2007年06月14日

『しゃべれどもしゃべれども』俺の話を…

落語、と言うとどうしてもお気に入りだったドラマ
『タイガー&ドラゴン』とどうしても比較しちゃうんだよね。
そして同じくTOKIOの長瀬君だったしね。
長瀬君が型破りだったのに対して、こっちは古典をこよなく
愛する頑固者。確かにちょっと違うけど
それでも長瀬君ほどのパンチはなかったかなー。

しゃべれどもしゃべれども
しゃべれどもしゃべれども



周りのメンバーの成長ぶりはよくわかったんだけど、
どうも三つ葉君の成長振りがイマイチ伝わってこなかった
気がします…。それが残念。
でも太一君って相変わらず憎めない顔してる…。
いくら毒舌だったりしても。

それにしても香里奈さんは美人!いくら冷たくてもこれだけ
美人なんて羨ましい。このキャラ、実は私の親友に似てる。
もっと人懐っこいけど人見知りするっていう点で。
意外にこういう美人は多いのかなー。

あとあのチビ。コイツはいいキャラしてたなー。
いじめられてるくせに前向きなのが凄い。
そして阪神ファンをやめないのも凄い。そういう根性は
好きだな。元野球選手は毒舌好きだったのにコーチになるなんて
ちょっと残念ー。見たかったのに、毒舌解説。

演目の火焔太鼓もなかなか興味深い話だったなー。
途中は端折っちゃったところもちゃんと聞きたかった。
そして伊東さんもよかったんだけど出来ればここは
プロの人に出てもらいたかったかなー。

それにしてもこっちに帰ってからやたら邦画ばかり
上映されているような気がするのは気のせい?
あとアジア系…。うーん。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★☆☆☆ タイガー&ドラゴン、好きだったからな。
posted by minori at 16:22| Comment(3) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう、比較するはずだったみたい。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年06月16日 11:28
minoriさん、こんにちは^^

先日、香里奈演じる十河の家(もちろん映画の中での)に行って来ました(笑) あのまんまクリーニング店で都電荒川線の駅のすぐそばでした^^ 降りてまでして写真は撮りませんでしたが、でもこの映画、村林の森永クンのこまっちゃけた演技と枝雀ばりの「まんじゅうこわい」は良かったですよ〜♪
Posted by cyaz at 2007年06月26日 12:46
■cyazさま。

こんにちわー。
コメント&TBありがとうございます!
へええー。あのまんまクリーニング屋さん
なんですねー。
あの後お客さん入りそうですよね(笑)

やー。村林少年はかわいかったです。
本人が笑っちゃうところもまたかわいい。

ぜひまた遊びにきてくださいね。
私もお邪魔します♪
Posted by minori at 2007年06月26日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44821262

この記事へのトラックバック

『しゃべれども しゃべれども』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-06-26 12:07

しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?!
Excerpt:  国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じて..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-07-10 17:06

mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆
Excerpt: 1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-12-18 02:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。