2006年04月19日

『ニューワールド』 映像の美しさとハの字眉毛。

ライトなんかを使わずに自然光を取り入れた作品
なんだそうで、確かに優しいリアルな光だったような
気がします(言われたからそう思う?)。
水だとか木々の間から差し込む光だとか、
だんだん暗くなっていく空とかきれいだったなー。
浅瀬へ進む川の終わりも何だかとてもキレイでした。
ロケ大変だっただろうなぁ。


ポカホンタス
ポカホンタス


banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


てっきり。主人公はコリンだと思ってた。なので
ちょっとびっくり。つーかコリン、終始眉毛が


八の字。


「この字は“ハ”よ。あなたの眉毛みたいな形」

と日本語を教えてあげたくなりました。
それにしても悲しくても嬉しくても八の字。
なんか終始捨てたられた犬みたいな顔をして、
ちょっと何考えてるかわからなかったよ(笑)
物静かな役でしたが、なんていうか普段の態度が
デカいので説得力はない感じ(笑)
まぁでも悪くはなかったんですけどー。

でもやっぱ。

クリスチャンのがええよね!絶対そっちのがいい。
私もあっち選びます。だって紳士じゃーん。
うっとり。そして子どももかわいすぎ。

ともかく、主役がコリンだと思っていたうえに、
ポカホンタスってどういう話か知らなかったので
途中からの展開は意外でした。あのまま会いにこなければ
もう出てこない感じだもんね。コリン。
アメリカ原住民であるポカホンタスは
結局あんな数奇な運命をたどることになったんだね。
イギリスの社交界でも有名になったみたいだし。
それでもやっぱりスカートでひざを隠す彼女じゃなくて
自然のままに生きてる彼女のほうが魅力的だったよな。

侵略者。食べ物が絡むからただでさえ大変なのに
言葉も通じない、怪しい道具を使う、お互いに怖かった
だろうなぁ。どうして争ってしまうのだろう、とは
思うけど仕方がないのか。
せっかく色々触れ合ったのにそんな相手を殺さなければ
ならないなんて悲しいよね。ジョン・スミスがもっと
ズバっと物言える人だったら…と思うけどそんなことしたら
自分も殺されるからね。哀しいことだ。
それにしたってあんな奇声あげられたらみんな
びっくりしちゃうよね(苦笑)
でも最初の人って本当に大変。何もないところに
作るなんて凄いよ。後から来られたら腹立っちゃうかも(笑)

音楽も我を主張しない優しい自然の音だったし、
何より自然が美しい。映像に点数をあげたい映画でした。


ラベル:映画「な」行
posted by minori at 12:33| Comment(16) | TrackBack(32) | 映画「な」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
トラックバックありがとうございます。まだブログに慣れていなくて、トラックバックの機能がわからないのだけど、誰かが見てくれたんだって思うと嬉しかった上に、感想が! うんうん、という感じでした。そうですよね、八の字! あんな顔されたらほっとけないけど、でもやっぱり私もクリスチャン選びます(笑)
Posted by コルラ at 2006年04月22日 14:21
■コルラさま。

はじめましてー。
わざわざコメントありがとうございますー。
八の字でしたよね。
もうホントに眉毛ばっかり気になっちゃって。
以前にも彼の映画は全部見てますが
今回ほどあの眉毛が気になった映画はなかった
ですよ(笑)
やっぱりクリスチャンですよねっ!
Posted by minori at 2006年04月23日 18:40
こんにちは♪minoriさん

映像美、でしたね〜やっぱり。
あと新人のコのポカホンタス役もすごく良かった★

コリンはキモいです〜(笑

Posted by mig at 2006年04月25日 13:12
■migさん。

こんにちわー。
あらー、今migさんとこにお邪魔していたので
すれ違いでしたわー。
コメントありがとうございます。

映像、キレイでしたよね。
でもそれよりあの眉毛が…。
イマドキ男子高校生みたいな眉毛に
したらどうなるのかな?と映画中想像し、
一人噴出しそうになった私デス。
強烈。
Posted by minori at 2006年04月25日 13:24
初めまして。
私もコリンの濃い目のお顔が延々登場しつづけるので、いったい何時になったら、クリスチャンが登場するのかと心配になってしまったところに登場した時は、思わず「出た」と声に出して喜んでしまいました。
minoriさんの、「コリンのハの字眉毛」には笑わされました。言われて初めて気が付きました。次回から彼の登場の度に眉に目が行ってしまいそうです。(汗
ことらもTBさせていただきますね。
Posted by hyoutan2005 at 2006年04月25日 13:57
TBありがとうございました。

ゆっくりした流れるような映像なので
体調良くして観にいかないと眠りそうでした(笑)

コリンの眉は目立ってましたね〜。
彼は顔はいつもどんなときも濃いので
毎回話題になりますね〜。
しかし、今回は不自然な金髪じゃなくてよかった。
Posted by ゆづ at 2006年04月25日 19:34
■hyoutan2005さま。

こんばんわー。わざわざコメント、
嬉しいですー。ありがとうございました!

