2008年06月26日

『The Darjeeling Limited』ダージリン急行

タイムリーなインドへの旅。

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


The Darjeeling Limited
The Darjeeling Limited

オーストラリアでの生活を書いている『Another Perfect Day』という
もう一つのブログでも散々書いているのですが、
今の私の生活に「インド」は切っても切り離せないくらい強い影響を
与えています。
というのも、私の今行ってる学校のクラスメイトの大半が「インド人」。
そう、まるでカレーのニオイが漂ってくるような(実際香辛料のニオイは
強烈なほど漂っている)雰囲気なんですよ。
インド人の友達の名前も沢山挙げられるようになりました。
グニート、ディーパック、ハンスビーア、ルテッシュ、シャクジット、
アーメット、ハリンダー。ほらもう、ここ、インディアなんですわ。
ナマステ、という挨拶にも慣れ、「ダンネバード」ありがとう、という
こともできるようになりました。Rita、はアメリカっぽい名前だよね。
そしてこの映画に出てくるインド人の大半はエイゴが上手でしたね。
普通はああはいかないだろうな、と思う訳で。
私の友達のエイゴは凄いです。あれはエイゴじゃなくてヒングリッシュ。

この映画、視点はやっぱりアメリカ人。インド人はあまり大きな影響を
与えていないというのが映画のストレートな感想ですが、
他の国から来た人、として異国を旅する雰囲気は十二分に出ていたように
思えます。結局、ディープなリアリティは旅くらいじゃわからないし。
インドにはやっぱりカースト制が残ってて、カーストが高い人が施しを
与えるのは義務だし、もらえるのも当たり前、そういうインド人からの
視点はこの映画では描かれていない。それはそれでまぁいいか、と
思えるのはこのウェス・アンダーソンの描くゆるゆるした世界観のおかげなのか。

エイゴで見ているのでイマイチわかってないところもあると思いますが
楽しめました。特にフランシスのその性格、しゃべり方、行動なんかは
そこからきてたのかーと後でウフフフフと笑えたわけだし、
意外にもしっくりとコメディに入り込んだエイドリアンの演技もナイス。
あまり馴染みのないジェイソン・シュワルツマンもいいアジだしてたなぁ。
もう一つのエピソード、ホテル・シュヴァリエとの繋がりもよかったし。
そうそう、音楽もよかったかも。

兄弟っていいよねー。ああやってケンカしながらも(ホント凄いケンカだったよ。
周りの迷惑も考えよう。笑)なんだかんだいいつつ分かり合えるわけで。
一年の間にみんなそれぞれ色んなことがあっただろうけど、ああやって
集まってケンカできる兄弟ってそれはそれでいいんだろうなー。

そしてなんと言ってもあのラスト。
あんなにたくさんいらんだろう!と思っていた高級カバンをああもあっさり
投げ捨ててしまう。飛び乗った列車でもまたケンカするんだろうけど、
それもまた「旅」っていうことで。

★★★★☆ インド人はやっぱりカレーが大好き。
posted by minori at 12:20| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 映画「た」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minoriが影響したの?
Posted by BlogPetのガエル at 2008年06月27日 08:25
なますて。
インド好きな私としては、minoriちゃんがインドに慣れ親しんでいってくれているのは嬉しい限りー。

この映画のインド旅行はいかにもアメリカ人的なお坊ちゃま旅行ではありましたね。
インドに行っておきながら、カレーやタンドリーチキンを食べないなんてどうかしているなぁって。
でも、やっぱり旅ムービーは楽しいよねー。

「ダンネバード」なんだ。
私が本で覚えたのは、「ダンニャワード」なカンジ。
Posted by かえる at 2008年06月28日 01:56
■かえるさん。

かえるさん、ナマステー。
(最近本気でこの挨拶毎日インド人としています)

もはや今私はインド人をどこから見ても見分けられるほどのインド通となってきております(笑)
そうそう、この映画は坊ちゃんな上から目線でしたが、旅はそれだけで楽しいものですよね。あー、タンドリーチキンが食べたくなりました(笑)

確かに本で見ると、ダンニャワードって書いてますよね。私の耳には「ダンネバード」と聞こえます。けどカタカナで書くとまた違いますよね。ボンジュールなんて絶対ボンジュールっていっても通じないだろうし…。ダンヌゥェブゥーァド、これのほうが近いかなぁ。
Posted by minori at 2008年06月30日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダージリン急行
Excerpt:  『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-06-26 19:28

★「ダージリン急行」
Excerpt: この作品の為にミニ・オーウェン特集をやってたんですよ、ひらりんは。 「魔法にかけられて」の先行とか、「バンテージ・ポイント」より、こっちが先。 でもこれでネタ切れなので、特集はここまで。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2008-07-05 01:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。