2007年03月03日

『The Illusionist(原題)』幻影師 アイゼンハイム

どうもヒュー・ジャックマン主演のPrestageに
「イリュージョンVS」というよくわからない
邦題がついたそうですね。テーマが多少似ている
だけにこりゃ困難を招くだろうなぁと他人事ながら
思います。
というわけでこれもマジシャンのお話ですね。

The Illusionist (Widescreen Edition)
The Illusionist (Widescreen Edition)


ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール
そして今度はエドワード・ノートン。みんな長身痩せ型
ですね。どうでもいいですけど。今回のエドワードも
立ち姿がとってもきれいでハマり役だったと
思います。ただ子役がかわいすぎたため
ソフィー役のジェシカの台詞じゃないけど
ヒゲはやしてびっくりよ、っていう感じでした。
(ソフィーの場合はずいぶんデカくなったね、
っていう感じだったけど)
この二人は幼馴染だったんだけど身分の違いで
引き裂かれて、その後イリュージョニストとなり
ショーを行ってるアイゼンハイムのところに
皇太子の婚約者となったソフィーが現れる、
というストーリー。
この皇太子をロック・ユー!のルーファス・シーウェル
が演じてるんだけど彼もよかったなー。
ちょっと陰気な感じが。ただ、彼、こういう役
多いよね…。

Prestageに比べてストーリーもすんなり受け入れ
やすくて好み。ラストのどんでん返しもクラシック
で王道だったけど警察官僚のポール・ジアマッティの
リアクションが非常にしっくりくる終わり方でした。
(「消える」という言葉を何度も使っているので
ある程度は予測できる結末であったとしても)
クラシックなトリックだけどうまくまとまってたな。

演技も後半のエドワードがよかった。服装も
ちょっとだらしなくなってて顔も疲れてるんだよね。
前半のキリっとした感じからの変化が巧い。
勿論脇を抑えているポールがまたいいアジをだして
いるんだけどね。

この作品、映像がよかったなー。特に回想シーンなんかが
かなり美しかったわ。ちょっとセピアな感じが
やっぱりちょっとprestageに似てたかもしれないけど
こっちのがよかったかな。

あ、あのロケット、私も欲しい。あの少年に
手作りしてもらいたい。(大人じゃない方がいいな)

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 21:29| Comment(13) | TrackBack(22) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。パリのnouilles-sauteesです。
コメントありがとうございました。

え?プレステージの邦題に「イリュージョンVS」なんて付いちゃったんですか?
別にVSじゃなかろうに・・・。何でもありですね、こりゃ・・・。

私はプレステージのお二人の男の戦いにしびれましたが、エドワードも好きで・・・。なかなかこの二作品に甲乙付けるのが難しいです。

同じイリュージョン物だからどっちか選択するのじゃなく、どちらも見るべきですよね、きっと。

またお邪魔させていただきます。
Posted by nouilles-sautees at 2007年03月06日 00:46
minoriさん、こんにちは〜♪
すっかりご無沙汰していてすみません(ペコリ)

この映画、この前台湾に旅行した時に、機内で上映のプログラムの中に入っていて、テキトーに選んで観始めたんですが、あまりに吹き替えがヘン過ぎて、途中でヤメてしまいました←勿体無いんですけど(笑)
なんか、字幕に慣れすぎているせいか、どうも吹き替えが苦手で・・・。かといって英語だとこれまた理解できないのがツライところなんですが。。。
なので、公開されたら観に行くことにしますね♪
minoriさんのレビューも感触良さそうだし!
Posted by gigi at 2007年03月08日 18:07
きょうプリーズで、好みも婚約された。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年03月09日 12:20
■nouilles-sauteesさま。