そうですよね。私も一体いつ、クリスチャン
でるんだ!と思ってたので「ようやく…」
と思いました。でもあの服、ビミョウに
ラスト・サムライのトムちんのイメージと
かぶってしまいました。

眉毛、きになりますよね!
もう私は一目見たときから(いつだろう、
だいぶ前です。彼が出て来た頃)
彼=眉毛です(笑)濃いよー。
Posted by minori at 2006年04月25日 23:06
■ゆづさま。

こんばんわー。TB&コメントどうもありがとう
ございました!嬉しいですー。

確かに私も夕方からの試写会だったので
多少舟こぎました(苦笑)
夜は危険ですね、この映画。

コリン。ホント濃いですよね。
すごい濃さ、ですよ。金髪もかなり不自然でした
が、多少濃さは減ったような気がしないでも
ないですけどね。あれ。
やっぱり短髪がいいかな。長髪は
濃さをさらに強くしてる感じです(笑)
Posted by minori at 2006年04月25日 23:13
こんばんは。
コリン・ファレルより、コリン・ファースが好きなのですが(何のこっちゃ)
この作品ではどんなコリンとクリスチャンはこんな役どころかな?という期待を持って観に行ったのです。
お話自体は、
わたしもポカホンタスのお話を知らなくて、えええ?こんな展開なの???とビックリ。
ただ、映像は本当に美しく、クリスチャンがあまりにも素敵。
今、この役がこんなにハマるのは彼以外にない、と思いました。
Posted by 悠雅 at 2006年04月25日 23:33
■悠雅さま。

こんにちわ♪
なかなかどっちかを選べといわれると難しい
ファースとファレル(笑) 悠雅さまは断然
ファースでしょうねぇ。うんうん。
やっぱり「高慢〜」の立ち姿は美しかったもの。
やっぱりあの展開はびっくりですよね。
予想を裏切られました。
で、クリスチャン。彼はホントよかったですよ。
いいなぁ。あんなだんな様、と思った次第です(笑)
Posted by minori at 2006年04月27日 09:49
TB有難うございました♪
八の字眉もですが・・
 >終始捨てたられた犬みたいな顔
で大爆笑させて頂きました!! 私もこれから彼を観る度に思い出しちゃいそうですぅ〜
Posted by マダムS at 2006年04月30日 22:38
■マダムSさま。

TB送りっぱなしでごめんなさいー。
むふふ、ホント八の字眉毛の上に
なんか困った顔なんですよねえ(笑)
「どしたー?エサかい?」と
声をかけたくなりそうな顔でした。
でもキリっとしてる彼よりこの顔が
似合う、と思っちゃうのは私だけでしょうか?
Posted by minori at 2006年04月30日 22:58
はじめまして。
コリンよりもクリスチャン・ベールにすっかりやられました…(オイ)
カッコ良すぎるwクリスチャンベール!
それにしても、でっかいスクリーンに映し出されるコリン・ファレル……濃いですねぇ。。(立ち場ナシ)笑
映画自体は、うーんと少し眉を寄せてしまうような感じでしたが、流れる音楽や映し出される映像は素晴らしかったです。
是非TBさせてくださいねw
Posted by ハッチ at 2006年05月06日 03:07
TBいっぱいありがとうございました^^ノ
ついでに「八の字は末広がりで演技が良いとされているんだよ」と、
僕も添えてあげたいです。
映画でコリンを見たのはこれが初めて、
おそらく動くコリンって今まで見たことなかったのですが、
粗忽者のイメージだけがあって
「へえ、演技うまいなぁ」とか思ってました。
Posted by 現象 at 2006年05月06日 13:20
■ハッチさま。

はじめましてー。コメント&TBありがとう
ございましたー。
カッコよかったですよね。クリスチャン。
あの役はおいしすぎます(笑)
コリンはホントありえないほど濃いですよねえ。
こっちもつい困った顔になってしまいそうに
なってしまいましたよ。あの顔ずっと見てると。
音楽映像はよかったです、うん。

