2007年07月26日

『ブラック・ダリア』Black Dahlia

いいものばっかり喰ってるとおかしくなるんだ…。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組
ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組



リンスコット・ファミリーの怪しさがお見事。
父親はハリウッドを作り上げた男だけど「いい瞬間」
の犬を撃ち殺したり、あんなことやらこんなこと。
そして娘は美人だけどちょっと(ちょっと?)一癖あったり
妹のほうも…。でもなんてったってあの母ちゃんはお見事。
もう登場シーンからありえなかったもんなぁ。

セピアに彩られた怪しげな世界のアイスとファイア。
一瞬だけ現実に返るカラーな世界がお見事。
ちょっと私、勘違いしてまして、
監督はデヴィッド・フィンチャー
だと思ってた(笑)のでオープニング・クレジットで
ちとびっくり。ミッション・トゥ・マーズはイマイチ
だったしスネーク・アイズも…。でもこれはよかったかな。
怪しかったし。

世界的な有名な死体、は私にとってはジャック・ザ・リパーの
方。アメリカにもこんな死体が出てたのか。時代は後だけどね。
それにしても日本はこのくらいの文化があったアメリカに
ケンカ売ってたなんてね…といつも思っちゃいます。

ジョシュ君は相変わらず低い声がステキ。
ボクサーもあってたよ。

セピアがカラーに変わるとき、
逆に現実から幻想へと移る、
というのはお見事だったな。

★★★☆☆ かあちゃん、すげぇよね。
posted by minori at 18:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはミニシアター系テイストだったのかもしれません。なのにシネコンでかかっていたから、当時は概して評判がよろしくなかったような。そうそう、ファミリーの怪しさにつきます。今週は怪しさの頂点を極めるリンチ作品を観ましたー。
「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」は観ていないのだ。
Posted by かえる at 2007年07月27日 07:22
■かえるさん。

確かにミニシアター系ですよね。監督の知名度(MI1やっちゃってるし)とジョシュ君の人気(最近はどーかな)でシネコン行きになっちゃったのかなぁ。
リンチ、ノーチェックでした。仙台はまだまだかなー。でも三時間あのワールドは大変そうですね(笑)
Posted by minori at 2007年07月27日 09:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ブラック・ダリア』
Excerpt: 雰囲気を楽しめた。あやしさがいい。 1947年1月15日、ロサンゼルスのダウンタウンで身体を腰で切断された女の惨殺死体がみつかった。黒髪に黒ずくめの衣装のブラック・ダリアと呼ばれた女優志望の女性..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-07-26 20:09

ブラック・ダリア
Excerpt:  『世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。』  コチラの「ブラック・ダリア」は、ハリウッドの伝説的迷宮入り事件に着想を得て書かれた「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-01-18 20:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。