2006年09月21日

『Hidden/隠された記憶』 謎だらけ。

この映画はフレンチなので英語字幕での鑑賞でした。
少なくとも文字のがラク。だけどこの映画は入り組んでいるので
なんだかよくわからなかったのが正直なところ。
でも結局日本語でも同じ感想かもしれない。

ネタバレになるので「続き」で書きます。
まず、
■にわとりを殺したりしたアクドイ子供は
 主人公であるジョージ?
■カメラを仕掛けたのは息子、ピエロ?
■ジョージは幼馴染に罪をなすりつけた?
■主人公は死んだ?
■あの口から血を出してた男の子は誰?

少なくとも一番上は実際そうだったんだろうね。
あのジョージって男はどうもいけ好かない感じがしたもんね。
自分勝手だし。
彼の息子ピエロはお母さんの浮気を疑ってあんな
行動に走ったのかな。これもよくわかりません。
三番目のもおそらくそうであろう感じなのがラストシーンで
わかるわけなんだけどいまいちよくわかりません。
死んだ、というヤツは一緒に鑑賞したホストマムの感想です。
息子が毒をもったのかもしれない、とも言ってた。
彼は普通に眠ることを告げていたし、っていうことで。
あとあの子供ね、時折出てくるあの子は誰?!
って私全然わかってないなー。

ともかく私は英語というハンデを背負ってた上に、
劇場の椅子が深すぎて足が届かなくてやたらと辛かった
(哀しいかな、幼児体型)のでちゃんと見れなかったんだけど、
実際ネイティブも「なんなの?どうなったの?」
と終わったあと大騒ぎしていたから同じ感じかな(笑)

それにしてもあの自殺シーンはびっくりしたよ。
眠かったところにセンセーショナルなシーンでした。
あんなプレゼント、勘弁してほしいけど、まだ生きてるかもしれない
から救急車呼んでやればよかったのに。

Hidden、というタイトルどおりなんだか色んなものが
隠されていてよくわからない、というのが正直なところです。
あの珍しいオープニングは疲れたけどよかったな。
ミヒャエル・ハネケって後何を作った人だったっけ?
ダニエルはあの役、合ってたな。だけどジュリエット・ビノシュは
もうちょっと出番が欲しかったような気がしないでもないです。
あのキレたシーンはとってもよかったですけど。

というわけでさすがフレンチ映画。やっぱり解説が必要です。
日本でももうやってるのかな、この映画。

2006.6.23
ラベル:映画「か」行
posted by minori at 13:18| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。
日本では、DVDも発売されました。
ちゃんと、ハネケ監督の魔法は、日本の観客たちにも、かかってしまったみたいですよ(笑)
Posted by kimion20002000 at 2007年05月27日 11:58
コメントありがとうございますー。
この映画、多分日本のほうが早かったような
気がします。タイトルが違うと
わからないもんなんですよね〜。
そして今では私も内容、うっすらとしか…。
Posted by minori at 2007年05月31日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『隠された記憶』
Excerpt: 極上の心理スリラー。ハネケはすごい。 だけど、整理はできない。 人気キャスターのジョルジュの元に送り主不明のビデオテープが届く。頑なに予告は見ないようにしていた。でも、「衝撃のラストカット そ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-11-28 12:56

mini review 07050「隠された記憶」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : イタリア オーストリア ドイツ フランス 時間 : 116分 公開日 : 2006-04-29〜..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-05-20 13:54

隠された記憶
Excerpt:  『送られてきた1本のビデオテープ それは記憶の底に隠された無邪気な悪意』  コチラの「隠された記憶」は、公開時に”衝撃のラストカット その真実の瞬間を見逃してはいけない”と煽られた「ピアニスト..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-07-07 20:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。