2008年06月24日

『Prince Caspian』ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

オトコマエ王子にうっとり。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラック
ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラック

banner_03.gif
ぽちっとプリーズ。


このナルニア国物語ってのはちょっとトリッキーで、本の順番と
世界観の順番が多少ズレてるんですよね。
「魔術師のおい」
「ライオンと魔女」
「馬と少年」
「カスピアン王子のつのぶえ」
「朝びらき丸 東の海へ」
「銀のいす」
「さいごの戦い」
となっていて今回は4作目のカスピアン王子のお話でした。ちなみに執筆順としては
順当な二番目なんですよねー。
どうして馬と少年を飛ばしたんだろう、と思ったけどこれはまぁ四兄弟を先にやったほうが
成長に対して矛盾がなくなるからなんでしょうね。

というわけで物語はあの時から数百年後のお話。
結構濃い内容を150分で上映な訳なのでいつものようにサササっと
終らせた感じが否めませんが、まぁこんなもんでしょう。

本で読んでた時は割りと子どもだと思ってた王子、カスピアンですが
今回こうやって並ぶとやっぱりピーターが子どもに見えるんだな。
一騎打ちの時は「絶対それ、カスピアンのが強そうだって」と
思っちゃったもの。
実際ピーターたちは前回15年ほどナルニアで暮らしている設定なので
内面的には割りとオトナなんだろう、と思うのですが、
まぁああやってケンカしてる姿とかそういうのを見ると
そうでもないらしい。カスピアンとのモメ方もなんとなくまだ子どもだし。

周りを固める人たち(動物たち)の苦労が偲ばれる感じですが
まぁ要はカリスマ性ですからね。
カリスマ度合いでいくとリーピチーブがかなりポイント高かった今回です。
かわいい…。本で読んだときも散々ホレましたが今回見てたらやっぱり
かわいいんですな。次回も楽しみ。

このナルニアの寂しいところはやっぱり子どもだけに与えられた世界だと
いうこと。今回で「一応」ピーターとスーザンは卒業になるわけですが、
本人達もそれは理解している訳です。私なら絶対王子とここに残ってやる!
って感じなんですけど…。ロンドンは戦争(もう戦後かな)の混乱の中だし…。
まぁ結論はおいおいわかることとして、それがわかっているだけに
私の頭の中はフクザツです。

見てから随分経っちゃったから感想が希薄です(笑)
王子がカッコよかった、けどケツアゴだった、ということは
しっかり覚えておりますが。
いないかなぁ、ああいう人(笑)

★★★☆☆ ジェームズ・マカヴォイにしても、
最近好みがかわったなーと思う今日この頃。
posted by minori at 11:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画「な」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101571268

この記事へのトラックバック

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛
Excerpt:  『魔法vs人間──引き裂かれる心。』  コチラの「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は、C・S・ルイス原作の全7章から成る「ナルニア国物語」の第2章の映画化で、5/21公開となった..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-06-26 19:28

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
Excerpt:      『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』は、劇場で鑑賞したけれど、、、イマイチ好きになれず(汗)、その後もWOWOWで2度ほど観ても、、、やはり好きになれず(汗)、、、でも、第2章には期待..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-07-01 21:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。