2006年04月17日

『メゾン・ド・ヒミコ』 オダギリジョー、男の色香。

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)


サブタイトルが古臭いですが。(最近『摩利と新吾』
読んでるからかな。笑)
美しすぎるオダギリジョーにやられました(苦笑)
もう絶対計算しつくしてるよね、というその衣装。
シンプルなだけにちょっとしたレェス(笑)が美しさを
際立たせていましたなぁ。お見事。

常に差別と隣り合わせの場所にいるメゾン・ド・ヒミコの
住人達。殊に中学生なんかの無邪気な差別はイタイよね。
もちろん、人としてワガママだったりもするけれど、
それでも痛みに耐えてる人として、強く生きてる彼らは
心が広いのかもしれないね。ただひたすら耐えてた
元支店長の山崎さんを見てて弱者をいたぶる常識の塊に
憤りを感じたのはきっと私だけじゃないはず。
『ジョゼ』の時もそうだったけど、この人は無邪気な悪意を
操ることが巧い人だ。マイノリティに対する偏見は少なからず
私だってあるはず。でもちょっと一歩止まって考えることが
できるようになれば、映画見ててソンはないかな、と思い
ました。

かーなり堅い表情だった沙織のやり場のない怒りと寂しさ。
それが少しずつ融解していくプロセスがよかったね。
それでも、会わないより会えてよかった、ってきっと
彼女も思ってればいいなぁと思うよ。
父の愛人に対するフクザツな思いってのも見てて切なくなった
なぁ。それにしても柴咲さん、クールビューティーなんだけど
声が高いのよね。どうでもいいけど。
スタイルいいよなぁ、いくらブス役でもさ。ブスっていうの
申し訳ないよね。

そういえばそうそう、注目の中村靖日さんがこれに
出てましたねー。もっと出ればよかったのにー。

まぁ何にしてもオダギリジョーの春彦よ。
一昔前のマンガの主人公みたいだったよね。
この役やれる役者はなかなか少ないと思うよー。
伊藤君やら坂口君には無理だよね(なんとなく
この二人を思い出した。別に演技下手とかそういうこと
ではなく)そういう意味でオダギリジョーは貴重な
役者なんだな、と思ったよ。外国人ならぜひとも
ガエルにやってほしいけど(苦笑)
あの佇まい、ちょっとした気配り、時に見せる凄み、
そしてその世界へ引き込む色香、すべてが完璧。
『ジョゼ』は好きになれなかったけどこれは好きよ。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 20:57| Comment(8) | TrackBack(11) | 映画「ま」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャオー★マサでっす。
オダギリさんちのジョーさんはいいよね。
元仮面ライダーってことを忘れちゃいそうだよー。
ジョー本人のファッションは不思議な感じだよ。
ハイファッションっていうの?そんなん。
まえ情熱大陸で出てた。
映画とぜんぜん関係なくてゴメンね(笑)
Posted by マサムネ at 2006年04月17日 22:17
こんにちは♪
うわ☆オダギリジョーをすんごく褒めてくださってる〜〜!
昨年彼は7本の映画に出たんですけど、やっぱりこの「春彦」がイチオシでした。
今年は「ゆれる」という映画が期待大なんですよ!
もしかしたら「春彦」を越えるかも。
ぜひご覧になってみてくださいね〜。
あ、またまた宣伝部長になってしまいました(汗)
「ジョゼ」も大好きなのだけど、なぜか辛すぎて何度も見ることが出来ません。
Posted by ミチ at 2006年04月17日 23:04
はろー。麗しかったよねぇ、オダジョー。
伊藤、坂口はフツーにカッコイイと思うけど、
彼らはただのTVタレントだよね?(よく知らないけど)
その点、オダギリは正真正銘の俳優です。
でもね、『SHINOBI』では大して魅力的じゃなかった・・・。
演出によるところもあるのかしら?

でも、ガエルくんはちょっとこういう系はハマらない気がするなぁ・・・。
ロバーツ似の女装はよかったけどー
Posted by かえる at 2006年04月18日 15:47
■マサムネさん。

どもー。
オダギリさん、そういや仮面ライダー
でしたねぇ。それでもカッコえー。
本人、確かにファッションというか
髪型も結構奇抜ですよね。
でもま。カッコよければいいか、という
のが結局のところ(笑)
Posted by minori at 2006年04月19日 10:39
■ミチさん。

