2006年12月18日

『Breakfast on Pluto/プルートで朝食を』

日本語のタイトルはそのままですね。多少違和感は
ありますが。

Breakfast on Pluto
Breakfast on Pluto


『ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチ』では
主人公ヘドウィグのパワーの源は世間やらもろもろに対する
「怒り」からきていましたが、同じくtransvestiteの
Patrick "kitten" Bradenはとにかく「ありのまま」を
受け止めてまっすぐに生きてる人でした。
こりゃもう彼女(彼)の持ち前のキャラクターなので
真似しようったってできるものじゃない。神様からの
ギフト、という感じですよね。
たKittenという名の通り拾わずにはいられない人だったもんね。
変なのにも拾われてたけど(笑)
それがオープニングとエンディングを飾る
シュガー・ベイビー・ラブがまたイイ。
ロビンクックたちの会話も浮いた感じがせず、章立てもうるさくなく、
しっかり作られてる映画だったな、と思います。

そしてキリアン。彼は美しかった。一番はやっぱりガエルの
女装が譲れないので二番手ではあるものの美しかった。
殊にブロンドにしてからの美しさったら。あのささやき声も
あまりあざとさを感じなかったし、頑張ったよ、キリアン。
毎回全然違ったキャラに挑んでくる彼はやっぱりガエルと
似たタイプなのかなぁ。ブルーの瞳が美しい!

音楽もかなり満足。ヘドウィグはグラムロックのオリジナルで
勝負してたけどこっちは元からある色んな曲をぎっしり詰めた
サントラでした。これがオリジナルだったらそれはちょっと
違和感あるかな、と思うのは彼のキャラのせいなのかなぁ。

問題はアイリッシュアクセント。何しろ終わったあと
オージーに私が説明しなきゃいけない部分もあったり、と
英語を母国語とする人たちにとっても字幕が必要なところが
あるくらいアイリッシュだったそうなんです。
私もわからないところあったしね。確かに英語が辛かった。
こりゃ字幕、欲しいわな、と思いました。
せっかく面白い表現なんかをしてるのに完璧に理解できなかった
ことだけが悔やまれます…帰ったらDVDで見ないとね…。
せめて英語の字幕を…って感じでした。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 21:21| Comment(11) | TrackBack(2) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうガエルがここまで元とかギフトするつもりだった。
Posted by BlogPetのガエル at 2006年12月20日 11:34
違和感が気になるの?
Posted by BlogPetのガエル at 2006年12月28日 15:03
おひさしぶりです。
この映画、ステキでしたよね。
キリアンの女装にうっとり♪
私もガエルくんの女装が1番!は譲れないけど。(笑)

来年もどうぞよろしくお願いしますね。
それでは、良いお年を・・・。
Posted by 伽羅 at 2006年12月31日 09:17
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2007年01月01日 11:40
ガエルたちが、英語とか確かとか、タイトルとか思いました
ガエルたちが、ネットで面白いプリーズなどきていましたが
大きいオージーとか、ブルーをtransvestiteしなかったの?


Posted by BlogPetのガエル at 2007年01月04日 13:04
うるさくなく字幕や、大きい英語とか辛かった
映画と美しかった神様とかうるさくなく
minoriたちが、キャラクターとか、ブロンドや、怒りとか帰ったら
感じとイイブルーを満足しなかったよ。


Posted by BlogPetのガエル at 2007年01月11日 16:24
■伽羅さま。

あけましておめでとうございます!
返信が遅れてしまった申し訳ありませんー。
今年もどうぞよろしくお願いしますね!
ガエルの女装はやっぱり一番です!
キリアンもよかったけどきれいでしたもんね、
ガエル。
Posted by minori at 2007年01月14日 18:30
minoriさん、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます〜♪
今年もどうぞヨロシクお願いしますね。
と、さてさて、早速映画のお話ですが、
「プルートで朝食を」ご覧になったんですねー。
うんうん、キリアン素敵でしたよね♪
ワタシ、この人ってあまり得意なタイプではないんですけど、今回のファッションといい、身のこなしといい、あまりの成りきりっぷりに驚いたし、ハマり具合にもビックリしました。
この人じゃないと出来なかった役じゃないかなぁ〜、と思います。
昨年のお気にいりベスト5に入るぐらい好きな作品でしたわ★
Posted by gigi at 2007年01月17日 17:48
■gigiさま。

あけましておめでとうございます〜。
こちらこそ遅くなってしまいましたが
今年もどうぞよろしくお願いしますー!
海外生活のくせに何故か仕事が忙しくて
映画から遠ざかっていて切ない毎日です。
来週はいかないと!
これ、よかったですねぇ。
キリアン、これと「ダブリン」と
「バットマン」しか記憶になかった私ですが
彼ってわりと声低いんですよね。
(昨日レッドアイ、を見ました。日本語タイトルは
なんだろー)びっくり。ずいぶん声のイメージが
違ってびっくりです。
かわいかったですよね。
これ、私も大好きな作品ですよー。
Posted by minori at 2007年01月17日 22:22
きょうガエルは感じっぽい理解しなかったー。
Posted by BlogPetのガエル at 2007年01月18日 13:35
きょうプリーズの、元説明したかったの♪
Posted by BlogPetのガエル at 2007年01月25日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『プルートで朝食を』
Excerpt: 明るくてラブリーなキトゥンの魅力にあふれるファンタジックな物語。 アイルランドの小さな町で教会の前に捨てられた赤ん坊は、美しく中性的な青年“キトゥン”へと成長してカミングアウト。70年代、アイル..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-12-29 08:35

プルートで朝食を
Excerpt: 『クライング・ゲーム』、 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の ニール・ジョーダン監督最新作! 70年代イギリス、IRAのテロ活動が活発化する中、 愛を求めて懸命に生きる “キトゥン”の..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-12-31 09:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。