかにもSci-Fi。今でこそ「マイノリティ・リポート」だとか
「アイ・ロボット」だとか出てますけど、この世界観はお見事だったもんな。
話は多少忘れてるけど(とほほ)

ガタカ
ガタカ





古臭さは感じない
■No3.「博士の異常な愛情」

これも基本。キューブリックの作品の中で私が尤も愛する映画。
私が生まれるよりもずっと前の作品だけどあまり古く感じないのが
凄い。ラストの音楽まで突っ走ってくれました。お見事。

博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか




これぞ王道のアクションSci-Fi!
■No2.「ターミネーター2」

所謂Sci-Fi、そしてアクション、といったらこの作品ほど立派なものは
ないと思うのは私だけでしょうか?余計なCGに頼らずリアルな感じも
残していている上にストーリーもしっかりしてるので楽しめる。
ここでやめておけばよかったのかも、とまで思わせる作品でした。
エドワード君、また出てきてほしいなあ。

ターミネーター2 エクストリーム・エディション (初回限定生産)




やっぱりこれも選べなかった。どっちもダークな世界かも。
■No1.「12モンキーズ」
      「ロスト・チルドレン」


「12モンキーズ」

実はあんまり評判よくないみたいなこの作品だけど、私はお気に入りでしたね。
そのダークな世界がギリアムらしいし、ブラッド・ピットは儲けモンだった
と思います。あのストーリーも結構好きなんだよな。切ないけど。

The perfect collection 12 モンキーズ
The perfect collection 12 モンキーズ



「ロスト・チルドレン」

これはそのアートにやられました。
完璧な怪しい世界。お見事。

ロスト・チルドレン
ロスト・チルドレン



というわけのtop5(毎回5つじゃないけど!)でした。
皆さんのSci-FiのTOP5、ぜひ教えてくださいませ。
ラベル:TOP5
posted by minori at 21:15| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TOP5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
What's up, メ〜ン!(笑)そん時のリンカーンはけっこう笑えてほろり泣けました。「どんだけー」に次ぐ流行言葉は「"メーン"もしくは"ディスってるのかよ"」になりそうです。

で、本題のSci-Fiですね??自分の方は気軽に思いついた映画やminoriさんチョイスに気軽にレスな方向で、、、。順位を付けると胃が痛みそうなぐらい悩みそうだから、、、。

「オーロラの彼方へ」はシナリオお見事1本の印象がありますね。詳細な部分は忘れちゃったけど、時空の操作のため、主人公の体が消えるようなハプニングがあったようなないような、、(「バック・トゥー・ザ・フューチャー」とごっちゃになっている、、)マジカルワード"yahoo"を覚えておけ!ってこの映画だったような、、。やば、完全にあやふやな記憶。失礼。

「ギャラクシー★クエスト」は"I never surrender"のセリフが繰り返し使われていた記憶があるのですが、曖昧な記憶、、、。

「ガタカ」は岩井俊二監督の大好きな映画だったような記憶が、、、。シャープな映像が近未来の冷たい管理社会を上手く描写しているようでイイ感じっすよね!自分も話しをほぼ忘れてしまっていて、、、。

「博士の異常な愛情」は日本語字幕なしで見たので、これまた記憶が曖昧。自分はキューブリック作品だと「シャイニング」がお気に入りかな??

「ターミネータ−2」。続編で成功した例としては、このターミネーターの2(3は最低だったが)とゴッドファーザーシリーズとエイリアンの2(3、4はイマイチ)だと思うんだよね。自分的にはあの液体CGは新鮮だったなー。

「12モンキーズ」は今回のminoriさんSci-Fiチョイスの中では唯一DVDを持っている作品です。自分は今までに10回は鑑賞している大好きな作品です。ギリアム監督はいまでも追いかけている監督ですし。

「ロスト・チルドレン」は知人にDVDを焼いてもらったのですがまだ未見です。

ーーー

あと自分が選ぶとなると、「ダークシティ」の暗い世界観が大好きなのでランクインかな。「K-PAX 光の旅人」もなかなか。「コンタクト」でもウルウルした記憶が。月並みな感じだと「ブレードランナー」も。自分の場合も「12モンキーズ」はランクインすると思います。

なかなか難しいですね。Sci-fiは。レンタル屋に行ってタイトルみたら「ああ、それがあったか!!」って思いだすと思うのですが、、、。

ーーーー
札幌はサッポロショートフェストという国際短編映画祭が始まったので、明日チェックしに行く予定です。

あとはNHKが主催するミニミニ映像大賞という25秒の映像コンテストに友人と3作品をつくったので(自分は1作品に脚本・監督)それら作品が一次審査突破するのを夢見ている最近で〜す。

そんな感じで映画・映像どっぷりの最近でした、メーン(笑)
Posted by marco at 2007年09月13日 21:44
■marcoさま。

こんばんわー。どうやら泣けたりもしたそうですね、リンカーン。

Sci-Fiは思った以上に悩んで私も時間がかかりました。胃が痛くなりました。
簡単に答えられるかなーと思ったのにー。

「オーロラ」はシナリオがよかったです。主人公の体が消えたっけ?母ちゃんか
誰かがありえない殺人事件に巻き込まれたってのは覚えてますが。そうです。
yahooです。yahoo。

「ギャラクシー」はNever give up, Never surrenderですよ。あと、
トカゲヘッドに誓って、です。あ、観たくなった。見よう今から(笑)

へえ。岩井さんのテイストとガタカは全然違うような気がするけど…。
そうなんですね。
「博士」は言葉とかわりと凝ってた気がするから私もサブタイトルなしだと
ちょっと厳しいだろうなぁ。「シャイニング」…記憶がさっぱりないんですけど
確かみたはず(笑)

「ターミネーター2」は成功例ですよね。よかったもん。ハラハラするし。
「12モンキーズ」って割とみんな酷評しません?DVDまで持ってる人は
周りにmarcoさんだけかも。「ロスト・チルドレン」はちょっとかわった
テイストですよね。Hope you like it.何故か英語ですがすみません。
今打ってたら気付かずにそう打ってました。ちょっと今日は一日英語だったので
ルー大柴ばりに怪しい日本語を話している私です。
普通にさっき「オフコースそれでもいいけどさ」と父に言ってました。
それも無意識に。怪しすぎます。

「ダークシティ」私観たかなー。怪しいのでチェックしてみますね。
「K-PAX」は意外な選択かも。「ブレードランナー」も暗いっちゃあ暗い
ですね。そうそう、なかなかピックアップするのが難しいんですよ。
レンタル行くのが一番手っ取り早いです。IMDb観たらあまりの多さに
ちょっと萎えましたもん。

marcoさんの作品、パスしますようにー。

次のテーマはどれでいきましょうか?
今決めよう。OK,Cop Moviesで行きましょうか。
考えてみてくださいねー。
Posted by minori at 2007年09月16日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。