2011年01月10日

『The King's Speech』

The King's Speech (Original Soundtrack)
The King's Speech (Original Soundtrack)


戦争終結を告げる玉音放送に、私の大好きな亡きジジーも熱心に耳を傾けた、そうだ。
(その後にやったぁ!と言いたかったのは堪えていた、そうだが)

テレビがない時代、キングやら天皇やらを見ることが出来ない人々は
ラジオだけが唯一、肉声が聞こえるツール。
それだけ彼らの言葉が重い、ということを一番わかっているのは、
やっぱり伝える側であるキングやら天皇本人なんだろう。

エリザベス女王のお父様にあたるジョージ6世は、吃音というハンディを背負って
いたようです。「仕事変えれば?」というしごくもっともなライオネルさん
のアドバイスに従うことが出来たら、どんなに楽だったんでしょうねー。

気のせいかもしれないけど、吃音っていうのはあまり女性には見られないものなのかな?
ちょっと見てみたら実際そうみたいですね。

彼は男性で、
家庭的にプレッシャーが多く、
しかも左利きを強制されている。

もう条件が揃っちゃっている。だから誰も聞こえていないところでは声が出せるんだね。

しかもどこにいってもスピーチはついてくる。本人もいやだし、聞いている
周りだってはらはらしちゃうよ。やってる本人はホント辛かったんだろうな。
(昔、あまりの緊張におもらしをしてしまったどこかのおじい様を思い出しました)
彼の場合、神経に問題があって、そのプレッシャーにどうしても勝てなかったわけで
でもそればかりは「仕方ない」ような気がしちゃいます。だって私たちにはきっと
想像できないほどのプレッシャーだろうから。

友達になることで、対等のレベルで接してあげることでプレッシャーを和らげる、
そんなシンプルな対処法を行ったのは、オーストラリアの、そしてパース出身の
(ちなみにパースローカル映画館ではみんなおおーと、どよめきましたよ)
Lionel。

私が毎週読んでる新聞『The Australian』に
記事がありました。

むっちゃオトコマエですね。
何故にジェフリー・ラッシュ。
でもあの明るくて破天荒な感じ、オージーでした。

だけど、時代はこれからどんどん暗くなる。観客である私たちはその後の数年が
どれだけ辛いものになるのか、キングである彼にどれだけ重く圧し掛かってくるのか、
痛いほどわかっているわけで、どうしてもスピーチの成功だけに喜べないのも事実。
ひとつ克服した彼の姿を、最後まで見ていたいと思ってしまいました。
最後のコメントに
ちょっとほっとしました。(不勉強なので彼のことはよく知りませんでした)

コリン・ファースはさすが。厳格のある人をやらせたら彼の右にでるものはいないですね。
ジェフリー・ラッシュは少し狙いすぎなような感もありましたが
やっぱりすばらしい。結構「普通」だったヘレナさんもさすがね。

人は支えあい、生きていく、そんなシンプルなことがやっぱりあの立場の人たちにとっては
簡単ではない。だけど、それを達成したとき、彼は言葉を取り戻す。
見てよかった、非常にハートウォーミングな映画でした。
特にブラック・スワンのあとには(笑)
posted by minori at 20:58| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(23) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriさん、こちらにも☆
相当なプレッシャーという意味では、「ブラックスワン」と似ているけれど、確かにそこは好きでなったのと、運命でなってしまったのとでは違いますよね。
職業を変えられないのは実に辛い・・・
雅子妃のきっとそうなんだろうなぁ〜
コリン・ファースは実に巧い役者ですよね。今や彼の右に出る人はいないんじゃないかしら・・・?
ヘレナも普通!が良かったです。(笑)
Posted by ノルウェーまだ〜む at 2011年01月31日 18:23
■ノルウェーまだ〜むさま。

