2011年03月31日

『The Mechanic』

こういうアクション系っていうのはあまりコメントのしようがないんだけど、
個人的にジェイソン・スティサムが好きなので暇つぶしには、コレ的な紹介に
なっちゃいますが、書いておきます。

ネタバレになるので続きでどうぞ。

The Mechanic



アーサー・ビショップは「ザ・メカニック」と呼ばれる敏腕殺し屋。
完璧な任務で自然死にみせかけた殺し方などをこなす。
しかし、自分の恩師で相談相手だったハリーを殺すハメになり…

という内容。

どうも気になるのが日本語のサイトだとあらすじ違うんですよね。
たまたまそれを読んでから見たので「あれ?」ってなっちゃった。
ちなみにどこのウェブサイトをみても「恩師が殺されたことを知り」
となってる。ううううーむ。

そんなあらすじさえなかったら、別に悩むことなく見れたのに、
何だか悩んじゃった(笑)

それにしても完璧な仕事。新人スティーヴ(恩師の息子)の杜撰なものと
比べるとホントに凄い。だからこそ、ラスト、スティーヴが笑っちゃう意味もわかる。
「あんた、完璧だよ」ってところだろうな。

こういう役ってホント、ジェイソンのハマり役。本当に出来そうなところが凄い。
ファッションのセンスもいいしさ、(でもいつも似てる)
私はどうしても友人ロジェリオに似てるので、ひいきにしちゃうわー。
(ロジェリオはポルトガル人、声もかすれたカンジがそっくりです。
たまに間違えられることもあるくらい、そっくりです。ただ身長が違うわ)
↓彼。(ジェイソンから怖さをぬいたかんじ)

roger.JPG

スティーヴ役のベン君も帽子が似合うかわいい子だったわー。
あの汚らしいカンジに、一瞬え?ゲイへのおとり?って思うけど、
彼はよく見るとものすごくかわいい顔をしているのねー。
ホステージやら3:10 to Yumaにも出てたのね。
(3:10はホントよかったなぁ)忘れたわー。

プロフェッショナルな仕事を見るのは個人的に好きですね。
殺人はちょっと・・・だけど、その前の緻密な計算とかね、
ちゃんとチワワ拾ってくるところとかね、手が込んでてそういうの好きです。

あ、ちなみにこれ、リメイクですね。

ところで、またしばらく宣伝活動をしますが、
被災地出身海外在住の私に出来ること、前述したルーシーとともに
ブログを立ち上げています。
皆様、是非遊びにきてください。オーストラリアからのみんなの思いを
写真とともに綴っています。
こちらです。ココ

blogpic.jpg



posted by minori at 21:34| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「ま」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。