2008年11月09日

『Air Guitar Nation』エア・ギター

アツいなー。Air Guitar!

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


Air Guitar Nation 11



友人Pommちんが昔ハマってて「何をそんな…」って思ったことが
あるのですが、イヤいや、アツいですね、エアギター。
日本ではダイノジの大地さん(あのすげぇトレーナーがトレードマークの)
が優勝しているんですよねぇ。凄いですよねぇ。
お笑い番組でしか見たことなかったからちょっと意外だったけど。
でもyoutubeで見たら凄いのね。なんだかジャック・ブラックを彷彿させる感じで。

と話が映画から離れていくので軌道修正。
これは大地さんがチャンピオンになる前の2003年のお話。
話はC・ディディとビヨルン・トゥロックを軸にして進むドキュメンタリー。
お、と思ったのは先日観たキング・オブ・コングに何か似てるからかな。
ライバルが軸になっているからねー。

何故か何となく気に喰わないC・ディディ、どうしてだろうー。
私は二番手がすきなのかな、とか色々考えたんだけど、単に彼が好みじゃないん
でしょう(笑)キング・オブ・コングのチャンピオンと違って彼は
いい人そうだし、ライバルへの対応もずっとずっと優しい。
でもあのキティちゃんは「えー?」って思うし(笑)
彼はアメリカ人だけど、ベースはどこなんだろう?コリアン?
見た目があれだからアメリカ人代表と言われてもちょっとピンとこないかも、
ってまぁオーストラリアでもありうるけどね。移民の国だし。
だけどあの選曲はウマいな。
もう一人のビヨルンはもうそりゃがっつきすぎだろう?っていうくらい
くいついてくるんだけど、(自分の負けを認めないというか)
それもなんとなく納得出来るようなパフォーマンスでもある。
興味深いライバル同士。

にしてもエアギターにも色々。プレイを重視しているかパフォーマンスを重視
しているかによって「色」すら変わってくるわけで。あの全裸の人は
やりすぎでしょう(苦笑)コスチュームもみんなそれらしくロック・ミュージシャン
してるのねー。そういうのを見るのも楽しめました。
ダイノジ大地さんはやっぱあのセーターなんだ、って笑えたけど。
しかしあの手の動きとかを見てると元々ギターやってたから多少はわかるけど
みんなホントにウマい。普通にギタリストもいるんだろうね。
あの重さがないからよりダイナミックな動きになっているのも面白い。
オーストラリアの代表はかなりアクション凄かったし(笑)
選曲も重要。1分でどれだけ魅せるか、っていうのは大変だと思うなー。

どーなの?エアギター?と思ってましたが
かなりアツかったです。
大地さん、来年もがんばれー。

★★★★☆ 夢中で見ちゃいました。
posted by minori at 18:02| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109321882

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。