2008年09月22日

『THE VISITOR』

お役所仕事ってどこも一緒なんだねぇ。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


The Visitor
The Visitor

日本の公開はいつになるんでしょうかね。
アメリカでは静かながら結構話題になっていた映画みたいです。

フィクサーに俳優として出演していたトーマス・マッカーシー監督の二作目に
あたるこの作品。とある大学教授がしばらくぶりに訪れた別宅で勝手に
住み込んでいたカップルと出会う。彼らは違法にアメリカに住んでいる
カップルで悪徳不動産屋に騙されて住んでいたことがわかり…
というお話。

大学教授ウォルターは妻を亡くし、仕事を淡々とこなし、妻との絆である
ピアノを習おうとするものの、人に教えられることになれていないため
なんだかウマくいかない。出逢ったカップルの男の子、タレクはパーカッションの
ミュージシャン、次第に彼と心を通わせるようになるが…、
世の中そうは甘くない。ちょっとしたことで彼は逮捕されて、
違法滞在者だとわかってしまう。

タイトルである「VISITOR」、このタイトルはシンプルながら的を得ている。
しばらくぶりにNYをVISITしたウォルターから始まり、
彼は逮捕されたタレクをVISITする。更にはミシガンに住んでいたタレクの
ママもNYをVISITして…と全てが「訪ねてくる」ことにちなんでいる訳。
タレクにとっては毎日訪れてくれるウォルターにどれだけ励まされたんだろうな、
と思うと同時に、I KNOWと受け答えたウォルターにキレる気持ちもなんとなく
理解できる。それにしても、彼の言葉通り、あの逮捕は「UNFAIR」だよ、と
彼の立場に身をおいて考えさせられる。たしかに、テロをおこすようなヤツは
組織からお金を沢山もらっているから、こういうところに捕まることなんて
まずないだろう。そりゃ違法ってのは悪いけどそれにしても…。
イミグレーションのお役所仕事はどこでも一緒なんだろうけど確かにああいう場所の
雰囲気ってピリピリしてて色んな人の思いが交錯している。
自分の目の前で却下されていて悪態をついていた男をさりげなく見るウォルターは
後々、あの人の気持ちを痛いほど理解するわけだ。
確かに毎日毎日ああいう対応しているのは大変だし、イヤになるんだろうけど、
私も昔はお役所にいたわけだから理解するけど、どうしても「もっと優しくしてよ!」
と思っちゃうよなー。あんな唐突な別れは辛すぎるよ。

ウォルターと静かに心を通わせたタレクのママ(若いしきれい!予告編で見たときは
てっきりウォルターの娘かと一瞬思ったくらい)のエピソードも哀しい。
2人とももう会うことはないんだろうし。

哀しい話ではあるものの、それでも前よりは「生きてる」感じがする
ウォルターの姿が嬉しくもありました。音楽もステキだし、赤ワインが飲みたくなるし、
静かなオススメ映画でした。

★★★★☆ 考えずにプレイしよう。
posted by minori at 16:20| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。パリのnouilles-sauteesです。

この映画、最近こちらで公開になりました。ポスターになかなか興味があってどんなもんだろ?と思っていたのですが、なかなかよさそうですね。
時間があれば是非観に行こうと思います。
ご紹介ありがとうございました。
Posted by nouilles-sautees at 2008年10月31日 23:10
■nouilles-sauteesさま。

こんばんわー。コメントありがとうございます!

この作品、今はパリで上映中なんですねー。静かなアメリカらしくない、と言ったらおかしいですけど訴えかけてくる映画でしたよ。よかったら是非ご覧になってみてください!感想、楽しみにしていますね。
Posted by minori at 2008年11月01日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106966177

この記事へのトラックバック

The Visitor
Excerpt:  ★★★★★★★★☆☆62歳のウォルター・ヴェール(リチャード・ジェンキンズ)は、教授・作家としての情熱をとうの昔に失い、クラ シック・ピアノを学ぶことで空虚さを埋めようとしながら..
Weblog: Sugar&Spice*
Tracked: 2009-02-19 12:24

扉をたたく人
Excerpt:  『扉を閉ざしたニューヨーク─ 移民の青年との出会いと“ジャンベ”の響きが 孤独な大学教授の心の扉を開く。』  コチラの「扉をたたく人」は、「サンシャイン・クリーニング」同様たった4館での上映か..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2009-07-20 18:13

「扉をたたく人」孤独というやっかいな隣人
Excerpt: 「扉をたたく人」★★★☆ リチャード・ジェンキンス 、ヒアム・アッバス 、ハーズ・スレイマン主演 トーマス・マッカーシー 監督、2007年、107分 ←映画のランキング        ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-07-25 10:34

『扉をたたく人』 The Visitor
Excerpt: ジャンベのリズムが生きる鼓動となるのだ。 妻と死に別れて以来無気力に暮らしていたコネチカットに住む大学教授のウォルターは、出張でニューヨークを訪れた際、マンハッタンにある自分のアパートで見知らぬ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2009-07-27 00:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。