2007年07月13日

『ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW』君とボクの虹色の世界

ボクとキミとボクの知ってる人たちみんな。
せまーい世界でゆるーりと過ぎていく日常。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

君とボクの虹色の世界
君とボクの虹色の世界


ダレそうでダレないその世界観がナイス。
ジイさんから子どもまで。変えたいと思っても変わらない
日常も実は少しずつ動いている。

こんなヤツ実際いたら怖いよー、と思いつつ、
金魚を心配するやさしい人たちにちょっと和まされました。
結構笑ってしまうシーンも多かったし。
金魚のシーンはなんか胸がキュッと締め付けられる思いだったな。

アーティストなクリスティーナは老人用タクシーを
運転するアーティスト。
意外に恋には猪突猛進でびっくり。怖いぞ、これ、
男だったら(笑)なんともいえないかわいい顔をしているから
いいものの。あのライブのやつはちょっとよかった。
アートだね。鳥の写真の場所を選ぶセンスもヨイ。

気になったのが寂しいアーティスト。鉄の女の心も
少しは溶けたのか。もっと素直に生きましょう(笑)
嫁入り道具の女の子も気になった。
この子はこの年でしっかり自分を見極めてる。
お嫁さんになるために生まれてきたタイプの子はよく
いるけど(残念ながら私は違ったか)この子ほどしっかり
したビジョンを持った子はなかなかいないぞ。
トボけた顔した弟もイイ。難しい単語はコピペで。
それとも面倒だっただけ?
子どもらしいシンプルな言葉が微笑ましい。
心の中を見抜かれてしまうようなその視線はこの子は
演技なのか天然なものなのか。

手を燃やすあなたをああやって愛してくれる女がいるなら
それってとってもシアワセなことよね。

★★★★☆ 星で点数現すのが困難な世界。
posted by minori at 18:05| Comment(6) | TrackBack(4) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こにちは。
こちらもご覧いただき嬉しいです♪
嫁入り道具セットは素晴らしいー
どきどき金魚もよかったです。
私には泣けた箇所がありました。どこだったか?
この監督のパートナー、マイク・ミルズの「サムサッカー」よりこっちの方がおもしろかったのでしたー
Posted by かえる at 2007年07月13日 18:29
■かえるさんー♪

こんちわー。
これ、australiaでも結構DVDショップに
ドンと飾られたりしてたんですよー。
あと「トランス・アメリカ」
(見たけど感想書いてない)
なのでずっと見たかったのでしたー。

おっと、かえるさんが泣けたシーンは
どこだろう。私はやっぱり金魚かな。
「サムサッカー」見てないなー。
にしても凄いタイトル。
日本人の小説にもこんなのが…って
それは「親指さがし」か。
違いますな。
Posted by minori at 2007年07月13日 18:40
どもー。
何をするにも困難な世界。
億劫な世界。
いやもう猪突猛進でいきたいですが、
それが許されるタイプと許されないタイプがあるんじゃないかなあなんて、
で自分は後者なんじゃないかなあとか、
それ以前にそうやってカテゴライズしたり差別したりすることがアレなんですけども。
鳥の写真のポジショニングなんて僕には皆無のセンスです。
Posted by 現象 at 2007年07月15日 12:20
■現象さま。

どうもですー。
確かに猪突猛進に関しては
その人のキャラによるでしょうねぇ。
自分がペネロペ・クルスなら
迷わず突っ込んでいきそうですけど
いやはや現実派厳しいです。

私もあすこに鳥は置けないかな。
ってかまず外に置くっていう
発想がないですからねぇ。
センスっちゅうものが欲しい
今日この頃です。
Posted by minori at 2007年07月16日 12:03
この映画、BSで観ましたー。
で、金魚!
いまだかつて金魚をあんなふうに扱った作品なかったよね。
あの冒頭はホント素晴らしかったー。

そうそう!鳥の写真を木の枝に掲げたセンスも素敵だった。
あのまま暗転して夜になり鳥がさえずり朝になるっていう画面展開もnice。

チャットで弟が単語をコピペする時のあの時間の流れというか空気というか、
あれもすごくよかったなー。
隣家の少女の花嫁道具とか、「マカロニ」とか、挙げていくとキリがないほど
愛しいエピソードがつまった作品でした。

アーティストでありがら、決して媚びないセンスが秀逸だったよね。
Posted by きらり+ at 2011年02月21日 16:54
きらりちゃん。

うわ…私結構忘れてます…。
これと同時期に見た『僕と未来のブエノスアイレス』はよく
覚えているんだけどなぁ
(レビューは↓見た?この映画??)
http://minoriblog.seesaa.net/article/54560352.html
ついでに発見した『ボンボン』って映画も好きでした。

http://minoriblog.seesaa.net/article/64486455.html
見ていなかったら是非に!!

さてさて。
妙に飾らない映画だったなぁっていうのは覚えているよ。
それからみんな不器用だけど、どうかしたらそこらへんに
いそうな気がしないでもないというか。

あ!チャットも今思い出してきたよ。あはは(思い出した)
ごめん、全然しょうもないコメントになっちゃったよ(笑)
Posted by minori at 2011年02月21日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『君とボクの虹色の世界』 Me and You and Everyone We Know
Excerpt: これは思いきりお気に入り印。 独創的な演出にグッとくるおかしみのあふれる群像劇。 高齢者タクシーの運転手をしながら、アーティストを夢見るクリスティーンとその周囲の人たちの物語。カラフルなインテ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-07-13 18:24

君とボクの虹色の世界@シネ・アミューズ
Excerpt: 同じ町に住む12人の登場人物、老いも若きも女も寄り添って群像を成す。高齢者タクシーの運転手クリスティーンは得意客のマイケルを連れて靴を買いに行き、そこで店員のリチャードに恋をする。彼は最近離婚した。そ..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2007-07-15 12:16

「君とボクの虹色の世界」〜なにげなくみつけた音にぞ日はのぼる〜
Excerpt: 2005年 ミランダ・ジュライ監督 ちなみに原題は「Me and You and Everyone We Know」。 何気なくこういう映画に出会えたときの幸せについて。
Weblog: texts
Tracked: 2008-05-17 17:43

君とボクの虹色の世界
Excerpt:  『見つけたのは、小さな勇気とあたらしい自分。』  コチラの「君とボクの虹色の世界」は、多方面に渡る活躍を見せるアーティストのミランダ・ジュライが、脚本&主演も務めた長編監督デビュー作です。サン..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-10-12 18:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。