こんばんわー。わざわざコメントありがとう
ございますー。

そーなんですよ。イリュージョンVSだなんて
どうしてまぁこうなったのか、びっくりですよね。
ホント何でもあり。誰だろう、決めたの。

確かに↑のヒュー様とクリスチャンもよかった
ですし、エドワードもよかった。
やっぱり選べというのに間違いがあるって
感じですね。
両方とも雰囲気よかったですし。

ぜひまた遊びにきてくださいね。
私もお伺いします。
Posted by minori at 2007年03月09日 22:42
■gigiさんー♪

こちらこそご無沙汰しております<m(__)m>
台湾までってどのくらい時間かかるんですか?
映画が見れたんですねー。そりゃあいい!
そして確かに吹替えってビミョウですよね。
私も吹替えになるくらいだったら
わからなくてもいいから字幕!ですねー。
ここじゃもう基本字幕ナシなんで
だんだん慣れてきましたよ…。やっぱり
大変ですけど。

今度はこの映画、しっかり字幕で楽しめ
ますように〜。
ヒュー様のほうもぜひ。
Posted by minori at 2007年03月09日 22:47
minoriは幼馴染すきだね♪
Posted by BlogPetのガエル at 2007年03月16日 10:44
こんにちは
TBありがとうございました。
確かに回想シーンは美しかったですね。
また遊びにきます!
Posted by yesquire at 2007年03月20日 23:15
■yesquireさま。

こんにちわー。
コメントありがとうございます。
回想シーンのあの色調がかなり気に入りましたよ。
よかったですよね。
ぜひまた遊びにきてくださいね。
私もお伺いしますー。
Posted by minori at 2007年03月22日 10:43
きのうガエルが、プリーズと身分は予測♪
だけどプリーズで主演しないです。
そしてプリーズはお話すればよかった?
ただプリーズで予測したいです。
けどここまで役が変化すればよかった?
そしてプリーズはここへプリーズはここへお話したかも。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年03月23日 11:27
こんにちは!
私もマジックもの「イリュージョニスト」「プレステージ」の日本を続けて観たのですが、イリュージョニストのほうが後味がよくて好みでした。
派手なストーリー展開ではないけれど、映像も美しく、脇役演技もすばらしく、よかったですよね!
Posted by 有閑マダム at 2007年05月26日 11:48
■有閑マダムさま。

こんにちわー。コメントありがとう
ございますー♪
この二つ、マジックがベースになってるだけに
ちょっとかぶっちゃいますよね(笑)
でも私もイリュージョニストのほうが
好きですね。プレステージのほうも俳優対決
みたいな感じでよかったんですけどねー。
Posted by minori at 2007年05月26日 12:09
minoriさん
こんにちは、お久しぶりです。


観て来ましたよ〜
独特の映像美と雰囲気のある世界
良かったですね☆
そしてやっぱりノートン上手いです!
楽しめました〜♪
Posted by mig at 2008年05月02日 09:36
migさんこんにちわー。
おっとー、遠い昔に見た映画なのでちょっと記憶があいまいですが、結構好きだったことは覚えていますー。ノートンうまかったですねー。あの焦燥した具合とか。あのときこの映画を見たパースにまた戻っています。落ち着いたらまた遊びにいきますね♪
Posted by minori at 2008年05月02日 13:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The Illusionist 
Excerpt: The Illusionistは古いウィーンを舞台にしたマジシャンと貴族の女性のサスペンス・ラブストーリー。 幼少時代に愛を誓った地位の違う男女が舞台で活躍するイリュージニストと皇太子のフィアンセとし..
Weblog: 表参道 high&low
Tracked: 2007-03-12 20:26

映画* The illusionist
Excerpt: マジック・イリュージョンをテーマにしたもの二本を立て続けに観ました! 一本目はまず、イリュージョニスト。 舞台で観客の見守る中、その手をかざし、集中するだけで..
Weblog: 有閑マダムは何を観ているのか?
Tracked: 2007-05-26 11:52

