2007年09月09日

『僕と未来とブエノスアイレス』ガレリアな日々!

活き活きしてんだか、どこか寂れてるのかわからないガレリアが
愛おしい。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

僕と未来とブエノスアイレス
僕と未来とブエノスアイレス


パースで仕事をしていたときに私もこんな商店街の一員でした。
地下じゃないし、もっと活き活きしていたけどー。

1212christ6.JPG
↑クリスマスのときの商店街。夏なので暑いでした。

向かいはイラン人が経営するお土産ショップ。二人の美人メリーと
オジー、それから意外に若いオーナーの息子のシナがいて、オーナーは
明らかに悪人顔のフランシス(いい名前だけど…本名はラヒブだったかな)
隣はイギリス人が経営する小さなスタンドカフェ。左隣は韓国人の
経営する洋服やさん、イケメンが働く靴屋があったり二階には弁護士事務所
があったり。私も人物相関図の中の一部だったのかも。

1114tea35.JPG
↑紅茶のお店「Tea For Me」で。一応私はお店番。

あらあら、これ観てて、なんかすごーーーーーーく帰りたくなったぞー。
一員だったあの頃に戻りたい!

ともかく、主人公アリエルはランジェリーショップでママを手伝い、
日々、模索しながらガレリアに通っている。
お父さんは小さい頃に自分を捨てて、クソみたいなランジェリーショップで
働いている。彼は自分がよくわからなくて、ポーランド人になってみよう、
とかヨーロッパに行ってみよう、とかわりと適当なんだよね。
だけど、日々は少しずつ動いていて、ちょっとした誤解も解けた上に
新たなる現実にぶち当たったり少しずつ成長してく、ラストはとっても
サワヤカだった。

ご飯でも食べない?と軽く、でもとっても重く誘ったオスワルドの言葉を
無下に断ったときには、「ちょっと!」と思った子どもなアリエルだったけど、
ちょっとした成長が彼にも訪れて、嬉しかったな。オスワルドのあの寂しさ、
ボケちゃったその後は唯一ちょっと哀しかった点。ママもあの時断ってたけど
彼女の中には色々葛藤があったんだ、と知ったのは後半だもんな。
「ひまわり」にそんなイミがあるなんてね。

小さなガレリアにも人生がある。アリエルの人生、アニキの人生、リタ、
ラモン、そんな暖かいものに少しだけ触れて、何だか気持ちがほっこりと
なる、そんな映画だったな。

★★★★☆ 懐かしい思い出とともに。
posted by minori at 10:34| Comment(5) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こばは。
おお、お店番の彼女かわいいー。
毎日紅茶買いに行ってしまうかもー。
こんな商店街だったのですねー。

アルゼンチンな映画はなかなか観る機会がないんですが、これはとてもお気に入りですー。
『ひまわり』づかいもよかった♪
Posted by かえる at 2007年09月09日 23:49
トラックバックありがとうございました。
パースでお勤めしていたんですね〜。
とっても雰囲気の良い店番ですね。これなら私もつられて買ってしまいそうです。
オーストラリアは昔、シドニーに行った事があるのですが、こんどは西かもっと南に、と思いつつ実現がいたしません。
またよろしくお願いします♪
Posted by betty at 2007年09月10日 00:12
■かえるさん。

こばわー。
おおー、買いに来てくれると嬉しいです(笑)
この雰囲気だからやっぱり女性が多くて
よく話し込んだりしましたよ〜。
男性があまり来なかったのは残念だったけど。
(おじいちゃんは多かった)
こんな商店街だったのです。いわゆる観光地で。

アルゼンチン映画ってそういえばあまり
ないかもー。「生きてる」感じがする映画でした。
Posted by minori at 2007年09月10日 20:41
■bettyさま。

こんばんわ!
コメント&TBありがとうございます!
そうなんです。パースなんですよー。
今度パースに来た際にはぜひ!
私は今はいませんが…そのうち復活したいです。
シドニーもいいですよねー。パースと違って都会だし(笑)ここは田舎です。機会があったら行って見てください。

私もまたお邪魔させていただきますね♪
今後ともよろしくお願いいたしますー。
Posted by minori at 2007年09月10日 20:43
ガエルは、英語みたいな引用したかった。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年09月15日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

僕と未来とブエノスアイレス
Excerpt: ハピネット・ピクチャーズ 僕と未来とブエノスアイレス アルゼンチン、ブエノスアイレスにある商店街。そこには、イタリア、リトアニア、ポーランド、韓国...様々な国からやって来た人々が..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-09-09 19:43

『僕と未来とブエノスアイレス』
Excerpt: "南米のウディ・アレン"と評されるのも納得。 コミカルでほのぼの。とても私好みの作風。 アルゼンチンのブエノスアイレス、ユダヤ系青年アリエルと下町の小さなガレリア(アーケード商店街)に暮らす人..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-09-09 23:44

僕と未来とブエノスアイレス
Excerpt: アルゼンチンの映画です。公式サイト とっても低予算。でも2004年度ベルリン映画祭銀熊賞受賞。 慎ましくてささやかなタンポポみたいに可愛らしい映画でした。 ユーモアたっぷりに描き出したブエノスアイレ..
Weblog: シネマでキッチュ
Tracked: 2007-09-10 00:07

僕と未来とブエノスアイレス
Excerpt:     = 『僕と未来とブエノスアイレス』  (2004) = アルゼンチン、ブエノスアイレス。 アリエル(ダニエル・エンドレール)は、アーケード商店街で母(アドリアーナ・アイゼンベ..
Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
Tracked: 2009-05-03 16:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。