2006年03月07日

『ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女』 ロボットか…。

原作を読んだばかり!のこの作品、とても楽しみにしていました。
想像の世界にあった物語が(とはいえ原作は立派な挿絵がついているので
ある程度の想像の助けは得ることができます)見事に映像になっていたので
びっくり。ちょっと合成が目立つシーンもあったけど概ね満足デス!

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 スペシャル・エディション オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 スペシャル・エディション オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)


7冊それぞれがちゃんとしたひとつの話になっているので
前の本を読んでなくても大丈夫、そんなナルニア国、実質的に第二巻に
あたるのがこの『ライオンと魔女』。ページ数的にそう多くもないので
割と原作に忠実でした。省略されたところはなかったかな、ちょっと
思い出せないですが台詞の省略はあっても内容はあまり削られていなくてホッ。
それどころか最初はサクっと進んでた戦争のシーンなんか(疎開する、と
いうくらいしか表現されてないし)いれて、エドマンド(エドモンドか)
と兄の確執をより表現したような気がします。

ああ、エドマンド。かわいかったよ。
彼はハマり役だったと思います。強情っぱりな感じ、食べ物に釣られて
身内を売ってしまうズルさ、それでいてどこか高潔さを感じさせる
表情、お見事。原作読んでたときは「このばかちんが!」と思ったけど
彼はかわいくて守ってやりたい感じでした。

ルーちゃん。ルーシーもかわいかった。目と眉毛がキレイな子だったな。
あのすきっぱはご愛嬌。スーザンもなかなかよかったです。
頭よくって理屈っぽい感じがいい。最後にピーター。
ピーターは…うーん、よかったけど微妙っていうか。もっと
オトコマエでいてほしかったけど、でも最後のほうはよかったです。
そして実物の彼は映画よりずっとよいですな。
神経質になでつけた髪型がダメだったのだろうか。

そして何より偉大なるカリスマ、アスラン。リーアム・ニーソンが
声出してるって聞いてたので安心してみてられましたが、
やっぱり素敵ー。原作読んだときも書いてるけど触ってみたい!
でもあれってロボットだったらしいんですけど…?もちろんところどころ
本物なんでしょ?よくわかりませんが。
偉大な感じ、ちゃんとしました。みんなそこ心配していますが
よかったと思いますよー。

でも私のお気に入りの「たてがみを触っておくれ」のシーンがなかったのが
寂しかったですが…。先のことを知っているくせにやっぱり
あのシーンは悲しかったよ。

タムナスさんをはじめとする色んなクリーチャーも凄かったです。
オレイアスもなんだか美味しい役でしたよね。
カッコよかったし。原作読んでたときはさっぱり印象に残らなかったが…。
そしてビーバーってあんな顔だったっけ?
声はオスのほうがレイ・ウィンストンでしたよね。
最後の戦争するぞ!って格好がかわいかったです。

映像化するとイメージが崩れちゃったり固定されちゃって
つまらなくなることもありますが、想像の世界が形になるっていうのは
嬉しいですよね。あの街灯もアスランも、ケア・パラベルも。
そうそう、今まで「なんだろう?」と思いつつわからなかった
ターキッシュ・デライト。

きびだんごみたい…。

あの昔食べた駄菓子。なんとなくあれを思い出してしまいました。
でもエドがあんなに欲しがってたものだしー。
食べてみたいです。

ところで考えてみれば私、これは英語で読んだため、
その後日本語の本をチェックする間もなく映画を見ました。
というわけで色々表現がわからなかったところとか、しっかり
補完された感じです。あのジェディスが読み違えたという予言とかの
ところはよくわかんなかったし(笑)そういや
魔女はジェディスって名前で書かれてたっけ?
とか(彼女の名前のことなんかは『魔術師のおい』に出てます)
すっきりしました。個人的に好きだったいたずら描きは
一瞬でしたが、あの仲間達を復活させるくだりは英語でも
なかなか楽しかったです。子どもが読んじゃうくらいの
英語なのか根気さえあれば読めるもんなんですね。

