2006年10月12日

エイリアス エピソード2,3,4

Episode 2 - Succession
Episode 3 - Reunion
Episode 4 - A Missing Link

今回からはとうとう英語オンリーの鑑賞になったのでところどころ
わからないところがきっとあるかと思われます。勘違いしている
ようなところがありましたらご指摘くださいまし。
というわけでネタバレになりますので続きに感想を書きます。




Episode 2 - Succession

covenantってのは新手のテロ組織なのね。どうもスローンの
位置が変わったからピンとこないけど。サークってそんな
重要人物だったの?って思っちゃった。自分の身の危険を
感じるとさっさと寝返るし、今回も人質として交換されたあと
怖いじゃんよー、とシドに訴えてるし(笑)小物っぽいのに
オオモノなところが笑えます。それはそうと
人質交換のときのNSCのあのおっさん、えらくムカつくんですけど。

それにしてもシド、私はあんな暗いところであんな生首なんかが
出てきたらそれこそぎゃーっと声あげて叫んじゃうよ。えらいなぁ。
絶対無理。

とうとう今回出てきたね。ヴォーン妻。やだよね。
どうして一緒の仕事なんだろう。やだやだ。

Episode 3 - Reunion

ワイスとの会話が妙に和みます。ウィルもフランもいなくなって
シドニーは友達いなくなっちゃったもんね(他にいないの?)
バーは閉店です、っていう会話がいいね。

ところで時々思うけど合成は微妙だよね、このドラマ。
最初のモスクワなんて特にね…。

とうとう一緒に働くことになったヴォーンとシドとローレン。
早速の会議で口論になったうえに「ムカつく」とローレンは
あとでヴォーンに訴えてるし。お前がムカつくよ、って感じ。
シドもまぁ、ちょっと頑固なんだけどね(笑)パパそっくり。
そんなローレンがシドのラザレー殺しを受け持っちゃうから
話がおかしくなってくるわけよ。パパの必死のカバーは凄かったね。
さすがパパ。あのダウンロードはハラハラしたよ、かなり。
シドのほうもあのオランスキーのヤツはハラハラしたし、死ぬ
間際な人にああやって名前呼ばれるのってやだよなぁと思った。

冒頭での飲んでるシーンでシドがアリスの本の話をしているんだけど
それが最後にポンっと机の上に置かれてるよね。私なら
ワイスに惚れたかも(笑)シドは最初に持ってたのが初版だった
という話をしてるんだけど、それに対してワイスが初版は
えらく高かったから三版だよ、って言うのもまた和みました。

Episode 4 - A Missing Link

シドがジュリアだったということがわかって少しずつ過去が明らかに
なっていくのが今回のエピソード。確かにジュリアって言ってるわ、
っていうのはわかるけど、見知らぬ(しかもバッディ←悪い人)
人にいきなりキスされジュリアなんていわれたら普通ポーカーフェイス
ではいられないよ…。さすがシドニー。
そしてさすがシドニーと思ったのは宝石盗むシーンね。
7分だよ?!シドニー、泥棒になれるよ。ルパン超えられるよ。
う、羨ましい。

それにひきかえ

ドジっ!

と叫びたくなるのがヴォーン。あんた!どうして捕まってるのよぉ。
って感じですよね。シドとは正反対だよ。ローレンの件でイメージダウン
を余儀なくされたヴォーンはこういうところでもミスをおかして
もうホント堕落の道まっしぐら。シドみたいにしっかりしてくださいって
感じ。シドなんてポーカーフェイス、極めてるよ。私が捕まったヴォーンを
見たら「こんのぉバカッ!」って叫びたくなると思うし叫ぶと思う。
ってかホント気になるのがどうして捕まったのかってことね。トイレ?

そんななか、やっぱりマーシャルとワイスの会話は和みます。
マーシャルは子供の性別を判断する機械まで作ってるじゃん。
ってかあんた仕事忙しいのに…と思っちゃう。
ワイスはシリアスな会話を中断して「ん?誰か死んだ?」だしね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。