2011年04月22日

『ARTHUR』

この年最後になる映画(明日は嬉しいような嬉しくないような誕生日!)
はコメディな『ARTHUR』でした。

まだまだ日本ではあまり宣伝されていないようですね。
そもそも、FORGETTING SARAH MARSHALLで有名になったであろう、
ラッセル・ブランドの日本での評価は一体どんなもんなんでしょうかね、今。
今や飛ぶ鳥の勢いな彼、この映画でもずーっと露出なわけで、あのしつこい
見た目にちょっとおなか一杯だったのが正直なところ。

憎めないおばかを演じることに関して、ココ最近彼を越える人はいないかもしれない。
セス・ローガンもなんだかんだ頭よさそうだし、サイモン・ペグやニック・フロストはそもそも
映画がマニアック。ベン・スティラーは最近ちょっと勢い失ったしずいぶんおっさんだし、
そういう意味では今が旬なのかもね、ラッセル。
ブリティッシュな発音であすこまで下品でいける彼は凄いな、とある意味尊敬。
アフリカン・チャイルドのイメージが強すぎるのか…。

これはれっきとした恋愛映画ですね。
色んなところで話題になっているようですが、私も一切気付かなかったヒロインの存在。
てっきりジェニファーが主役だったと思ったのに。確かに予告編ではベッドに張り付けられてたし、
確かにおかしかったよな。
それもそのはず、全く別のヒロインがこの映画には存在するから。
グレタといえばグリーンバーグでその存在が光っていた女優さん。これでも好感度高い
ナオミを演じていた。もっとも演技力としては悪役のほうがもっと要求されるだろうけどね。
ピュアな二人はそれでもかわいかったです。
私も自分のペッツ、欲しいかも。

ヘレン・ミレンはとっても素敵な子守で、その立場が逆転したときのアーサーが
かわいかったなあ。男の子のほうがああやってかいがいしくしてくれそうだよね。
ティーバッグもあけたことないなんて、どんだけスポイルされていたんだよ、って
話だけどね。

パロディなんかは笑えました。ラッセルにしかこれは出せないアジなので
いいのか悪いのかということは非常に難しい…かも…。


posted by minori at 23:25| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197210057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。