2007年07月22日

『フラガール』一山一家炭鉱魂。

繊細な指使いと意外にも激しいステップ。
音楽が心地いい実際あったストーリー。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

フラガール メモリアルBOX
フラガール メモリアルBOX


去年散々話題になったというニュースはオーストラリアにいても
届いてきていました。
というわけでようやく見たんですけど
話題どおりとってもステキ。
ってか今のお話かと思ったらなんと舞台は昭和40年だったのね。
そしてあの常磐ハワイアンセンターのお話だったとは。
知らなかったなー。

実際にこのハワイアンセンターを作り上げたのは
炭鉱で働いている人たちだったんですね。まさに一山一家。
バンドメンバーまで炭鉱の人だったみたいでびっくり。
町の復興を誰よりも願う人たちだからこそ、そんな
不可能が可能だったんですね。穏やかだけど真剣な吉本部長が
よかったかな。影で静かにじぃーっと支えていた訳で。
こういう人もいないとやっぱり成り立たないんだよね。
食事は誰が作ってたんだろう、とか気になりましたけど。

「わー」っと思った最後のダンスもそうだけど、
最初に先生が一人で踊ってるシーンを見たときはあの4人と
似たような気持ちになっていました。
松雪さんはこういう役やらせたら素晴らしい。
服の着こなしもサイコウ。こんな姐さんステキだよなぁ。
あこがれちゃう。立ち姿もとてもキレイ。
田舎娘には刺激的、でも段々人として近寄ってくれる
先生の姿はステキだったなー。
優ちゃんもバレエをやってただけにダンス姿がとっても
キレイー。バレエが邪魔になったこともあったみたいだけど
それでもやっぱり真摯な姿がよかったな。

しずちゃんは…デカイよね。頭一つ分デカかったもんな。

それにしても日本の映画ってこういやって俳優が一生懸命
努力してみんなで何かを作り上げるのって多いよね。
ってまぁウォーターボーイズだけか。スウィング・ガールズ
もそうだっけ。まあShall we ダンス?が走りかなー。
外国だと「チアーズ!」「ドラムライン」新しいのだと
「Stomp the yard」(これは今年の9月に)かな。
ああ、そういう意味ではダンスじゃないけど「Hastle&Flow」
なんかもそういうのなのかな。

と話がそれてきたのでここらで止めておきます。
とにかく老けちゃったけど松雪さんは相変わらずステキ。
以上。

★★★★☆ ダンスがお見事。
posted by minori at 14:15| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラコメ有難う御座いました〜♪
ご覧になれて良かったですね^^オーストラリアに戻られる前に邦画の観だめしておいて下さいね!!
女達が輝いていましたけど、それを支える男たちも良かったですよね〜 一徳さんもいい感じでした。
何か目的に向かってみんなが心を一つにして”頑張る”っていう系統の話は胸が熱くなりますよね〜 私も大好きですよ♪
Posted by マダムS at 2007年07月24日 08:12
■マダムSさま。

こんばんわー。
コメント&TBありがとうございます!
まだまだしばらくは帰れないので
がっつり邦画だとかお笑いだとかを
観だめしてますよー(笑)
岸部さんの役、よかったですよね。
ああいうおじさんばっかりだったら
いいんですけど(笑)
Posted by minori at 2007年07月24日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「フラガール」
Excerpt: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-07-24 01:51

『フラガール』
Excerpt: 前半は笑いっぱなし・・ 後半は泣かされっぱなし・・ 『フラガール』2006年 日本 (祝!アカデミー賞外国語映画賞日本代表選出) 監督/脚本:李相日「69sixtynine」 音楽:ジェイク・シマブク..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-07-24 08:08

『フラガール』
Excerpt: 感動てんこ盛り。 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「常磐ハワイアンセンター」のオープンのため、町の娘達はフラダンスをならう。踊るシネマは大好きっ。考えてみたらこのジャンル、邦画では意外と少な..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-07-24 11:27

フラガール
Excerpt: 2006年製作の日本映画。 『子ぎつねヘレン』の松雪泰子主演によるドラマ。昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱を抱えた街を救うべく催される一大プロジェクト。その目玉となるフラダンスショーのために呼ばれた女ダン..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2007-08-13 17:20

フラガール
Excerpt:  『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-09-18 01:05

『フラガール』を観たぞ〜!
Excerpt: 『フラガール』を観ました昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマです>>『フラガール』関連..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2007-10-08 20:44

フラガール
Excerpt: 未来をあきらめない
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2010-02-07 11:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。