ぜひぜひまた遊びにきてくださいね。
私もお邪魔します!
Posted by minori at 2006年05月06日 16:00
■現象サマ。

先ほどはたくさんTB送ってしまって申し訳
ないですー。そうですね、八は末広がり、
縁起がいいんですよ、と付け加えるのも
イイですね。
…。末広がりって英語で説明できないな、と
今ちょっと悩んでしまいました(笑)

コリンは初めてだったのですねー。
お勧めはなんでしょう(笑)
フォーン・ブースはよかったですけど。
でもとにかくどれをとっても濃い。
演技は悪くないのにどうしても気になります(笑

またお伺いさせていただきますね。
今後ともよろしくお願いしますー。
Posted by minori at 2006年05月06日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The New World
Excerpt: 一足先に映画『ニューワールド』を見てきた。
Weblog: 古谷千秋(翻訳家:屋久島翔)BLOG
Tracked: 2006-04-22 12:27

ニュー・ワールド/The NEW WORLD
Excerpt: 33年間でたったの4本しか撮っていないのに、 その全ての作品が評価されてる テレンス・マリック監督の7年振りの最新作 コリンファレルの最新作、ではない。(笑 今回はラブストーリー?!  濃すぎる顔の..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-04-25 13:09

ニュー・ワールド
Excerpt:  結婚するのならコリン・ファレルよりもクリスチャン・ベイルのようなタイプがいいよ!という教訓の映画。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-04-25 13:32

伝説の愛。
Excerpt: 『ニューワールド』試写会。ムービープラス主催。映像の美しさと、15歳の新鋭クオリカンカ・キルヒャーの美しさ、激動の時代を描いているのに、ゆったりとした時の流れを感じる物語。私にとって全てが好ましい作品..
Weblog: ひょうたんからこま
Tracked: 2006-04-25 13:43

『ニュー・ワールド』
Excerpt: CAST:コリン・ファレル、クリスチャン・ベール、クオリアンカ・キルヒャー他 1607年、黄金を目指しイギリスを出向した船が、未開拓の北米ヴァージニアの地に到着する。反乱罪で船に繋がれていたスミ..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~
Tracked: 2006-04-25 14:04

『ニュー・ワールド』
Excerpt: ----これってディズニー・アニメの 『ポカホンタス』と同じ話だよね? それをテレンス・マリックが撮るって イメージしづらいニャあ。 「うん。ただ、あのアニメとは 物語も含めてまったく違うものになって..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-04-25 16:19

ニュー・ワールド/コリン・ファレル、クリスチャン・ベイル
Excerpt: 映像はとても綺麗です。未開の大自然の景色は素晴らしく、スクリーンからα波が発生するのか違う意味でも眠気を誘います・・・ +++ちょいあらすじ
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2006-04-25 16:38

ニュー・ワールド
Excerpt: なんて言うかですね、東京を後にして、引っ越ししてから、試写会に行く事はもう無いかと思っていたんですよ。東京に比べるとどうしても試写会の数自体が少ないからね??。でも、調べたらちょこっとあったので、とり..
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-04-25 19:08

「ニュー・ワールド」
Excerpt: 「ニュー・ワールド」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月22日公開  上映時間135分 この映画、..
Weblog: ●○ゆるゆるシネマ感想文○●
Tracked: 2006-04-25 19:35

ニュー・ワールド
Excerpt: 運命の邂逅は、美しく壮大な抒情詩になる
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-04-25 19:42

ニュー・ワールド
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  マイナスイオンムービー  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-04-27 00:26

映画「ニュー・ワールド」
Excerpt: 原題:The New World 時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイテ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-04-27 02:22

★「ニュー・ワールド」
Excerpt: コリン・ファレル主演。 新大陸を開拓すべく赴いたイギリス人たち。 先住民とはコトバが通じなーーーーい・・・ってお話?? ポカホンタスのお話もよく知らないしーーー。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-04-27 03:48

美しさと神秘に惹き込まれる「ニューワールド」
Excerpt: テレンス・マリック監督の 「シン・レッド・ライン」から8年ぶりの作品 「ニューワールド」を観てきました。 「アレキサンダー」に続く 長髪で出演の「コリン・ファレル」主演 若手女優「クオリアン・キルヒ..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-04-27 15:23

現実と夢の狭間のメロドラマ。『ニュー・ワールド』
Excerpt: イギリスから入植者、ジョン・スミスと、 アメリカ先住民の少女、ポカホンタスのラブストーリーです。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-04-28 14:24

ニュー・ワールド・・・・・評価額1600円
Excerpt: デビュー以来三十数年間で、長編監督作品はこれを含めて僅か4本。 超寡作な天才監督テレンス・マリックの最新作は、意外にもアメリカでもっとも有名な「神話」を題材にした物だった。
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-04-29 14:54