「 幻影師 アイゼンハイム  / THE ILLUSIONIST (2008)  」
Excerpt: 【 幻影師 アイゼンハイム 】2008年5月下旬シャンテシネ系劇場で公開 ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2008-04-29 12:16

幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
Excerpt: blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-05-01 12:22

幻影師アイゼンハイム  The Illusionist
Excerpt: 先週「王様のブランチ」近日公開ミニシアターで紹介された「幻影師アイゼンハイム」 ナンじゃこのタイトル?と思ってみていたら・・・エドワード・ノートン主演、マジシャンの話・・・ えぇー!この映画知ってる〜..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2008-05-24 21:28

「幻影師アイゼンハイム(THE ILLUSIONIST)」映画感想
Excerpt: プレステージの頃同じマジシャンをテーマにした映画が有るって話題になってた「イルージョニスト」ですが、名前が変わってたので
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2008-05-25 11:47

幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
Excerpt: blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-06-01 20:39

幻影師アイゼンハイム
Excerpt: すべてを欺いても手に入れたいもの、 それは君。 原題 THE ILLUSIONIST 原作 スティーヴン・ミルハウザー 製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ/チェコ 監督 ニール・バーガー..
Weblog: to Heart
Tracked: 2008-06-01 23:06

映画「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米・チェコ)
Excerpt:   ★★★★☆  19世紀末ウイーンを舞台にした恋愛ミステリー。 原題は「The Illusionist 」。邦題の幻影師はあまり聞かない訳語だ。  19世紀末ウイーンで大人気の奇術師Eisenhei..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2008-06-02 07:13

「 幻影師 アイゼンハイム  / THE ILLUSIONIST (2008)  」
Excerpt: 【 幻影師 アイゼンハイム 】2008年5月下旬シャンテシネ系劇場で公開 ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2008-06-02 22:31

幻影師アイゼンハイム
Excerpt:  『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-06-07 20:05

幻影師アイゼンハイム
Excerpt: The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】 監督・脚本: ニール・バーカー 出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-06-07 23:07

「幻影師アイゼンハイム」
Excerpt: 「幻影師アイゼンハイム」、観てました。 19世紀のウィーンが舞台なのに出演者がアメリカ人ばかりの、幻想の入り交じったミステリー。 ...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2008-06-14 11:07

【劇場映画】 幻影師アイゼンハイム
Excerpt: ≪ストーリー≫ 19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイムという名の幻影師。ある..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2008-06-23 19:34

幻影師アイゼンハイム 2008-37
Excerpt: 「幻影師アイゼンハイム」を観てきました〜♪ 19世紀のウィーン、君主制の末期のこの時代、一人のイリュージョニストが一世を風靡していた。彼の名はアイゼンハイム(エドワード・ノートン)。或る日、アイ..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2008-07-06 22:51

幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST
Excerpt:  幻影師(Illusionist) &nbsp; 奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。 ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-07-12 10:37

「幻影師 アイゼンハイム」
Excerpt: 19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、 アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・ シーウェル)が観覧..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2008-11-14 18:20

映画『幻影師アイゼンハイム』を観て
Excerpt: 56.幻影師アイゼンハイム■原題:TheIllusionist■製作年・国:2006年、アメリカ・チェコ■上映時間:109分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:6月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここ..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2008-12-10 08:32

種も仕掛けも
Excerpt: エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師アイゼンハイム」を観た。 近頃、ウィーン市民を熱狂させるひとりの男がいる。 アイゼンハイムと名乗..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-12-14 17:35

「幻影師アイゼンハイム」
Excerpt: 2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-01-06 12:46

【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず
Excerpt: 奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-03-21 23:21

『幻影師アイゼンハイム』'06・米・捷
Excerpt: あらすじ19世紀末。幻影師アイゼンハイムは、皇太子と婚約した幼なじみソフィと再会した。ほどなく彼女は謎の死を遂げ・・・。感想このハンドパワー見破れるか?『プレステージ』...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-05-24 20:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。