これ、続きやるのかしら。昨日、『カスピアン王子のつのぶえ』
読みましたがこれも面白かったなー。
余談ですが相手方の狼(部下)、うちのもの言わぬ黒柴に
少しだけ似ていました。
kurokuro3.JPG

関連記事:『ライオンと魔女』書籍
      『魔術師のおい
      『馬と少年

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。
posted by minori at 18:55| Comment(12) | TrackBack(22) | 映画「な」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
もう見たんですね!ナルニア!
やっぱりコレは見といた方がいい作品ですかね?
ちょっと気になるんですけど、
でも、「ロード・オブ〜」に似てるのかなぁ?
ハリポタからファンタジーに火がついてるから・・・
なんて思ってしまいますが、どうなんでしょう?
Posted by マサムネ at 2006年03月07日 21:26
お邪魔します〜♪
ターキッシュ・デライトってどんな食べ物なんでしょうか?どっかのブログに「ぎゅうひ」って書いてあったから、お餅みたいなのかな??
Posted by はっち at 2006年03月07日 21:38
こんにちは♪
TBありがとうございました。
黒柴ちゃん、あのオオカミに似ていますね〜!
凛々しいです!
私は日本語訳の原作を読んでいるのですが、とても忠実に作ってあるなと思いました。
ルーシーのイメージはちょっと違いましたが、映画の子もとっても品があって利口でおしゃまで冒険心が強くて・・・なかなか良かったです。
Posted by ミチ at 2006年03月07日 22:18
minoriさん
TB、コメントありがとうございます。
原作を読むこともなく、ただ単純に「英国のファンタジーが観たい」という思いだけで観に行ったのですが、
本当に素直に楽しんできました。
数少ない情報なのに、子供たちの性格などもよく把握できて(わたしが母親だからか?)、
彼らの怪我の心配をしながら、冒険を応援したりしてました(笑)
アスランの威厳ある姿と声、よかったです(*^_^*)

ターキッシュ・デライト。
英国留学中の方に聞いたら、求肥みたいだというお話で、
うちのブログでもそんなことを書いてるページがあります。

それから、リンクの件、ありがとうございます。
こちらからもお願いしますm(__)m
Posted by 悠雅 at 2006年03月07日 22:24
はじめまして。私もナルニア見ました。アスランってロボットだったんですね!?知りませんでした。ロード・オブ…といい、ナルニアといい、ビジュアル担当のWetaはすごいですね。
Posted by FUJI at 2006年03月07日 22:40
■マサムネさま。

こんばんわー♪そうなんっす!はじまって
早速見てきました。何しろ本を読んだばかり
なので一人で盛り上がってました(笑)
ロード・オブ・ザ・リングよりはもっと
軽いテイストな感じかなぁ。よりファンタジー
に近い、というか。ハリポタよりも
アスランのいるこっちのほうが私は好き!
ですよー。オススメしちゃいます。
本の方がオススメかも、ですが。
Posted by minori at 2006年03月08日 23:15
■はっちさま。

どうもです!
ぎゅうひ、ってものを知らなかったので
今日職場で聞いてみたところ、
それこそまさに「きびだんご」だそうで、
もちじゃないけどもちみたいな
テイストのもの、なんですね。
知りませんでした(苦笑)
なんかそれに砂糖がまぶさっている
感じでしたよね。美味しいのかなぁ。
Posted by minori at 2006年03月08日 23:17
■ミチさま。

こんばんわー。
TB&コメントありがとうございます!
黒柴、凛々しくはないんですが
なんとなく悪っぽいところも似てました(苦笑)

そうそう、私も他の本で日本語のやつを
チラっとみましたが、かなり忠実ですよね。
もうまさにそのまま、でしたが
「あき・へや」のあたりはこれ、かなり
巧く訳したよなぁーと感心しちゃいました。
ここは意味を汲むのがホント大変でした。
ターキッシュ・ディライトは「プリン」
なんですね(笑)
ルーシー、かわいかったですよね。
そしてエドムンド君はだいぶ大きくなった
みたいで軽くショックを受けました、今日。
Posted by minori at 2006年03月08日 23:21
■悠雅さま。

