2005年06月06日

ヤマト。

このところ全くヤマトのこと書いてなかったので
ちょっと書いてみよう。

ヤマトちゃんは別に特にかわりもなく、愛想もなく、
暮らしております。
毎日私に耳を食べられ(口にいれたくなる)
ハナをなめられ(本来役割は逆なはず)
私のことを避けに避けまくっております。

「胴輪が外れてるじゃないか。直してあげる
からおいで」

といっても彼はやってきません。寝たまま、クビすら
あげてくれません。酷いときは無理にいびきまで。

ただ、この後に。

「帰りに煮干あげるよ」

というと途端にガバッと起き上がりブルブルをして
よってくるのです。
げ、ゲンキンなヤツー。
っていつものことだけど。

ただ、昨日は若いお姉ちゃんたちにちやほやされて
上機嫌だった模様。
毎日私がいるってのに(怒)

yamatochan.jpg

ん?また俺の悪口か?

とこっちを見るヤマトでした。
お外の監視の途中。
posted by minori at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのやまこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。