職業、絶対変えられないですもんね…。
雅子さんも流されちゃったような雰囲気でそれこそ
きこさんとは違う感じです。ここ、映画に出来そうですね。
コントラストで。

コリン・ファースは安定感がありますよね。
逆に今度はサイモン・ペグあたりと組んでもらいたい…。
Posted by minori at 2011年02月01日 21:50
minoriさん、こんにちは!
>オーストラリアの、そしてパース出身の
(ちなみにパースローカル映画館ではみんなおおーと、どよめきましたよ)

そうっか〜。minoriさんは、そちらで鑑賞されたんですもんね!
この映画、特別な思いでみなさんご覧になられたことでしょう^^

>私が毎週読んでる新聞『The Australian』に
記事がありました。むっちゃオトコマエですね。

リンク先飛んで拝見しました!ぶっとび〜〜〜★
この写真を、こちらで見る事が出来て、すんごい嬉しかったです。
ひゃ〜〜。格好良い人だったんですね♪
Posted by latifa at 2011年02月16日 21:20
■latifaさん。

返事が遅れてごめんなさーい。

いやいや、こっちの人、みんな絶対知らなかったはずですよ(笑)
どよめきは「え?そうなの?」
みたいな雰囲気だったし。
同行した二人も「そうなんだ!」と驚いておりました。

ね、ね、オトコマエですよねぇ。
カッコいいー。
なぜにジェフリー・ラッシュ!
ヒュー・ジャックマンでよかったのに(オーストラリア人だし)
若すぎるかー。
Posted by minori at 2011年02月19日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180013624

この記事へのトラックバック

『英国王のスピーチ』
Excerpt: (原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どん..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-01-30 22:10

「英国王のスピーチ」感想
Excerpt: 面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2011-02-16 21:16

試写会「英国王のスピーチ」
Excerpt: 2010/2/14、有楽町よみうりホール。 まずまずの入り。 話題の高い映画なので、混むのを予想してちょっと早め(と言っても開場ぎりぎり)に行く。 おかげで前の方の中央に座ることができた。 但し、..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2011-02-16 21:30

映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は...
Excerpt: アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミン..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2011-02-19 13:50

旗の下に、いざ集わん!:『英国王のスピーチ』
Excerpt: Paul Bond 2011年2月3日 トム・フーパー監督、デビッド・サイドラー脚本 『英国王のスピーチ』 歴史的な出来事を扱おうとする映画制作者は、ある種の課題に直面する。作品が成功するためには、出..
Weblog: マスコミに載らない海外記事
Tracked: 2011-02-19 16:52

映画 「英国王のスピーチ」
Excerpt: 英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
Weblog: 英国日記
Tracked: 2011-02-20 16:39

英国王のスピーチ
Excerpt: 後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-02-21 02:13

英国王のスピーチ
Excerpt: 試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2011-02-26 00:34

英国王のスピーチ
Excerpt: 日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピー..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2011-02-26 11:43

英国王のスピーチ
Excerpt: 英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイド..
Weblog: to Heart
Tracked: 2011-03-01 19:34

『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ
Excerpt:  人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-03-01 22:58

英国王のスピーチ / The King's Speach
Excerpt: ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-03-02 17:00

【映画】英国王のスピーチ
Excerpt: <英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-03-02 22:48

『英国王のスピーチ』 映画レビュー
Excerpt: 『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク..
Weblog: さも観たかのような映画レビュー
Tracked: 2011-03-04 01:42

英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな〜
Excerpt: 【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった〜。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2011-03-04 10:02

『英国王のスピーチ』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カータ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-03-05 12:44

【映画】英国王のスピーチ
Excerpt: <英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-03-05 20:57

映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。
Excerpt: 「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャ..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-03-16 19:35

英国王のスピーチ
Excerpt: さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2011-03-17 01:30

英国王のスピーチ
Excerpt:  『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-03-21 09:30

英国王のスピーチ
Excerpt: 「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-04-03 23:34

映画『英国王のスピーチ』を観て〜アカデミ...
Excerpt: 11-18.英国王のスピーチ■原題:TheKing'sSpeech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2011-04-04 22:31

映画「英国王のスピーチ」
Excerpt: 英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-04-10 18:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。