こんばんわー。遊びにきてくれて
ありがとうございます。
そうですねー。兄弟の対比なんかは
ホントによく描かれていました。
特におにいちゃんの大変な思いをうけとめ
つつ、なんとなく中途半端な立場で
腐ってるエドも分け隔てなく相手をしなきゃ
ならないお母さんって大変だなぁと
余計なことまで考えてしまうくらい!

やー、ターキッシュ〜、はやっぱり
きびだんごみたいなもんなんですね。
(違うよ。ぎゅうひ、ですね)
ふーん。賛否両論みたいですが一度は
トライしたいなーと思いました(笑)

こちらこそありがとうございます。
今後ともよろしくです!
Posted by minori at 2006年03月08日 23:24
■FUJIさま。

はじめましてー。
わざわざ書き込み嬉しいです。
ありがとうございます。

なんだかロボットって書いてましたよ。
(ロボットってのは変ですけど)
私はライオン調教したのかと思いましたよ。
それだけリアルでしたよねぇ。
ホント映画の技術って凄いですよねぇ。
Posted by minori at 2006年03月08日 23:26
 TBありがとうございますm(_ _)m

 原作を読むとどーゆー感じに映像化される
のかとゆー楽しみがありますよね〜。この作
品の評価は世間で大きく分かれてますが、今
思えば自分のレビューは少し大人げなかった
かと反省してます。

 第二弾製作決定とのことで、全7作の何処
まで映像化されるのか楽しみですね。
Posted by たましょく at 2006年03月20日 19:13
■たましょくさん。

こんばんわー。
えええ?たましょくさんのレビュー、
全然大人げなくなかったですよ?
そうそう、本読んじゃうとあのワールドが
よく表現されたよなぁと感動しちゃう
わけです。昔に書かれた作品だけに。

どこまで製作されるんでしょうねぇ?
『朝びらき丸』ってのは海洋ロマンで
かなり面白くなりそうですが。
気長に待たないと、ですね(笑)
Posted by minori at 2006年03月20日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

#134 JET!!!
Excerpt: シャークバイト第二十七回 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」 あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ペペンシー家の四人兄妹、ピーター・スーザン・エドマンド・ルーシーは、戦火を逃れ田舎の屋敷へと..
Weblog: 鮫の生活<´ゞ><<
Tracked: 2006-03-07 19:22

ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女
Excerpt: 真冬のナルニア国、伝説の子どもたちと、アスランのいる春
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-03-07 20:35

ナルニア国物語 ライオンと魔女 2006-12
Excerpt: 「ナルニア国物語 ライオンと魔女」を観てきました〜♪ 第二次世界大戦中のロンドン、ドイツの空爆が激化し、ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャン..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-03-07 21:38

映画「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」
Excerpt: 映画館にて「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」★★★☆ C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」シリーズの第1章:ライオンと魔女の映画化。 「LotR」や「ハリポタ」でファンタジー..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-03-07 22:15

ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女-
Excerpt: 童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-03-08 11:58

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女/THE CHRONICLES OF NARNIA
Excerpt: 誕生から55年という C.S.ルイスの壮大な英国ファンタジーをディズニーが映画化した大作。  原作本 ナルニア国ものがたり 児童書 原作のファンの人、ファンタジー好きの人には前々から楽しみにして..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-03-09 01:41

映画館「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」
Excerpt: 壮大なファンタジー作品、、、 「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」シリーズは、好きだけど。。。 なんか、もうこの手のファンタジーはお腹いっぱいって感じになってしまいました。。。ま..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-03-09 07:09

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました
Excerpt: 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』    公式HPはこちら ●あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-03-09 09:04

ナルニア国物語 その2
Excerpt: ●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-03-09 16:16

