2006年03月19日

『銀のいす』ナルニア国物語6巻

銀のいす
銀のいす


これは場所が場所だけにちょっと暗い感じの
する作品でしたねぇ。途中現れる無言の騎士なんて
結構怖いわー。

The Silver Chair
The Silver Chair


前回初登場のユースチス、しっかり大人になって
再登場。今回はもう一人の主人公、いじめられっこの
女の子、ジル。二人は同級生だけどそう大して
親しいわけでもなく、お互いにファミリーネームで
呼び合う仲。そんな二人が泥足にがえもんという
パートナーとともに旅に出るお話です。
なんとなく、雰囲気はLotRに似てるかもしれないですよね。
なんとなく、だけど(笑)

それにしたって『泥足にがえもん』。
これはよっく訳したもんだなぁ、と感心しました。
最初の半分英語で読んでたんですが、
Puddleglumなんですよね
puddleが泥水、水溜り
glumがむっつりした、とかふきげんな。
これを泥足にがえもんと訳したなんて凄いわっ。
翻訳者って大変だなぁとツクヅク思いました。
そのときドラえもんはいたのかな?とか思っちゃったけど。

この彼がなかなかいいアジをだしててね、
とにかくネガティブ。私ならイライラしそうだけど。
それでも言ってることはいつも正しいの。
ネガティブだけど現実的。それでもアスランを
信じる気持ちは凄い。

対して子ども二人は子どもらしく目先にラクさに
かまけちゃったりして危うく食われそうになっちゃった
りする。ここらへんは教訓めいたストーリーだけど
ゾクゾクしたよね。
それでも徐々に大人になっていく、そんなプロセスが
よく出来ていました。それにしても最後の
セントールとの旅はうらやましすぎるぞ!

全般的に暗い感じがしましたが、ラストはよかった。
カスピアンの復活には「???」となったけど
その謎の解明は『さいごの戦い』に...。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。