2011年04月06日

『Red Riding Hood』

こういう中世ものって私大好きなんですよねー。
失敗も多いけど、大概の場合は私、雰囲気で許します。

Red Riding Hood

そしてこの映画、エンタメとしてとてもよく出来ていたように思えます。
誰もが知っている『赤ずきん』をもうちょっと大人に仕上げたこの作品。
舞台はウェアウルフを恐れる中世の小さな村。
幼馴染のピーターと愛し合うヴァレリーだが近々裕福な家庭のヘンリーとの
結婚が決まってしまっている。そんな中、妹のルーシーが狼に殺されて…

といったカンジ。あ、妹なのかな、姉なのかな、何となく私、妹と書いてしまいましたが
定かではありません。

凄くよくできていた!とは思えませんが、先ほども書きましたように
エンタメとして非常に楽しみましたよ、私は。
雰囲気もダークなカンジがいいですしね。
そもそもグリム童話って結構残酷だったりしますから、かわいい小さな赤ずきんより
こっちのほうがリアリティがあって、よかったな。

白い肌にあの赤がまたよく引き立つんだな、これが。
全体的なファッションもなかなか楽しめました。
そもそもあの時代、風呂もまともに入ってないだろうに何故か全員が
清潔感があるのがちょっと違和感といえば違和感。
男子までがさわやか(アル中のオヤジまでもがビミョウにかっこいい)。
リアリティがあるかないかで言えば、全くありません。

でもいいの。楽しかったから。
犯人探しもちょっと面白かったしね。

それにしても当時は確かにあんなふうに全体的に年齢層が低かったんだろうな。
ばあちゃんがうちの母より若いカンジ(笑)

ゲイリー・オールドマンは相変わらずよかったぞー。



ところで、またしばらく宣伝活動をしますが、
被災地出身海外在住の私に出来ること、前述したルーシーとともに
ブログを立ち上げています。
皆様、是非遊びにきてください。オーストラリアからのみんなの思いを
写真とともに綴っています。
こちらです。ココ

blogpic.jpg


posted by minori at 20:50| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「や・ら・わ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194579955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。