2009年01月06日

『2008 dvd best and best actor, also worst movie』DVDベストと俳優andラジー。

前回は映画ベストを挙げましたが、今回はDVDと俳優そしてワースト!

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


結構いいDVDみてたんですね。意外に選ぶの厳しかった。

--------------------------------------------------------
2008年観た映画DVDベスト10

No.1 『サン・ジャックへの道』

サン・ジャックへの道 [DVD]
サン・ジャックへの道 [DVD]

これはモンクなし。公開が2008年だったら間違いなくナンバーワン。
笑えたし、感動したし、ホントこの映画自体今までみた映画の中でも
五本の指にいれていいほどスキかもしれないです。

No.2 『once ダブリンの街角で』

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

音楽が最高。期待してみて期待通りの満足度でした。
静かだけど染み入る感じがたまりません。

No.3 『太陽に恋して』

太陽に恋して [DVD]
太陽に恋して [DVD]


ロード・ムーヴィは基本的に好きなんですけどこれもたまらなかった。

No.4 『トリノ、24時からの恋人たち』

トリノ、24時からの恋人たち [DVD]
トリノ、24時からの恋人たち [DVD]

あの映画博物館には絶対行ってみたい。

No.5 『ボルベール』

ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション [DVD]
ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション [DVD]


赤が印象的なこの映画、女たちが光ってましたわ。

No.6 『プリンセス・アンド・ウォーリアー』

プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]
プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]

『パフューム』も好きでしたがこれはもっと。
ラストがいいよ。

No.7 『カンバセーションズ』

Conversations(s)/カンバセーションズ [DVD]
Conversations(s)/カンバセーションズ [DVD]


おしゃれだけどリアルな映画。男はいつまでもロマンチストなのか。

No.8 『アズールとアスマール』

アズールとアスマール [DVD]
アズールとアスマール [DVD]

最初はとっつきにくかったのに、どんどん引き込まれちゃいました。

No.9 『リトル・ミス・サンシャイン』

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
リトル・ミス・サンシャイン [DVD]

他人事なので、楽しい奇妙な旅でした(笑)

No.10『ザ・シューター』

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


意外にも楽しめたアクション。スパイはマット派ですが
これはよかったぞ、マーク。

--------------------------------------------------------
ベストアクター

ジム・スタージェス 『アクロス・ザ・ユニヴァース』

かなり悩んだけど、ジェームズ・マカヴォイと。
でもなぁ。かなり好みだったんだなぁ。彼。
もううっとりでした。カッコいいわー。
結構いそうなんですけどね、こういうタイプ。
歌もウマいからかなりポイント高いですよ。

--------------------------------------------------------
ベストアクトレス

エレン・ペイジ 『JUNO』

Junoちゃんの役はかなりレベル高かったと思うんですよ。
難しい役をホントお見事に演じたなーと思う訳です。
今後に期待の女優さん。

--------------------------------------------------------
ベストディレクター

サラ・ポーリー 『AWAY FROM HER』

新人でこんなに渋い映画を作ってくれたサラの感性に賞賛を
送りたいわけです。映画もいつもちゃんと選んでるし、
彼女は女優としても楽しめるし監督としても素晴らしい!

--------------------------------------------------------
ワーストムービー

『THE LOVE GURU』

いやぁ。これは酷かったー。期待したのに、マイク・マイヤーズ。
もうコメントのしようもなくがっかりしましたわ。

--------------------------------------------------------
とまぁこんなところでしょうかー。
DVDも意外に粒ぞろいだと思います、われながら。








ラベル:Best
posted by minori at 21:50| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | TOP5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DVDベストはすんごく共感度高いですわ♪
そうなの。こういう感じの映画がいっちばんよいよねぇ。
(シューターは観てないけれど。)
英語な人のminoriちゃんに仏ものが意外と好評で嬉しい限りー。

ジム・スタージェスくんはホント歌もうまくて有望株でよね。
でも、私はアクロスではジョー・アンダーソンくん派だったのー。
ラスベガスをどうのっての方も観たかったー
エレン・ペイジはもちろん大賛成。
サラ・ポーリーももちろんもちろん!
Posted by かえる at 2009年01月08日 22:04
■かえるさーん♪

わーい、共感度高くて嬉しいです。でも本当にこのラインナップ、どれもたまらなく好きな映画たちばかりなんですよねー。シューターは全然期待していなかったので意外によかったじゃん!というポイントがかなり高いです。

おお、アメリカは3つくらいしかないですね。でも結局心に残る映画ってこういう映画が多いんですよね。だからこういう映画に出会うために毎年腐るほど映画見てるんだろうなと思う訳です。ただ、人を選んでオススメしちゃうんですけどね(笑)

そっか!もう顔の好みがバッチリジムのほうだったんですよね。私。笑ったらかわいいし、去年一番ハマった人です。昔はキップ・パルデューのような(最近見ないな)ホントに金髪碧眼が好みだったのに、最近は見慣れたせいか、ダークヘアが好みだったりします。ジムはバッチリはまっちゃいましたよー。ジョーもよかったですけどね〜。
Posted by minori at 2009年01月09日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2008年☆myベスト・シネマPeople
Excerpt: ちょろちょろ追記! --2008年に注目した人々篇--対象は限定せず主観的に。 映画以外では、なんといっても、ノー・スモーキング・オーケストラの初来日LIVEが事件でした。 めちゃめちゃ楽し..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2009-01-08 21:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。