2007年07月20日

TOP 5 "SUMMER" MOVIES.

今回からはじめたこの企画。
FilmspottingというPodcastにインスパイア
されて始めてみました。
テーマにそって勝手な(ホントに勝手な)
映画を5つピックアップして
それについて語る、というだけの内容です。
単純だけど難しい、「私のはこれだけど」
というコメントやら関連記事お待ちしてますー。
映画を見るときのなんかの参考になっても
嬉しいなー。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

初回のTOP5は"夏"の映画!
仙台はまだ寒いですが(どーして!?)
コレ見ると気分は暑くなるね、という
夏の映画。夏に流行った映画、だとか
夏休みによくやる映画といった選び方も
できますが、これを見ると
「あー暑いー。けだるいー」
とか
「こんな夏休み懐かしい〜」
みたいな気分になる映画をピックアップして
みました。

ではでは早速。

my number 5 is


■No5.「つぐみ」

なんでまたこんなふるい映画を持ってきたのか。
とりわけよかった映画でもないし、
中学生の頃に一度見ただけだし。
なんとなく海辺だったし、夏っぽかったから。
そして見に行ったのも夏だった(ような気がする)
から、でしょうかね。なんとなく、
ノスタルジック。

TUGUMI(つぐみ)
TUGUMI(つぐみ)

↑すいません。映画はなかったー。

では次の number 4
■No4.「ヴァージン・スーサイズ」

はかなげな少年たちの夏、とでも。
短い夏を生きる女の子たちの話でも。
いつだって夏はあっという間にやってきて
あっという間に去っていく、といった
イメージ。

ヴァージン・スーサイズ
ヴァージン・スーサイズ


number 3はズルして二つ。
■No3.「旅するジーンズと16歳の夏」
    「DEARフレンズ」

夏休みって静かに何かが起こってる、
人によって大きい小さいがあるにしてもね。
友達とぐーんと仲良く時期でもあるわけで。

旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版
旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版


Now and Then
Now and Then



OK,let's move next! my number 2 is..
■No2.「クリクリのいた夏」

フランス、マレの畔でのゆーったりと過ぎる時間。
心がふぅぁーんと暖かくなるような作品です。
湖のほとりだから少し涼しくなれるかな。

クリクリのいた夏
クリクリのいた夏



Last, my number 1 is
■No1.「天国の口、終りの楽園。」

メキシコ!ビーチ!
もう戻ることのないひと夏。
18禁な映画だけど、生命感溢れる、と
言う表現もアリかな…。
でもやっぱりあの海が忘れられないんだなぁ。

天国の口、終りの楽園。
天国の口、終りの楽園。



番外編
「サマータイムマシン・ブルース」
あっつい夏。これぞ日本。こういう夏休み
あったかもしれない(タイムマシンはなかったけど)

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)

そんなこんなでTOP5(2個多いか)でした。
皆さんのTOP5は何ですか?
TB,それから勿論コメントもお待ちしております♪
ラベル:TOP5
posted by minori at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | TOP5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもー、遊びにきました。
「もっとえいご漬けDS」はほぼ毎日30分ほどプレー?勉強?しています。なかなか良い英語耳が育ってきているような感じです。
TOEICのソフトも持ってますよ。「TOEIC TEST DSトレーニング」。これはまだ6日ぐらいしかプレーしていません。自分は来年の1月に受験予定なので、まだ時間があり、あまり急いで問題を解いちゃうとあとで解く問題がなくなちゃうので、ゆっくりこなしています。

で、映画の話し。
TOP5始めたのですね!!minoriさんのTOP5だと、1位の「天国の口、終わりの楽園」しか観たことありません。たしかに、”ムンムン”や”ムラムラ”といた形容詞が浮かんでくるし、自分的には中・高校生の時の内なる衝動というのかなんて言うのか、、、(笑)とにかく夏って感じですね!
4位の「ヴァージン・スーサイズ」は観よう観ようと思いつつ時が経っちゃって、、。ソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」が大好きで何度も観ているので、監督つながりで「ヴァージン・スーサイズ」を観ようと思っています。

自分でSUMMER MOVIESを考えてみると、やはり暑いと怖い映画かな?と定番な考えからいくと、トム主演の「宇宙戦争」なんか夏ぽいというか夏に観てクールダウンって感じ?
あとは、浅野忠信主演の「地球で最後のふたり」、たしかロケーションがタイだったはずなので、東南アジアの湿度の高い暑さが伝わってきました。
もう1つは、是枝監督の「誰も知らない」。これも子供達が暑いアパートに取り残されサバイブって印象が残っています。

これからのTOP5も楽しみにしています。
ではでは、良い週末を。
Posted by marco at 2007年07月20日 16:35
■marcoさん。

こんにちわー。遊びにきてくれて嬉しいです〜。
「もっと英語漬け」多分最初のよりずっとグレードアップしてるのでしょうねー。従来の勉強の仕方よりはずっと実戦向きですよね。
訛った英語になれてしまった私としてはなんとなく物足りない気もしないでもないですが(笑)TOEICのヤツは確かにさっさとやりすぎると問題なくなりますね!考えずにガンガンやってたかも(笑)

TOP5見ていただいて嬉しいです。『天国の口』は確かにムラムラな感じですが(笑)違う国の夏を覗けたようで楽しかったです。何しろガエルがかわいいし!!
ソフィア・コッポラのは昨日「マリー・アントワネット」を見たのですがやっぱりガーリッシュな感じで独特な世界がありますよね。「ロスト〜」は比較的違う感じかも。

サマーなムービーは確かにホラー!でも私ホラーをあまり見ないので今回は入ってきませんでした、そういえば。「宇宙戦争」や「パイレーツオブカリビアン」なんかも確かに夏って感じですね。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も入れたいかも。
浅野さんのやつはチラシはもってるけど見たことないですねー。あ、そうそう、「誰もしらない」はホント日本の夏って気がします。

頑張ってTOP5続けていきたいと思いますのでその都度marcoさんの意見もお聞かせくだされば嬉しいです〜!
Posted by minori at 2007年07月21日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。