2005年04月23日

バースデーに見た夢が。

今日はお誕生日でしたー。
むむう、年が年なだけにフクザツです。

そんな私がこの日に見た夢がちょっと
変にリヤルで(←ヤジキタ見て以来リヤルに凝ってる)
アホ臭かったのでちょっと書いてみます。

前にも書いたのかもしれないですが私、変な夢見る
ことが多くて、その夢の中では自分は
男の人だったり全く別な人だったりすることが
多いんですよ。
今回のもそう。

私はどうやら20代半ばの男性でした。で、
仕事は俳優です。多分映画の見すぎなんですよ。
そこはまぁなんとなくわかる。
で、「とりあえず映画を撮るために飛行機に
ついて学んでいる」らしい、という状況。

「一応わかってないとちゃんと演技できないから」
と言って少しの間航空学校に通うことになった
らしい。しかもそこはアメリカだ。
(なので夢の半分は英語!!!驚き!!!)

で、コックピットに入って飛行機の操縦を
見てるんだけど、そこから見た景色がすっごく
キレイで(サンセットな時間帯だった)
「ワオ、すげぇキレイだ。こんな景色を
独り占めできるんだなー、パイロット。
ハワード・ヒューズもこれが好きだったのかもね。
レオナルド(←呼び捨てだ!)もこの役の
こんなところに魅力を感じたのかも」
と、スタッフと話していました。半分英語で(笑)

うーん。でもここでみた景色
(滑走路と夕焼け。これからテイクオフ)
が本当にキレイで感動したんですよねー。
凄くリヤルに覚えているんですわ。
そしてホントは離陸がちょっと怖いくせに
黙ってたことも(笑)

で、その後は「一応生徒とかそのほかのスタッフに
ばれると大騒ぎになるから気をつけて」と注意を受けたのにも
関わらず学校内をウロウロして見つかって、
でもオバちゃんとかお姉さんと色々お話をして
みんなで和やかに過ごしてから帰ることになるんです。
帰るのがちょっと切なかったりしました。

ただ、最後に「ごめん、車出せないからよかしてくれる?」
とここだけすんごいリヤルなうちの小さなボスが
出てきて自分の職場のホントに狭い駐車場から車を
出さなくてはならない、ってところで夢が終わりました。
なんだよ、最後だけリヤルじゃん。

このボスのせいで夢がぶち壊し。
そんな誕生日の夢でした。

以上。くだらないお話。
posted by minori at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。