2006年05月23日

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

英語版を読んでいたものの、50ページ過ぎてもハリーが出てこない。
ようやく出てきたもののなんだかよくわからない、ってことで
挫折しておりました(とほほ。でも造語が多くてねー)。
というわけで出発前、友達のコネを最大限活用して(卑怯です)
借りてきました。「謎のプリンス」。

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)



混血のプリンス、はやっぱりダメだったのね。ここに意味が
隠されてるのに。言葉って難しいね。しかもどうしようもないときは
「半純血」と訳されてました。工夫のあとがみられます。

というわけでネタバレを含みますので「つづき」に書くことにします。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
うーん。最初から死相は出ていましたが、今回は彼でしたね。
私の場合、読んだのがいつもだいぶ前とかになって前作のこと
すっかり忘れてるんですよね。このシリーズ。で、
「え?!シリウス死んだっけ?!」とかそういうレベルなため
まずはキャラクターの復習が必要なんですな。
英語版のときもそれをやってればもう少しちゃんと読めたかも。
ともかく大体のキャラクターをほとんど忘れてるので
おまけについてる登場人物紹介を常に参照している始末。

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)



閑話休題。

シリーズ6作目。次は完結となるこの物語。だんだん哀しいシーンが
増えてきています。今回もそう。それでも後半の半分までは
割とそうでもなかったので最後の急展開にはびっくりだったし
一気に読んでしまいました。最大の庇護者を失ったハリーが
今度は「自分」が守る立場だと悟るシーンは「ああ、大きくなったねー」
と感慨深かったです。半分までは人の言うこと聞かないし、
勝手だし、「ホントにもう」と思うことが多かったんだけど
ホント後半半分で一気に成長していました。
『ネバーランド』でジョニー・デップが扮するジェームズ・バリが
子供は急に大人になる。その瞬間に立ち会った。という言葉が
ありましたが、これもまさにそう。ダンブルドアを助ける
彼はまさに本当の大人になったと感じました。
勿論これからも葛藤もわがままも色々あるでしょうが、
少なくとも『不死鳥の騎士団』のときのような理不尽な怒り、
イライラは少なくなるでしょう。前回はそれが辛かったからな。

哀しいことも多いけど、新しい幸せも少しずつ盛り込まれているのが
救いです。フラーとビルの関係はとても好きよ。かわいい子だったから
彼女はとても好き。ロンとこでは嫌われてたけど最後にああなって
よかったよ。トンクスもね。よかったです。
ジニーちゃん、小さい子なイメージだったんだけどだいぶ大人に
なったんだね。かわいかったんだっけ?

そうそう。スネイプとドラコの今後も気になります。
どうでしょう。スネイプ。私はなんとなくこの人が悪い人には
見えないんだけどどうなんだろうなー。ダンブルドアの
盲目の信頼がどこからくるのか気になる。アラン・リックマンは
なかなか好きな俳優だから彼が悪い役であってほしくないというのも
あるんだけど(笑)ハリーって最初からもう「嫌い」ドラコも「嫌い」
っていう立場で接してるじゃない?少し歩み寄ってみたら、
頭柔らかくしたら?といつも思うんだな。ハリーは頑固だよね。
ま、子どもだから仕方ないのかな。
これまた続きが気になります。

今回まではオジさんち→ロンのうち→ホグワーツ
みたいな感じで学校生活が描かれていましたが、おそらく最終巻は
それがないのよね。かなり寂しい。学校っていいなーって
これを読むといつも思っちゃう。私もこんな魔法学校はいりたかったなー。
談話室、とか、なんだかワクワクします。

最終巻はいつごろ発売されるのかしら?
それまでにきっとまた私は内容忘れてるよな(笑)
posted by minori at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだ本など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriさんこんにちは★

英語の原作本を読まれてたなんてスゴい〜。

映画化の方の続編もまたあの子達が演じるんですよねー。
いつまで大丈夫なのかな?(笑

「ハリポタ」のファンではないですが
公開すると真っ先に観てしまいます♪
また秋に公開かな??
Posted by mig at 2006年05月25日 15:05
■migさん♪

こんにちわー。
いやいや、英語版は70ページで挫折です(笑)
全然ダメダメですね。

映画、次も彼らですよね。
もうあと数本ですしね、いまさら違う人でも
違和感ありありですよね。
確か次は2007年になってたような…。
どうなんでしょうー。
私も結局見ちゃうんですよね。
本もそうです。買う気はないんですが(笑)
Posted by minori at 2006年05月25日 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。