「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」
Excerpt: 「指輪物語」にも「ハリー・ポッター」にも全くはまらなかった自分だが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」にはすっかりはまってしまった。先週末に観た映画の話で在る。 イギリスのC・S・ルイス氏が著..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2006-03-10 02:18

「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
Excerpt: 仕事帰りに丸の内ピカデリーで 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観てきました。 イギリス人作家C.S.ルイスが1950年に発表した作品で、 全7巻からなるファンタジー小説を映画化。 主人公..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2006-03-11 01:56

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
Excerpt: ロード・オブ・ザ・リングのようなファンタジーを期待している方は、合わないと思います。 自分の身を犠牲にしても皆を護ろうとするアスランの姿に胸を打たれ、妖艶な魅力と冷酷さで圧倒的な存在感を放つ白い魔女が..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2006-03-13 17:24

??????????√?順????/膃?1腴?:????ゃ???潟????絅?(3???4??ュ????)
Excerpt: ???拘12????????嘘??у??????????,鐔≪??????種愁????????帥?若????????眼??????????鐔c???????????No.1??????????????..
Weblog: ??????<????
Tracked: 2006-03-17 11:00

ナルニア国物語/第1章 ライオンと魔女
Excerpt: 「ナルニア国物語」 第1章 ライオンと魔女 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  第二次世界大戦まっただ中のロンドン。激化する戦争に4人の子供を疎開させる母親..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-03-20 19:14

映画:ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女 ジャパンプレミア
Excerpt: ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女 ジャパンプレミア@日本武道館 Gブロック前から4列目、レッドカーペットから2席目でした。 監督、プロデューサーに主演4名にティルダ・スウィントン来日ってこ..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-03-22 18:14

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
Excerpt: 原題…THE CHRONICLES OF NARNIA:THE LION.THE WITCH AND THE WARDROBE 監督…アンドリュー・アダムソン 出演…ティルダ・スウィントン/ウィリ..
Weblog: 【極私的】Movie Review
Tracked: 2006-03-22 22:47

「ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女」見てきたよ。
Excerpt: はい、こんばんは。 <映画と関係ないんですけど、私、誤字脱字が多いらしいのです。すみませんね。> 子どものときに、押し入れに閉じこもったことありますでしょうか? きっと、多いですよね。 ..
Weblog: 雪華と、うふふ
Tracked: 2006-03-31 12:59

ナルニア国物語
Excerpt: ※上段の写真は、先週末、上海の映画館前で撮影してきたものです。納尼亜でナルニア・・・イメージで読める(笑) KAZZの評価  安心して楽しめる作品ですね お金かけてるなぁ~って分かる..
Weblog: *(売れないシナリオライター)KAZZの呟き*
Tracked: 2006-04-03 06:55

ナルニア国物語 第1章 ??ライオンと魔女??
Excerpt:  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは、作品としてだけでなく興行的にも大成功を収めました。  しかしながらひとつだけ注文したかったことがあ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-04-19 23:38

ジャンル別の映画情報!
Excerpt: キマグレなヒトリゴト様、ナルニア国物語第1章:ライオンと魔女のトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には..
Weblog: フィルムナビ〔film-navi〕
Tracked: 2006-05-08 20:27

ナルニア国物語〜ライオンと魔女〜
Excerpt: ←公式サイト あらすじ ルーシーが衣装だんすを通り抜けた時、ナルニア国の新しい時代は幕を開けた。 時に、ナルニア暦1000年──ピーター、スーザン、エドワード、ルーシー…二人の“アダ..
Weblog: Polka dot movie
Tracked: 2006-05-11 23:37

映画・ナルニア国物語・ライオンと魔女より日常英会話抜粋!
Excerpt: (234)You need it more than I do.     〔私よりあなたの方が、ハンカチが必要だわ〕 ナルニア国物語〜ライオンと魔女の映画ですが、小説よりも戦闘シーンが長いです..
Weblog: 英語の本を原書で読みたい!
Tracked: 2006-11-11 22:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。