2007年07月25日

『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』

事件を嗅ぎ付けると「親指がうずく」らしい。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵

原作はまさに「親指のうずき」。
クリスティってのはそんなにおどろおどろしくない
イメージだったんだけど(私はミステリ好きなのですが
クリスティは割とさくっと読んで終わってるな)
やっぱりこれも明るくあまりシリアスじゃなく
終わってたね。

ミステリ自体はそんなに真新しいものもなく。
とりあえずブリュダンスさんのお金持ちの奥さまならではの
無鉄砲さとずうずうしさが魅力でしたね。

横で支えてた旦那がよかったな。文句は言いつつ
ちゃんと協力してるところがたまらない。
退屈しない奥さんは確かにたまにはウザいかも。
でもやっぱり魅力的な人ではあるな。

フランスの風景とかそういうのは楽しめましたー。
老人ホームはやっぱりああやってみんなで運動してるのね。
マダム・ココアのネーミングが好き。
イスを吊り上げるババアもナイス。
女所長の怪しさもイイ。

でもやっぱりオチは古臭いよなぁ。
古臭い作品だからしょうがないけど(笑)

★★☆☆☆ フランスの景色に。
posted by minori at 19:06| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沢山トラコメ有難う〜♪
洒落たサスペンスコメディでしたけど、ちょっと「?」な所もありましたよねぇ〜
私もひたすら景色だのおうちだの、2人のセカンドライフを羨ましくもうっとりと眺めて終わったような気がします(笑)
Posted by マダムS at 2007年07月31日 22:12
■マダムSさま。

こちらこそコメントありがとうございますー。嬉しいです♪

そうなんですよ。ミステリとしてはかなり首を傾げたくなるシーンもありましたよね。私もどっちかっていうとフランスの景色を楽しんでました。あの電車乗ってみたいなー。
Posted by minori at 2007年08月01日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』
Excerpt: こんな湖のほとりの邸宅に住みたいなっ!とそんな事ばっかり考えて観ておりました♪ アルプスの麓、フランス・スイス国境近くに広がるサヴォア地方・・
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-07-31 22:12

不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)
Excerpt: 「不思議の国のアリス」は、その元はこの本の「地下の国のアリス」が元になっています。このような形で出版されるのはとても嬉しく思います。ルイス・キャロルの言葉遊びは訳文でなく原文を読まないと意味不明なこと..
Weblog:
Tracked: 2007-10-28 01:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。