2007年07月23日

『さくらん』ルービックキューブな世界。

上品に収まった『マリー・アントワネット』より
どこか退廃的なこっちが好み。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

さくらん 特別版
さくらん 特別版



おいらんの世界は華やかに見えても内情はドロンドロン。
足抜け厳禁、高下駄はいて歩くには数年の訓練が必要、
教養必須。子どものきよ葉が見たまさに女の世界。
boobsで女子を表現したその発想が面白い。
そんな中やってきたきよ葉は現代女性よりもツヨイ女。
天性の才能がある子はなかなかいないだろうし、
一人苦しんで死んでいった女たちが多い中で、彼女は
生き抜いていたよね。このぐらいの激しさがないと
生きてはいけなかったということか。

そんなドロドロの世界を音楽と美術が盛り上げてくれた
この映画。椎名林檎の曲がここまでしっくりくる世界ってのも
凄いなぁ。と感心しました。美術もよかったね。
びいどろの中の金魚に表現する女たちやら、
華やかだけど退廃的な赤の色使い。きよ葉のお部屋は
まるでルービックキューブっていうような配色の
障子だったもんね。こういうのホントにあったのかな。
一応つぶれるちょっと前に妙齢だったうちのジイちゃんに
問い詰めたこともあったけど、(はぐらかされた。
行ったのか?)実際ちょっと見てみたい気がする。

同じ花魁でも外国人の表現するさゆりよりはこっちのが
ずっとよかった。だって日本語だもん。
お国言葉を隠すために使われていた遊女たちの言葉
「〜ありんす」なんてあの映画には出てこなかったもんね。
そもそも日本語が怪しかったもん。なんじゃい、
パンプキンってよ、っていう話。

女らしさの点で言えばチャン・ツィーは確かに
「男から見た」レベルでのいい女。
土屋アンナは私は大好きだし、あのハスキー声も
たまらないけど多少「いちご」(下妻物語)とカブ
らないでもない。つまり彼女は現代人。
だから違和感があったことは否めないけど
この役に関して言えば彼女でよかったのかな。
ニッと笑うと物凄くかわいいところなんて
安野モヨコが描きそう。香椎由宇さんや香里奈さんでも
いいかも、だけどここはアンナちゃんで。
椎名林檎との相性もばっちりだった気がするし。

それにしても花魁の世界には色んなルールがあるんですな。
ほおづきって…怖いようー。
芸術点とアンバランスなあの世界にしばし
浮世の世界を忘れました。女の世界は女監督の
表現のが深く突き刺さる。そして日本人は日本人自身で。

★★★★☆ あでやかだけど退廃的なその色調に。
posted by minori at 14:22| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、サユリよりか断然よかったです。
あちらがアカデミー賞で美術賞獲ったのも理解できなかったし・・・。
チャン・ツィイーは男から見たいい女というよりは、西洋人から見たアジアンビューティなんだろうなって感じっす。
日本人の女性たちがこの題材を映画にしてくれてホントによかった♪
Posted by かえる at 2007年07月24日 11:25
■かえるさん。

ですよねー。SAYURIは
オーストラリア人の子に薦められて
観たんですけどやっぱり
日本ってこういうイメージなわけ?!
中国の人でもかわいくてアジア系なら
文句ないわけ?!とちょっと思って
しまいました(笑)
彼女はそれでもかなりSAYURIにハマって
本まで読んでたのでまぁそういう
イミではアジアに興味もってもらえて
嬉しかったですけどねー。

ともかくこっちのほうが日本です!
ただし女子はちょっとイマドキな
感じでしたけど(笑)
Posted by minori at 2007年07月24日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48972203

この記事へのトラックバック

『さくらん』
Excerpt: ビューティフルでありんす。 幼少の頃に吉原の遊郭、玉菊屋へ売られたきよ葉は、やがてトップの花魁になる。72年生まれの女性フォトグラファーが江戸時代の遊郭の花魁を映画にした。 その要素だけで期待..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-07-24 11:24

映画「さくらん」
Excerpt: 思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-07-24 12:57

さくらん
Excerpt: 青空に金魚! さしづめアンナは出目金w  さくらん 特別版posted with amazlet on 07.08.13角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 6..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-08-14 08:36

さくらん
Excerpt:  『てめぇの人生、てめぇで咲かす 花魁をなめんじゃねぇよ』  コチラの「さくらん」は、2/24公開になった安野モヨコさんの同名コミックの映画化で、演出家の蜷川幸雄さんの長女でフォトグラファーの蜷..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-09-13 23:13

『さくらん』'07・日
Excerpt: あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-04-06 22:31

さくらん
Excerpt: 花魁をなめんじゃねぇよ
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-06-14 14:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。