いやいや、この映画はホントに
春彦の魅力に尽きますよね。
そっか7本出てたんですねー。
そんなに…
パッチギ。
オペレッタ。
SHINOBI。
メゾン・ド・ヒミコ。
スクラップヘブン。
イン・ザ・プール。
だめだ…あとは何出てましたっけ?
有頂天は2006年?
「ゆれる」確かになんかよさそうですよね。
気になるー。
が、残念ながら私は見れなさそう(涙)
くううー。
Posted by minori at 2006年04月19日 10:48
■かえるさま。

こんにちわー。
そうですねぇ。でもホラ、伊藤君とか
海猿とかでてるから一応映画も、
なんですよねー。
坂口君はどーなんでしょ。
「SHINOBI」はかなり評判悪いですねー。
チラシはカッコよかったですけど(笑)
演出が彼のよさを引き出せなかったのかもね。

いや!ガエたん!きっと繊細に
やってくれると思います…多分…。
…多分。
Posted by minori at 2006年04月19日 10:51
TBありがとう。
この映画、とても、キャスティングがいいですね。ヒミコの住民たちも、組み合わせに妙がありました。
オダギリ君は、「SHINOBI」だけじゃないけど、いじくられていますねぇ。CMは、いいけどさ。
Posted by kimion20002000 at 2006年05月01日 03:40
■kimion20002000さま。

コメント&TBありがとうございますー。
キャスティング、本当によかったですよねぇ。
あのおじさんやおじいちゃんたちも
よかったなぁ。
オダギリジョーはわりとどんな役もやりますよね。
有頂天ホテルのヅラも結構凄かったし…。
CMでも結構トバしてる感じです。えらいなぁ。
Posted by minori at 2006年05月02日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16694349

この記事へのトラックバック

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt:  期待しすぎたのだろうか、頭の中に残ったのは「ピキピキピッキー」だけだった。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-04-17 21:36

映画「メゾン・ド・ヒミコ」
Excerpt: 映画館にて「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★☆ 京都で2度鑑賞。 頭の中を「母が教え給いし歌」が流れ、自分の心の整理が付かず、感想がまとまらない状態。 「メゾン・ド・ヒミコ」はゲイのための老人ホー..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-04-17 22:59

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: なんともいえない異空間で繰り広げられる両極をテーマにした物語。 男と女。生と死。無償の愛と欲望。父と娘。憎しみと癒し。偏見と憧れ。 細野晴臣の音楽もまたあたたかさを感じ、疲れきった日常から切り離して..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-04-18 00:50

『メゾン・ド・ヒミコ』
Excerpt: せつない痛さと甘さ加減が気に入った。 感情の中の普段使わない部分を刺激されるカンジ。父親のゲイの恋人の若くて美しい男がある日やって来た、 だなんて、使い古された要素、ねらい過ぎの設定。 主人公、..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-04-18 15:01

『メゾン・ド・ヒミコ』
Excerpt: ようやく見れた。『メゾン・ド・ヒミコ』。 今年数多く公開されているオダギリ映画の中で、最も楽しみにしていた作品。 監督は『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督。 『ジョゼ・・・』では、大阪の薄..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~
Tracked: 2006-04-18 17:45

NO.120「メゾン・ド・ヒミコ」(日本/犬童一心監督)
Excerpt: 僕たちもそれぞれの「メゾン・ド・ヒミコ」を持てるだろうか? 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)で、僕たちを魅了した、犬童監督と脚本の渡辺あや子。「メゾン・ド・ヒミコ」は、当初、漫画の大島弓子「つる..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-04-28 14:32

【映画】 メゾン・ド・ヒミコ ★★★☆
Excerpt: ストーリー: わけあって借金を抱えてしまい、 昼はしがない会社の事務員、 夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、 いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる。 身近に気になる男性もいるが、ままな..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2006-04-30 11:36

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: メゾン・ド・ヒミコ 通常版 2005年 日本 「ジョゼ虎」が良かったので期待”大”で観た。 出来はいいと思うのだけど、なにぶんテーマがテーマだけに異次元ファンタジーな感じ。 ゲイの人が..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-08-06 01:35

映画『メゾン・ド・ヒミコ』
Excerpt: オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが??いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・ ゲイバー"卑弥呼&quo..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-20 02:02

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: 話題になったこの作品。 賛否両論ですね。 DVDで鑑賞。 年前に亡くなった母親の入院費で借金を抱え、 塗装会社で事務員をしている24歳の沙織の元に ある日、沙織の父親の恋人であるという美..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-04-08 19:25

「メゾン・ド・ヒミコ」
Excerpt: 「メゾン・ド・ヒミコ」 公式サイト http://himiko-movie.com/ 監督: 犬童一心 出演: オダギリジョー, 柴咲コウ 犬童監督はヒット作「黄泉がえ
Weblog: 青いblog
Tracked: 2007-05-20 19:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。