2006年12月03日

『Kinky Boots/キンキー・ブーツ』自分の靴。

やっぱりドラッグクイーンものにハズレはないなーと
思ったこの作品。よかったです。
冒頭のシーン、どうして靴ごときでびくびくしてるのだろう
と思ったらなるほどそういうことか。
彼女はずっと自分に合う靴が探せなくて合わない靴ばかりを
はいて生きてきたんだけどチャーリーにめぐり合うことで
ようやく自分に合うキンキーブーツに出会えたんだね。
チャーリーはチャーリーでとりあえず突然ついでしまった
父の会社に戸惑ってしまっていて、どうしていいかわからない。
そんな時ノーラに出会って自分自身も少しずつ変えていくんだよね。

Kinky Boots
Kinky Boots



差別をうけて生きている人っていうのはやっぱり心が広いから
やさしいんだよね。例えば工場にいるリーダー、ドンとの
腕相撲にわざと負けてみたり、ひどいこと言われても
口答えもしないし。

それに対してチャーリーはまだお坊ちゃん。まわりに
ノーラやローレンがいてくれてよかったよね。
あの彼女はやっぱりダメよ。

すっころんだところにノーラが歩み寄るシークエンスを
重ねて使ったセンスがよかったですね。
それにしても実際歌ってた彼、歌うまいね。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。

★★★★☆ 歌うまい。
posted by minori at 23:23| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画「か」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriさん、こんにちは〜♪
お元気そうで何よりです。なんだか色々とドタバタが続いていて、なかなか遊びに来れなくってゴメンなさいでした(ペコリン)
キンキーブーツ、良かったですよねー♪♪
こういう作品って大好きです。気持ちがほんわか温かくなりますもんね。
ワタシはこの映画、一度満席で観れなくって再度リベンジで観たんですが、二度も足を運んだ甲斐のある映画でした★
お坊ちゃまな冴えないチャーリーが最後には可愛らしく思えて、ドラッグクイーンのカレ(カノジョ)もとっても逞しくって野太い声が素敵でしたよね♪
靴が次々と出来上がっていく様子は、なんだかとってもワクワクしてしまいました〜。
Posted by gigi at 2006年12月08日 14:06
gigiさんお久しぶりですー。
遊びにきていただいてうれしいです(*^_^*)
キンキーブーツ、こんな話だとは思わなかった
んですけど満足でしたよー♪
満席で見れなかった、っていうのも
凄いですねぇ。割と地味っぽいのに!
あの方、歌上手でしたよねぇ。
びっくりでした。
gigiさんところにまたお邪魔しますね!
Posted by minori at 2006年12月11日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

キンキーブーツ
Excerpt: 原題…KINKY BOOTS 監督…ジュリアン・ジャロルド 出演…ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー/サラ=ジェーン・ポッツ 極私的満足度… ◎ キンキーだっていいじゃない! ..
Weblog: 【極私的】Movie Review
Tracked: 2006-12-08 22:49

キンキー・ブーツ
Excerpt: 2005年 イギリス・アメリカ 2006年8月公開 評価:★★★★☆ 原題:Ki
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2007-04-05 01:37

キンキーブーツ
Excerpt:  『幸せへと導くブーツ、お作りします。』  コチラの「キンキーブーツ」は、8/26公開の紳士淑女の国イギリスのハートフル・コメディなんですが、やっと観て来ちゃいました。かなり気になってた映画なん..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-04-03 21:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。