2011年01月31日

『The Town』

監督としての才能はあるんだろうな、と思うんだけどね、ベンベン。

The Town
The Town


Gone Baby Goneがよかっただけに、ちょっとハードルが
あがっちゃったのが可哀想だけど、最初まではよかったのに!!
ボストンの撮りかたとかね、凄く上手いと思うんですよ。
間違いなくボストンを舞台にした映画ならばトップにあげたいです。
(結構ありますね、ボストン映画)

多分、彼は監督として留まって、俳優をやらなきゃよかったのかもな、
この映画。それこそ脇をびっくりするくらいしっかり固めたジェレミーのような
俳優が主役をやればよかった。
(かといってマット・デイモンでもしっくりこないんだな、この役)
大胆で頭がよく、強さも持ち、なおかつ繊細なダグ。
どーもピンとこなかったんだなぁ。ベンベンじゃ。
レベッカ・ホールが上手だっただけに勿体無い。
ラストがそうこなかったら、ある意味「難しい役だから自分で頑張ったんだな」
と思いたいけどね、ラストがあれだからもはや自己満足では、と
思ってしまいました…。
あー。それこそケイシーでよかったのでは?俳優としては私、彼のほうが
才能があるような気がしております。

でも映画としては私、嫌いじゃないです。
気分転換にはなるし、ラストもああだから。
かなり無理があったラストでしたが…。

彼らはあの町にうまれて、当たり前のように育ってきてしまった。
生まれてくる場所さえ違ったならば、こうはならなかったのでは、と
思うのだけれど、そればかりは自分でどうしようもない。
もっともっと早く、クレアみたいに自分とは違う世界に住んでいる人と
出会っていればよかったのに。
ジェムもクリスタも不器用なんだよね。でもそれは回りにお手本がいなかったから。
ただそれだけなんだよね。

ボストンの流れる空のシーンがとっても印象的でした。
ラベル:映画「た」行
posted by minori at 17:28| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(13) | 映画「た」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriさん、はじめまして☆
トラコメありがとうございました。
こちらこそ、これからヨロシクお付き合いくださいね♪

ラストはやっぱり無理がありましたよね。
主役はベンでも構わない気がしますが、監督も彼だと、どうしても自己満足感が強く感じられて・・・
最後の方はちょっと失速しちゃいましたよね。
Posted by ノルウェーまだ〜む at 2011年01月31日 18:06
こんばんは。

ごぶさたです。
ぼくは、あのラスト好きなんですよ。
ネタバレになるから詳しくは書けないのですが、
やはりこの映画の場合、
主人公には幸せになってほしくって、
多少、無理があっても
ああいうエンディングは、なるほどなって、
嬉しくなりました。
Posted by えい at 2011年01月31日 20:04
■ノルウェーまだ〜むさま。

コメントありがとうございます!!
どうぞよろしくお願いします。

うーん。ラスト、私もハッピーエンドは嬉しいんですけどやっぱりなぁ、自己満足度が
高いですよねぇ。
最初の30分はホントよかったですよね(笑)

■えいさん。

ご無沙汰です。また遊びにきてもらってとっても嬉しいです。

そうそう、私も嫌いじゃないんですよ、全然。
ただノルウェーまだ〜むさんのコメントにも書きましたが
ベンじゃなかったらもっと好きになれたかも、という感が否めないです(笑)

またお邪魔しますね〜。
Posted by minori at 2011年02月01日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演)
Excerpt: (原題:The Town) 「う〜む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできている..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-01-31 19:48

ザ・タウン/ THE TOWN
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-02-03 09:30

その街の男〜『ザ・タウン』
Excerpt:  THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-02-11 10:20

ザ・タウン
Excerpt: チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-02-12 17:55

ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい
Excerpt: 【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2011-02-14 16:24

『ザ・タウン』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-02-18 12:46

[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]
Excerpt: ☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-03-04 07:14

[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]
Excerpt: ☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-03-05 22:53

ザ・タウン
Excerpt:  『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-03-09 22:08

『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは?
Excerpt:  【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-03-16 22:14

映画:ザ・タウン
Excerpt:  銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2011-03-19 12:28

映画『ザ・タウン』を観て
Excerpt: 11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(..
Weblog: kintyre's Diary〜Goo Version
Tracked: 2011-04-30 23:23

ザ・タウン (The Town)
Excerpt: 監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2011-07-27 19:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。