2007年03月28日

『SCOOP(原題)』タロットカード殺人事件

皮肉が効いてて小気味よい映画でした。
イマイチウディ・アレンと相性の悪い私ですがこれは満足。
実は「マッチポイント」もまだ半分までしか
見てないんですよね。今回のはコメディだし
見てて楽しかったです。それに、ヒュー様(ジャックマン)
が出てるわけだし!

Scoop
Scoop




スカーレットは役柄によってイメージを
変えてくる女優さんですよね。今回はどこかパッとしない、
でもかわいらしいジャーナリスト専攻の学生を
演じています。目玉を触るのがヤだからメガネっ子なんだけど
やっぱりかわいい人はメガネだろうがかわいいよね。

そんな彼女がシドの手品ショーを見に行ったときに
元ジャーナリストな幽霊に出会うことから事件が
始まるわけなんだけど、三途の川(これは外国も同じなの?)
を渡ってるシーンがおおいに皮肉が効いてて
笑えるよね。彼らは一応死んでることはわかってるんだもんね。
とりあえずどこに行くわけ?と聞いてみても
死神さんは答えてくれないし(笑)

そしてその幽霊はsondraにとんでもないことを教えて
くれるのです。そしてその「情報源を明かせない」情報
を頼りにsondraはシリアルキラーの容疑がかかった
Peterに近づくんだけど、
彼はいいおうちの坊ちゃんでハンサムで…ってなストーリー。

その坊ちゃんをヒュー様が演じてるんだけど、
やーホントカッコいい!もうホントパーフェクトよね。
特にウディの横に立ったときなんてもう(笑)
同じ男だとは思えない(失礼)
うっとりでした。たとえシリアルキラーの疑いがかかって
ようがカッコいいものはかっこいい。近づいちゃった
Sondraのキモチはよーわかる。しかも金持ち。

うまく比較対象物となってくれたシドもよかったね。
もうホントどうしよーもないんだけど憎めない。
いいおっさんでした。ラストは可哀想だったけど
笑えるんだよな。

ともかくヒュー様にうっとりするだけでも
見る価値は十分にありますよね。この映画。


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★☆ 笑えたしヒュー様ステキ。
posted by minori at 19:28| Comment(7) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriは幽霊はにるとおもってるのかー♪
Posted by BlogPetのガエル at 2007年03月30日 11:02
ガエルが映画に満足するはずだったの。
でもきょうはここでカッコはイメージしたかったみたい。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年04月06日 11:14
ガエルは専攻したかったみたい。
それにここへプリーズがジャーナリストみたいなマッチするはずだったみたい。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年04月13日 10:57
きょうガエルがプリーズがマッチしなかった?
そしてここでマッチされたみたい…
Posted by BlogPetのガエル at 2007年04月20日 11:19
幽霊はにるらしいの
Posted by BlogPetのガエル at 2007年04月27日 20:17
お久し振りです!
見目麗しいすらっとして青年貴族と、風采の上がらない初老のマジシャン。
少々近寄りがたいイギリス人と、砕け過ぎのアメリカ人。
こんな対比を見ているだけでも、なかなか面白い作品ですよね。
哀生龍もウディ・アレンとはあまり相性が良くないので少々疲れましたが、思ったよりも楽しめました。
Posted by 哀生龍 at 2007年11月11日 20:16
■哀生龍さま。

こんばんわー。
コメント&TBありがとうございます!
ホント風采の上がらないおっさんでしたね。ウディ。いつものことですけど。でも珍しくウディがいいアジを出してた映画だったと思います。私はなかなか好きでしたー。確かにウディの映画って何故か疲れるんですよね。なんでだろ(笑)
Posted by minori at 2007年11月12日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

タロットカード殺人事件
Excerpt: ジャーナリスト志望の大学生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、夏休みをロンドンの友人の家で過ごしていた。 そんな彼女は、“スプレンディーニ”ことシドニー(ウディ・アレン)のマジックショーの“チャイ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-11-11 20:11

タロットカード殺人事件
Excerpt:  『恋の行方も、 犯人も、 タロットカードだけが 知っている…。』  コチラの「タロットカード殺人事件」は、ウディ・アレン監督がアガサ・クリスティへのオマージュたっぷりに描く軽妙なミステリー・コ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-11-11 21:00

『タロットカード殺人事件』 SCOOP
Excerpt: すっとぼけていても上質な味わい。 死亡した新聞記者ストロンベルは世を騒がせる殺人事件の犯人の情報を掴み、ロンドンに遊びに来ていたアメリカ人学生サンドラにその真相究明するようもちかける。ウディ・ア..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-11-17 00:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。