2006年09月25日

『M:I-3』 やっぱりトムちん

トムちんってやっぱりどれに出ても「トムちんです!」みたいな
感じよね。自己主張が強いのかな。そりゃそうだろうね、
ケイティのバースディに自分が出てるDVDをまとめてあげた人だもんね。
せっかくJJが監督したのに何だか勿体ない感じがしちゃいました。

ちょっとビミョウな形で見たため、イマイチ臨場感も
つかめず、字幕にも納得できず(あまり大声でいえない入手法だった
ため、字幕も違う)それなら英語で見たほうがよかったかも…
でもこっちに来た時点ですでに終わってたのよねぇ。

JJらしさっていうのはちゃんとしっかり出てて、ワイスも出てたし
(fromエイリアス)マーシャルを彷彿させるキャラも出てたし
そういう意味では満足できました。ありえないくらいのビル飛び移り
のシーンなんて彼らしくて「おおー」と思ったし。
ただ、このシーンでなぜか「ジョニー・イングリッシュ」を
思い出し、ローワン・アトキンソンが浮かんでしまいましたが。

それにしてもやっぱりスパイに安定した結婚は無理よね。
大体、飛行機であのデブリン(違う、なんだっけ、名前)
を問い詰めてるシーンで名前言っちゃうなんてプロじゃないよね。
どうしてコードネーム使わないのよ!とキレそうになりました。
そしてあの婚約者はもしかしてスパイなんでは?なんて思いましたが
2時間の映画でそれはありえませんね。どうもエイリアスに
固執しちゃって新しい見方ができない自分がいました。
ただのエンターテイメントとしてみれば全然よかったんですけど
どうしても、ね。あ、でもあのバチカンに潜入するシーンとかは
かなり面白かったですけど。なんかすっきりしないのはあの終わり方の
せいなのかな?どうなんでしょう?

やっぱり大画面で見たかったよな、と思った映画でした。
M:I-4は主役変わってもいいかも…。
posted by minori at 14:39| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画「ま」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い記事にすみませんー( ;¬_¬)。
しかもトラバしたんですが、うまく反映され
ないんだけれど(?−?;)まあいっかー。
しばらくお邪魔しなかったうちにたくさん
感想がUPされていてたまげました。
あちらでも色々ご覧になっているのね♪

私もヴァチカンのシーンはお気に入りv
映画館で見たので、確かにド派手な
アクションは見応えアリでしたよー。
しかし。それだけが魅力の映画かなーと。。。
ストーリーなんて私は見終わる頃には
ほとんど覚えていませんでしたからー。
もちろん終わり方も。覚えてないや( ;¬_¬)。。。

「プラダを着た〜」「キンキーブーツ」あたりに
そのうちお邪魔させていただきますー♪
Posted by スズモモ at 2007年01月02日 18:40
おや時間差でトラバ反映されましたー。
よかった失礼いたしましたー。じゃまたー。
Posted by スズモモ at 2007年01月02日 19:24
■スズモモさま。

ご無沙汰しております!そして
あけましておめでとうございますー。
んー。確かにアクション映画って後が薄い
ですよねぇ。JJの作る作品はハラハラ
してて雰囲気とか凄くいいんですが
どうしてもトムちんが…勿体無い。
ぜひまた遊びにきてください。
最近更新してない(映画見てない)
んですけどねぇ。
Posted by minori at 2007年01月14日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24397716

この記事へのトラックバック

「m:i:?」
Excerpt: 「m:i:?」ってば、ストーリーはあってなきがごとのような(;¬_¬)。だって「うーん見終わったぞー。あれ。どんなストーリーだったけ。。。」と首を傾げてしまいましたから。ただ見ている間、アクションやミ..
Weblog: 図書館員な女
Tracked: 2007-01-02 17:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。