2007年06月14日

『EVERYTHING IS ILLUMINATED/僕の大事なコレクション』

雰囲気、音楽、ひまわり畑、そしてサミー・デイヴィス・Jr.Jr
がサイコウな渋い映画だったな。
サミーのたれ耳がうちの犬とかぶってたのでさらにかわいく
見えたし(笑)彼女はジョナサンを愛しちゃったんだね。
DVDのおまけ映像でそれがはっきり見て取れた感じでした。かわいい。

僕の大事なコレクション 特別版
僕の大事なコレクション 特別版



コレクターってそれはもうホントちょっとしたものでも
コレクトせずにはいられないんだよなー、そして
なんとなくわかる気がした。やると止められない、みたいなね。
それがこういう風に人と人を寄せ付けることもあるんだね。
たとえ哀しい過去だとしても知らなくてよかった、って
ことではないもんな。

コメディタッチでありつつシリアスで、ちゃんとした原作が
ある、っていうのがわかる映画だったかな。多少地味でも
音楽と景色があれば文句なし。
はじめはエミール・クストリッツァの作品かと思っちゃった。
多分音楽と地域の雰囲気によるものなんだろうけど。

それにしてもアレックスの英語が凄かった。字幕消してたんだけど
あまりの巻き舌に英語字幕を入れるはめに。
アメリカが大好きでバカな講師だったのに英語を勉強した、っていう
アメリカかぶれな彼が最高によかったね。
好きな映画は卒業白書らしい(笑)

ポテトのシーンの間もよかった!あれはツボでした。
塩とろうとして肘で落としちゃうあの瞬間が。

こういう地味だけど渋いのを久々に見た。満足。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 13:45| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはん。
そう、これはオススメ作品として、まず一番に思い浮かんだのだけど、私がオススメするまでもなかったですな。
そう、エミール・クストリッツァ風なので当然気に入りましたー。
Posted by かえる at 2007年06月15日 13:24
■かえるさんー♪

こんにちわー。
そっか、やっぱりオススメだったんですねー。
音楽とひまわり畑、そしてホントワンコだけでも
満足だった感じです♪
Posted by minori at 2007年06月15日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『僕の大事なコレクション』 Everything is Illuminated
Excerpt: なかなか好みな楽しいロードムービー。そして、グッとくる展開。 フロドが指輪を探す旅ではなく、トラキムブロドで何かを見つける旅。ユダヤ系アメリカ人の青年ジョナサンは家族にまつわる思い出の“物”が趣味だ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-06-15 12:59

映画『僕の大事なコレクション』
Excerpt: 原題:Everything Is Illuminated 誰でも自分のルーツを訪ねたいという願望はあるかもしれない、そして自分の存在の証明、存在意義を確かめるためにも、何かをコレクションしたい衝動も..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-07-07 14:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。