『ニュー・ワールド』
Excerpt: 「天国の日々」も「シンレッド・ライン」も TV画面でしか見た事がなく、非常に残念に思っていた。 ついに観ました大画面で・・ この監督の作り出す映像美は やっぱり大きなスクリーンで観るべきですよね。 ..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-04-30 22:18

「ニューワールド」名作になりそこねた凡作
Excerpt: 「ニューワールド」★★★ コリン・ファレル、クリスチャン・ベイル、クオリアンカ・キルヒャー主演 テレンス・マリック監督、2005年アメリカ 新大陸アメリカへ、イギリスが入植者を 送り始めた..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-05-01 09:11

『ニュー・ワールド』2006・4・29に観ました
Excerpt: 『ニュー・ワールド』   公式HPはこちら ●あらすじ 1607年、植民地を求め長い航海の末に北アメリカのヴァージニア近辺に辿り着いたイギリス船。しかし、そこには先住民が存在した。先住..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-05-02 15:35

ニューワールド
Excerpt: 公式サイト SOTORY 1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する。 しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らして..
Weblog: Polka dot movie
Tracked: 2006-05-06 03:00

ニューワールド
Excerpt: 邦題:ニューワールド 原題:The New World 監督:テレンス・マリッ
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-05-06 11:49

ニュー・ワールド@ルーブル丸の内
Excerpt: テレンス・マリックが全編、カメラを通してポカホンタスを愛撫しているかのようだった。彼女に触れる指は優しく、情が込められている。スクリーンの特性を生かしてワイドに映るアメリカの原風景が、愛の叙事詩を包ん..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-05-06 12:42

ニュー・ワールド(The NEW WORLD)
Excerpt: ●映像が綺麗な環境ビデオみたいな……●意気込まずにゆったりしっとり観ましょう。
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2006-05-08 12:21

ニュー・ワールド
Excerpt: ニュー・ワールドを見てきました。なんとも感想が書きづらい映画です(汗)全体的に静かで 奥に秘めた感情みたいなものが表現されているようでした。2時間半ちかく、淡々とした感じで進んでいくのには、さすがに辛..
Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター
Tracked: 2006-05-09 10:33

ニュー・ワールド
Excerpt: アメリカ建国神話の映画化。ネイティブ・アメリカンの王女ポカホンタスと冒険家ジョン・スミスが恋に落ちるピュアな物語{/kaeru_love/}を、美しいアメリカの壮大な自然を背景に描く。{/hearts..
Weblog: ももママの心のblog
Tracked: 2006-05-10 12:48

『ニュー・ワールド』
Excerpt: 最近の自分の記事で「....興味ありますが、考えてみるとあまり体験したくないですねぇ。」と書いていながら、体験しました(笑)。 ...といっても、アロマ席はあったのですが、鼻が人より敏感なせいか強..
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2006-05-11 09:39

『ニュー・ワールド』
Excerpt: 水が美しい。木々が美しい。失ってしまったものたちを思う。 イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話をもとにした物語。 17世紀初頭、イギリスからやって来た..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-05-15 16:07

ニュー・ワールド
Excerpt:  素晴しい映像、そして抑制された音楽と、きわめて繊細かつ緻密に創りあげられた映像詩です。  あれほどまでに完成度の高かった『シン・レッド・ラ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-05-16 06:00

ニュー・ワールド
Excerpt: 「ニュー・ワールド」を見ました。ポカホンタスの話でした。音楽が幻想的で 自然の力を感じるイメージですごく良かったです。「スミスは 死んだと伝えてほしい」
Weblog: めざせイイ女!
Tracked: 2006-05-24 15:50

ニュー・ワールド
Excerpt: 上映してからかなり日が経ちますがやっと見ることができました。上映時間が少し長いなって感じましたが愛についての深いテーマ、しかと心に響いてきました。不思議なゆっくりとした撮影方が私には心地よかったです。..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-05-26 15:23

ニュー・ワールド
Excerpt: ニュー・ワールド コレクターズ・エディションTHE NEW WORLD 2006年 アメリカ 前半のスローすぎる展開に何度も睡魔に襲われ、白眼むいて観てました。(ギャー、貞子〜!!) 映像に..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-10-03 01:08

ニュー・ワールド
Excerpt: 実は・・・コリン・ファレルが超〜苦手  (ファンの方ゴメンナサイ)でも、クリスチャン・ベイルはとっても好きー観るべきか観ないべきか悩んだ挙句、、、WOWOWで鑑賞―【story】イギリスの冒険家ジョン..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-01-05 16:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。