2005年03月30日

少佐に入れあげる日々。

エロイカより愛をこめて。

ここんとこ、この漫画ばっかり読んでいます。
(職場では「生徒諸君!」を熟読中)
思えばこの漫画との出会いは小学校5年生の時、
当時の私は愛読雑誌は「少年ジャンプ」好きな漫画は
「銀牙」と男らしい生活をおくっとりました。
なので少女漫画なんてまーったく縁がなかったんです。
あの有名な「ベルサイユのばら」でさえ、私がフランスに
行った後、すなわち数年前に初めて読んだ、という
レベルです。なので全然少女漫画に縁もゆかりもなかった
私が何故この漫画を知っているのか、というと、
当時無知な私と友人Zは(あ!Z君と一緒だ。ずるい)
「なっげぇよ、顔なげぇ!」と笑いのたねにしとったのです。
今思えばけしからん。
プリンセスコミックというと当時折原みと先生なんかが
全盛の中、やっぱりちょっと「古臭かった」んですね。
そしてホントにベタな少女系な絵だし、まさか
あのビニールカバーの中で、あんなに壮大なストーリーが
繰り広げられてるなんて想像だにしなかった訳なんです。

再び少佐に出会うのは仕事をはじめてから。
職場の先輩に「どうしても読んで」と言われて
あっさりハマりました。
お、面白い。全然少女漫画じゃなく、むしろ男性向きな
ストーリー。KGBだとかSISそしてNATOが暗躍する
映画ばりに激しいストーリーじゃないですか。
(映画とかになると「アイ、スパイ」とかそういう
コメディ系になっちゃうのかな)
骨太なストーリーにあっという間に魅了されて
しまったわけです。

少佐、いいですよねぇ。私もエロイカ気分で少佐のファン。
気持ちはエロイカよりなので好きなのはエロイカの
ほうかもしれないですけど、「怒った君もまたセクシーだよ」
ってな気分なんです。
最近は読みすぎのせいか(私は影響されやすい)
端々に少佐口調が出てしまいます。
そのうちうちのボスに「ほー、そうかね」
「あんた、まさかそれを狙ったんじゃないでしょうね」
なんて言い出すんじゃないかと我ながらひやひや
しとります。「バカヤロォォ」と
追いかけたい時もあったり。
(考えて見れば今の職場で私の立場は一番
下っ端のぺーぺーZ君ポジションだったりするんだけど
来年度、明後日からも後輩は入ってこないし)

勿論一番好きなキャラクターといわれると
それは「Z」君以外ありえないんですけどね。
Z君、カッコええよう。そして少佐に怒鳴られて
落ち込むZ君が好きです。トイレも走っていったり。

好きなエピソードは、と言われるととっても困りますが、
新しい巻の「心理実験プロジェクトS」はかなり
笑えました。あとは「笑う枢機卿」とかも好きですね。
それにしても、語ると長くなるな。
次回また愛をかたることにします。

with love
posted by minori at 22:34| Comment(2) | TrackBack(1) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そして最後にこちらへー( ̄∠  ̄ )。
先日はコメントとトラバありがとう
ございましたv
ああ、ほんと『エロイカ』への愛が
詰まったレビューですねv
プププと笑いながらメロメローv

そうそう、部下全員アラスカ行きで
Z君と少佐だけで働いていた頃、
楽しいですよねえε=ε=ε=ヘ(*≧∇)ノ
「トイレ3分」とかね。とうとう少佐1日
ズル休みしちゃった話や、その次の日には
Z君が遅刻を皮切りに不運に次ぐ不運の話。
もちろん「クラウスのケーキ屋」さんや
「笑う枢機卿」も楽しかったーv
少佐がドイツの民族舞踊を踊るシーンや
初期の同窓会の話も少佐ファンの私にはお宝v

なんて好きなエピソードを考えていたら
まとまらなくて、コメントが遅くなっちゃった
わけなんです。あー、しかもまた長いし
さらにまだ好きな話書ききれないし。
アホアホや。ほんとスミマセン(;¬_¬)。
Posted by スズモモ at 2006年01月16日 20:55
■スズモモさん。

嬉しいです!これを語れる人がいるなんて!
だってこの記事、だいぶ前のやつなのに
考えてみたら誰も乗ってきてくれなかった
記事なんだもん(哀)

いやー。Z君。いいよなぁ。
オトコマエだからスパイに向いてない
んだけどね。そこはそれ、スパイはカッコ
よくなくちゃ!少佐のためにけなげに
頑張ったり「A先輩、転属願い出しても
いいですか」とがっくり落ち込んじゃったり
なんだか子犬みたいでかわいくて仕方あり
ませんよ、Z君。私みたいなミーハーが
付きまとったらきっと少佐に私怒鳴られるん
だろうな(笑)でもいいの。Z君のためなら!

というわけでZ君に心底ほれ込んで
おりますが、もちろん少佐も大好き。
エロイカが下からお尻を見ていたシーン
は最高でしたよねー。
中佐になったときの話も好きですー。

ホント、これは語っても語りきれない
ものがあるような気がします(笑)
私も語りたいので是非スズモモさん、
またお相手してください!
漫画また読み返しておきます!
Posted by minori at 2006年01月17日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

鰻より「少佐」v 『エロイカより愛をこめて』
Excerpt: 毎日暑いですね。。。出掛けて帰宅すると、サウナのような室内にさらにぐったり。。。 こんな夏の私の慰めは、マイラバーv「少佐」です。マンガ青池保子/著 『エロイカより愛をこめて』の主人公、NATO..
Weblog: 図書館員な女
Tracked: 2006-01-11 23:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。